プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「カケレコ・スタッフの2017年をジャケットで表すと?」~

こんにちは。12月もなかば。いよいよ年末ですね。

今週は「カケレコ・スタッフの2017年をジャケットで表すと?」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

皆様の2017年は、どんなジャケットで表せるでしょうか?ぜひ想像しながらお楽しみください。

Facebook

12月11日(月):ユーライア・ヒープ / 魔の響宴

スタッフ佐藤の今年一年を表すジャケットは、ユーライア・ヒープ『魔の響宴』です。

今年は、仕事面で様々な新しい試みに挑戦できた年だったと思います。
先日facebookにも投稿した、ビルボードジャパンHPでのPFM特集執筆の仕事も、音楽ライターの第一歩として貴重な経験となりました。

やや大げさですが、強敵に挑まんとする戦士の姿を描いたロジャー・ディーン・ジャケットに、今年一年を振り返った時の心境と通じるものを感じています。
今年の挑戦が今後成果として実を結び、自身の成長にも繋がればと思っています。

試聴 Click!

ビルボードジャパンHPでのPFM特集記事はこちらです
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2169/

12月12日(火):COMPLEX / THE WAY WE FEEL

こんにちは!スタッフ青山です。
私の今年1年を表すジャケットはCOMPLEX/『THE WAY WE FEEL』(1971)です。イラストそのままなのですが、「つながり」を感じる1年でした。

カケレコはネットショップなので、お客様とお話する機会はなかなかないのですが、このFacebookページをはじめ、日々のメールや電話、春に行ったアンケートで多くのメッセージをいただき、沢山のロック・ファンと繋がっている事をあらためて実感!

また、ロック・ファン同士の繋がりもありました。
毎月発行しているミニコミに掲載したお客様のレビューを読んで気に入った作品が見つかった、というメッセージ。買取の際にも「カケレコさんを通して誰か必要な方の所へ渡れば・・・」というメッセージをいただき、ロック・ファン同士のカケハシとなっていることが嬉しかったです。

来年も、ロック探求のワクワクを通した繋がりを増やしていければ良いなと思います!

試聴 Click!

CD詳細ページへ

12月13日(水):ディープ・パープル / 詩人タリエシンの世界

スタッフ増田です!
私が選んだジャケットはこちら、ディープ・パープルの『詩人タリエシンの世界』。

今年一年は生涯でも特に移動や変化の多い、激動の年でした。
なにより大きい出来事は、このカケレコで働きはじめたこと。
前の会社を辞め、都心を離れ、ここ寄居に引っ越して…。目まぐるしくスピーディーで、しかし彩り豊かな毎日は、まるでこの賑やかなジャケットのようです。

まだ慣れぬこともありますが、カケレコで素晴らしい音楽に囲まれ、皆様にその良さをお伝えしていけることが本当に幸せです!
これからも立ち止まらず、よりよいカケレコを作っていけるよう日々邁進してまいりますので、少々気が早いですが来年もよろしくお願いいたします♪

試聴 Click!

12月14日(木):FOREST / FOREST

スタッフみなとです!
私は英フォーク・グループのFOREST、69年作『FOREST』を選びました。

漢字一文字で表わしますと「森」でしょうか。(そのまんまですね)
今年からカケレコで働きはじめ、プログレとロックの深い深い森に入りました。
スタッフの皆、そしてお客様の、音楽に対する深い知識に驚かされると共に、60~70年代にどうしてこんなに良い作品が沢山あるんだ!!と改めて感激。私が見ていたのは葉っぱ一枚だったのだな、と思い知りました。

アルバムの良さを伝えたくても、自分の中に引き出しが無いと上手く伝えられない。そんな悔しさを常に感じた一年間でもありました。
音楽も、それ以外の事もしっかり学び(楽しみながら)、ロックを探求するワクワクを、うまく伝えられるように頑張っていきたいと思います。

試聴 Click!

CD詳細ページへ

12月15日(金):HERON / HERON

カケレコ店長の田中です。
僕が選んだのは、英フォーク・バンドHERONの1stアルバムの裏ジャケ(ジャケじゃなくて、すいません)。
2000年のオープン時、サイトにメインビジュアルとして掲載したのがこの写真でした。
(実際に使っていた画像を載せてみました。)

音楽の小売業界は、決して順風とは言えません。もしかすると、逆風がびゅーびゅーと吹いているのかもしれません。
その中で、自分達が存在する価値は何なのか?
寄居町という田舎にある事務所で、スタッフみんなで議論しながら考え続けた一年でした。
来年も考え続けていくでしょう。

でも、あまり気張らず、鳥たちのさえずりに耳を傾ける余裕を持ちながら、お客さまと豊かな音楽ライフを築いていければなぁと思います。
その有りようは、HERONの1stのあのピースフルな音楽に近いのかもしれません。

試聴 Click!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。