プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

秋枯れのアーシー&メロウなロック探求~ユーロ、北米周遊の旅~

ようこそ、カケレコ・エアラインへ!
英米の名盤を出発点に、ディープな作品へと国内をご案内した後、ユーロ&辺境へと誘うワールド・ロック・ツアー。
申し遅れました、私、本日のツアー・コンダクターを務めます、芹沢聡一郎です。

今回のツアーは、『秋枯れのアーシー&メロウなロック探求 – イギリス、アメリカ、カナダ、イタリア周遊の旅』。

さぁ、まずはバスに乗ってイギリス国内を探求しますよ~。

みなさん、今、車内に流れているのが、今回の秋枯れツアーのテーマソング、トラフィックの「Feelin’ Alright」です!

試聴 Click!

TRAFFIC/TRAFFIC

ウィンウッド&デイヴ・メイソン!絶妙なグルーヴを生むアンサンブルと英国的な翳りあるメロディ、ブリティッシュ・ロックの名作、68年リリース

天才スティーヴ・ウィンウッドがデイヴ・メイソン、ジム・キャパルディなどと組んだグループ。68年作2nd。1stでのサイケ色は無くなり、シンプルなフォーク・ロック・サウンドになったことで、演奏の巧みさ、バンドが持つ絶妙なグルーヴが際立っています。デイヴ・メイスンの作曲センスも特筆もので、特に「Feelin’Alright?」は、後のソロ作を彷彿とさせる憂いのあるメロディとシンプルながらメロディの魅力を倍増させるギターワークが堪能できる名曲。

デイヴ・メイスンらしい味わい深いメロディとスティーヴ・ウィンウッドの芳醇なヴォーカルが光る、秋枯れにぴったりのアーシー&メロウな名曲でしょう?

さぁ、今回のツアーはちょいとウイスキーでも飲みながらまいりましょうか。

それでは、ドイツへと出発!

イギリスのグループなのに、ドイツのみでリリースされて、ジャケは星条旗って、もうなんのこっちゃ!
でもでも、音の方は、英国臭と米国臭がブレンドされた、まるで20年ものウイスキーのような芳醇な作品なんです。

試聴 Click!

LITTLE BIG HORN/LITTLE BIG HORN

ブリティッシュ・ロック・バンド、ドイツのみで71年にリリースされた唯一作、憂いに溢れたスワンピーなハード・ロック

ブリティッシュ・ロック・グループ。71年にドイツのみでリリースされた作品。レーベルは、BELLAPHON。中域寄りにバキっと歪んだコシのあるスワンピー&メロウなギター、サザン・ロックに通ずる豪快なリズム、郷愁を誘うメロディアスなオルガン&エレピ、哀愁いっぱいでグッとくるメロディと分厚いコーラス・ワークが印象的な土臭いハード・ロック。旧A面はアメリカナイズされたサウンドですが、B面はグッと英国臭がまし、泣きのツイン・ギターや憂いに溢れたメロディがたまりません。特に『Just Aint Fair』は、PROCOL HARUMばりの土臭くも叙情あるメロディがこれでもかと溢れる名曲。全体的に演奏には厚みとキレがあり、メロディ・センスも抜群。英国でリリースされなかったのが不思議なほどの逸品。

どうです。良い香りでしょう。

さぁ、アーシー&メロウと言えば、本場アメリカ!
というわけで、北米探求にいざ出発!

到着早々、おっ、いたいた!
なになに、

「CREAM?TRAFFIC? R&Bは俺たちアメリカの音楽だ。R&Bベースのサイケデリックなブルース・ロックなら英国もんには負けねぇぜ。」

だって!

うひゃ~、こりゃバーボンが進みますね。

試聴 Click!

LINN COUNTY/PROUD FLESH SOOTHSEER

米サイケデリックなブルース・ロック、68年作、メチャクチャ格好良いです!

シスコで活動したサイケ・ブルース・ロック、68年作。スティーヴ・ウィンウッドからの影響を感じるソウルフルなヴォーカル、オルガンやフルート&サックスをフィーチャーしたサイケデリックかつオリエンタルなアンサンブルなど、英国のTRAFFICを想わせるグループ。でも、TRAFFICよりだいぶハードかもしれません。ソリッド&アグレッシヴに畳みかけるパートはCREAMやJIMI HENDRIX EXPERIENCEばりにエネルギッシュ。サックスが暴れるブラス・ロックなパートも抜群にホットです。R&Bベースのサイケデリックなブルース・ロックとしてかなりハイ・レベル!これは格好良いです!おすすめ!

さぁて、つづいてはお隣カナ~ダ~!

あれあれニュークリアス!?
って言っても英ジャズ・ロックじゃないですよ!
同じ名前のカナダのグループなんですが、これがもうトラフィックとタメを張れるといっても過言ではない実力派!

試聴 Click!

NUCLEUS/NUCLEUS

カナダ出身、ブルース、サイケ、ハード、プログレ、ジャズをゴッタ煮したオリジナリティ溢れる69年唯一作、TRAFFICとタメを張れる好グループ!

後にカナダを代表するハード・ロック・グループA FOOT IN COLDWATERを結成するメンバーが多数在籍のグループ。69年の唯一作。くすんだトーンのオルガン、ブルージーなフレーズから屈折したフレーズまでセンス溢れるギター、エモーショナルかつソウルフルなヴォーカル、スケールの大きなリズム隊。ブルース、サイケ、ハード、プログレ、ジャズをゴッタ煮したサウンドはかなりオリジナリティ高いです。英国のTRAFFICとタメを張れるといっても過言ではない実力派グループ。オススメ!

