プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「カケレコスタッフが選ぶ犬ジャケ作品」~

こんにちは。新しい年の最初の週、皆様お元気でしょうか。

今週は、「カケレコスタッフが選ぶ犬ジャケ作品」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

いったいどんな「犬ジャケ」が飛び出してくるのか…ぜひぜひお楽しみください!

Facebook

1月8日(月):PAVLOV’S DOG / PAMPERED MENIAL

本日ご紹介するのは、プログレ・ファンにとってはおなじみの犬ジャケ!?
米国のプログレ・グループ、PAVLOV’S DOGの75年デビュー作『PAMPERED MENIAL』です。

RUSHのゲディ・リーを彷彿とさせる驚異的なハイトーン・ヴォーカルにはちょっぴりクセがありますが、ドラマチックなメロトロンやヴァイオリンを取り入れた哀愁のサウンドはブリティッシュ・ロック・ファンならきっと嵌まるはず。

ジャケットを飾る犬のなんとも言えない表情も相まって、一度聴いたら忘れられない魅力のある一枚です。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

1月9日(火):JAMES TAYLOR / ONE MAN DOG

本日はジェイムス・テイラーの72年作『ONE MAN DOG』です。

まず何と言っても、「銀色の声」とも称されるそのボーカルが、本当に素晴らしいですよね!ジャズやソウルのエッセンスを散りばめた洒落たアレンジと共に、大変に味わい深いです。

そして、個人的な体験を歌にして売らなければいけない「シンガーソングライター」としてのジェイムスの葛藤を表した内省的な歌詞に、じーんときてしまい、何故かとても心が癒されていきます。
“ぼくのほしいのは小さな犬だけ”だそうですよ・・・(みなと)

試聴 Click!

1月10日(水):BOB SEGER SYSTEM / MONGREL

今日ご紹介するのはボブ・シーガー・システムの70年作『MONGREL』。

可愛らしい女の子とは対照的なワンちゃんのうらめしげな表情がなんとも言えません。ジャケットは少々物悲しい雰囲気ですが、中身はかすれたシャウトがたまらなくカッコイイ骨太なアメリカン・ロック。

タメの効いたリズム隊と思わず体を揺らすグルーヴィーなオルガン。絞り出すような男臭いシャウトにブルージーなギターソロが重なって熱く胸に迫ってきます。ツェッペリンばりのハード・エッジなナンバーも痺れます!(青山)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

1月11日(木):DUFFY / JUST IN CASE YOU’RE INTERESTED…

今日の犬ジャケは、ブリティッシュ・ロック・バンドDUFFYによる72年デビュー作「JUST IN CASE YOU’RE INTERESTED…」です。

作品はかな~りマイナーですが、ジャケットはこれぞ犬ジャケ!と言いたくなる堂々たる犬ジャケっぷり。

でも犬の表情がまた何とも言えない哀愁を帯びていて、ソリッドなハード・ロックの中に英国的な陰影を秘めたサウンドに、意外とマッチしている感じがあるんですよね。

困った表情かな、と思ったらよく見ると舌を出しているし、一体どういう心境なのか気になります。(佐藤)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

1月12日(金):NAZARETH / HAIR OF THE DOG(邦題:人食い犬)

最後にご紹介するのはブリティッシュ・ハード・ロックNAZARETHの75年作『HAIR OF THE DOG(邦題:人食い犬)』です!

犬なのか地獄の怪物なのかよくわからないジャケですが、大好きな作品なので選んでしまいました。

どっしりと力強いギター・リフに、絞り出すようにエネルギッシュなヴォーカル。パワフルなだけでなく、メロディアスに聴かせるパートも充実。まさにハード・ロックとはかくあるべきと言うような、地に足のついた剥き出しのサウンドがたまらなく気持ちの良い名作ですね!

ちなみにこの「Hair of the Dog」、意味は「二日酔いには迎え酒」だそうです…皆様、新年会の飲み過ぎにはご注意を!?(増田)

試聴 Click!


「音楽歳時記」 第三十六回  今年は戌年でした。 文・深民淳

【関連記事】

「音楽歳時記」 第三十六回 今年は戌年でした。 文・深民淳

深民淳によるコラム「音楽歳時記」。季節の移り変わりに合わせて作品をセレクト。毎月更新です。

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。