プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カンタベリーを起点に、秋のカフェで聴きたいオシャレなジャズ・ロックを巡る旅

ようこそ、カケレコ・エアラインへ!
英米の名盤を出発点に、ディープな作品へと国内をご案内した後、ユーロ&辺境へと誘うワールド・ロック・ツアー。
申し遅れました、私、本日のツアー・コンダクターを務めます、芹沢聡一郎です。

今回のツアーは、『カンタベリーを起点に、秋のカフェで聴きたいオシャレなジャズ・ロックを巡る旅 ~ イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、フィンランド、スペイン、イスラエル、アルゼンチン』。

さぁ、まずはカンタベリーを起点に定番を聴いていきましょう。

「プログレ三昧 再び」での生ライヴもまだ心に熱く残っているデイヴ・シンクレア率いるキャラヴァンの代表作と言えば・・・これですね。

試聴 Click!

ファズを掛けた、淡くくすんだトーンのオルガンがいかにもカンタベリーですよね。
鼻に掛かったヴォーカルもこれぞ英国の味わい・・・。

いかがですか?
これぞ紅茶の国、イギリスが生んだ最上級の喫茶ジャズ・ロックですよね。

唐突ですが、みなさんカンタベリーの色と言えば?
わたくし芹沢が思い浮かべるのが淡いピンク。

『グレイとピンクの地』と、こちらハットフィールド&ザ・ノースの1stのジャケの雰囲気が、わたしにとってのカンタベリー・ミュージックの印象なんです。

そうそう、昨日、夢を見ました。
このジャケのような空を見て「あーっ、ハットフィールドーっ!」って言ってる夢を見たんです。
そんな目で見ないでください。本当なんですから。

試聴 Click!

いよいよカンタベリーを後にし、ユーロを探求しにまいりましょう。

それでは、船でドーバー海峡を渡り、フランスへ出発!
私のツアーで船を使うのははじめてですね。

そうなんです。このカンタベリー地方は、イギリスの西南端に位置し、海を挟んでヨーロッパ大陸がすぐ。
そういった地理的なこともあって、カンタベリーにはヨーロッパ的洗練が漂っているんですね。

というわけで、フランスのグループを探してみると・・・お、いました、いました。

これまた変テコそうなグループ名ですね。ムーヴィング・・ゼラチン・・・プレート??

なるほど、音もおもしろい!
ゴングに影響受けてますね?、と思いきや、ん、これ70年作か・・・ってことは、ゴングはまだデビューしてない!
わたくし芹沢一生の不覚。フランスのグループも侮れませんね(汗)。

試聴 Click!

お次はベルギーに到着しましたよ!
ベルギーも地理的にはカンタベリーの目と鼻の先。
おもしろいグループが居ますよ、きっと。

早速、発見!

ビシバシとシャープでテクニカルなパートはちょっとカフェには不釣り合いですが、フルートが入ると、オシャレですね。

試聴 Click!

お次はお隣、オランダへ行ってみましょう。
オランダでジャズ・ロックと言えば、はい、SUPERSISTERですね。

試聴 Click!

こちらもカフェで聴くにはちょっと硬質すぎますが、何かアイデアを考える時なんか、頭が冴え渡るかもしれませんね。

それにしても、これ、70年作ですよ!
ハットフィールド&ザ・ノースより前ですよ!
SUPERSISTER、恐るべしですね。

さぁ、ドイツに出発しますよ~。

ぬぬ。そこの君たちっ!な、な、な、なんと悪趣味な。
なに?バンドやってるだって?それもソフト・マシーンにも負けない、だって?

・・・。

ほほぉ。ジャーマン・ロックのごった煮感とソフト・マシーンの洗練との絶妙なブレンド。
なかなかやりおるじゃない。

悪趣味だと思ったあの格好も、なんだかオシャレに思えてきたぞ。

試聴 Click!

ふ~、カフェと言いつつ、すっかり硬派なグループばかりでちょっと疲れましたね。

ここは雰囲気を変えに北欧へといざ出発!
ケヴィン・エアーズに通じる桃源郷サウンドを探して参りましょう。

おっ、いました、いました。
カフェっていうより、市場って感じですね。
わたくし芹沢が命名するなら・・・洗練されたチンドン屋ロック!?

試聴 Click!

そこの地元CD屋の店長に聞いてきましたが、なるほど、スウェーデンのMNWレーベルってのが、この手の素っ頓狂な作品をたくさん出してるらしいですね。
ちょっと一休みして、そこの試聴機で聴いてみましょうか。

『北欧MNWレーベルの宝箱☆』

さてさて、気分も晴れやかになったところで、スペインへゴー!

おおっ、これぞカフェって感じのジャズ・ロック作品を発見しましたよ!

ラテン色でオシャレだけど、演奏はテクニカルで硬質ですね。
マイルス・デイヴィス『ビッチェズ・ブリュー』が好きなら気に入るはずです!

試聴 Click!

さぁ、イスラエルにやってきましたよ。

イスラエルと言えば、SHESHETが人気ですが、わたくし芹沢の一押しがこのFOURTEEN OCTAVES。

試聴 Click!

どうです、どうです?
変拍子をビシバシと決める手数多くシャープなドラム、流麗なエレピ、アグレッシヴに切れ込むヴァイオリン!
このまばゆいさきたら、凄いでしょ?

さて、世界を巡ってオシャレなジャズ・ロックを巡ってまいりましたが、いよいよ最後の国になりました。

南米はアルゼンチンのSPINETTA!

試聴 Click!

冒頭の女性スキャット、流麗なエレピからして、まるでハットフィールド&ザ・ノース!
夕暮れ時のカフェで聴いたらぴったりですね。
南米ならではの「詩情」が染みいります。

—–

いかがでしたか、このツアー。お楽しみ頂けましたでしょうか?

帰りの飛行機の中では、こちらのリストや特集をどうぞご覧ください。
それでは、またいつの日かお会いいたしましょう。

ユーロ・ジャズ・ロックの在庫

「ユーロ・ジャズ・ロックの在庫」をもっと見る

カンタベリー・ミュージックの在庫

「カンタベリー・ミュージックの在庫」をもっと見る

辺境ジャズ・ロックの在庫

「辺境ジャズ・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。