ね? メープルウイスキーのように香り豊かでしょう!

北米を後に、デンマークに飛びますよ~。

ありゃりゃ、ジャケが・・・。

でもね、ウイスキーボンボンみたいにご機嫌なジャケはあれですが、これがなかなか豊かな香りなのですよ。
英国で言えば、初期フリートウッド・マックやトラフィックってところでしょうか?
北欧もあなどれませんね。

試聴 Click!

DELTA BLUES BAND/DELTA BLUES BAND

北欧レイト60s屈指の名作と言われるデンマーク産ブルース・ロック作品、69年作

デンマークのグループ、北欧レイト60s屈指の名作と言われる69年作。ピアノ、オルガンが弾け、ファズ・ギターがブルージー&メロディアスなフレーズを奏でる、R&Bフィーリング豊かでグルーヴィーなブルース/サイケデリック・ロック。英国で言えば、ブルースブレイカーズ、初期フリートウッド・マック、トラフィックあたりを彷彿とさせます。滑らかなテクニックとセンス。完成度高いです。英国ブルース・ロックのファンは是非。

さぁ、最後は、私の母国、日本です。

2012年10月10日に逝去された柳ジョージ氏が在籍していたグループなんです(涙)。
60年代の日本にも、これほどウネリのあるブルース・ロックを聴かせるグループが居たんですね。

最後は日本が世界に誇る山崎ウイスキーを飲みながら、みんなで追悼しましょう。

試聴 Click!

POWER HOUSE/POWER HOUSE

陳信輝、柳ジョージ在籍、日本発の本格派ブルース・ロック、69年リリース

陳信輝、柳ジョージが在籍の日本のブルース・ロック・グループ。69年作。邦題は、「ブルースの新星パワー・ハウス登場」。全曲欧米ブルース・ナンバーのカバー。John MayallBluesbreakersなどと比べても遜色無い本格派ブルース・ロック。

いかがでしたか、このツアー。お楽しみ頂けましたでしょうか?

帰りの飛行機の中では、こちらのリストや特集をどうぞご覧ください。
それでは、またいつの日かお会いいたしましょう。

関連カテゴリー

リスト名

  • TRAFFIC / TRAFFIC

    ウィンウッド&デイヴ・メイソン!絶妙なグルーヴを生むアンサンブルと英国的な翳りあるメロディ、ブリティッシュ・ロックの名作、68年リリース

    天才スティーヴ・ウィンウッドがデイヴ・メイソン、ジム・キャパルディなどと組んだグループ。68年作2nd。1stでのサイケ色は無くなり、シンプルなフォーク・ロック・サウンドになったことで、演奏の巧みさ、バンドが持つ絶妙なグルーヴが際立っています。デイヴ・メイスンの作曲センスも特筆もので、特に「Feelin’Alright?」は、後のソロ作を彷彿とさせる憂いのあるメロディとシンプルながらメロディの魅力を倍増させるギターワークが堪能できる名曲。

  • LITTLE BIG HORN / LITTLE BIG HORN

    ブリティッシュ・ロック・バンド、ドイツのみで71年にリリースされた唯一作、憂いに溢れたスワンピーなハード・ロック

    ブリティッシュ・ロック・グループ。71年にドイツのみでリリースされた作品。レーベルは、BELLAPHON。中域寄りにバキっと歪んだコシのあるスワンピー&メロウなギター、サザン・ロックに通ずる豪快なリズム、郷愁を誘うメロディアスなオルガン&エレピ、哀愁いっぱいでグッとくるメロディと分厚いコーラス・ワークが印象的な土臭いハード・ロック。旧A面はアメリカナイズされたサウンドですが、B面はグッと英国臭がまし、泣きのツイン・ギターや憂いに溢れたメロディがたまりません。特に『Just Aint Fair』は、PROCOL HARUMばりの土臭くも叙情あるメロディがこれでもかと溢れる名曲。全体的に演奏には厚みとキレがあり、メロディ・センスも抜群。英国でリリースされなかったのが不思議なほどの逸品。

  • NUCLEUS / NUCLEUS

    カナダ出身、ブルース、サイケ、ハード、プログレ、ジャズをゴッタ煮したオリジナリティ溢れる69年唯一作、TRAFFICとタメを張れる好グループ!

    後にカナダを代表するハード・ロック・グループA FOOT IN COLDWATERを結成するメンバーが多数在籍のグループ。69年の唯一作。くすんだトーンのオルガン、ブルージーなフレーズから屈折したフレーズまでセンス溢れるギター、エモーショナルかつソウルフルなヴォーカル、スケールの大きなリズム隊。ブルース、サイケ、ハード、プログレ、ジャズをゴッタ煮したサウンドはかなりオリジナリティ高いです。英国のTRAFFICとタメを張れるといっても過言ではない実力派グループ。オススメ!

英SSW/フォーク/スワンプ/パブ・ロックの在庫

「英SSW/フォーク/スワンプ/パブ・ロックの在庫」をもっと見る

米SSW/スワンプ/カントリー・ロックの在庫

「米SSW/スワンプ/カントリー・ロックの在庫」をもっと見る

英ブルース・ロックの在庫

「英ブルース・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。