プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

涙せずにはいられない。詩情あふれる珠玉のアルゼンチン・ロック選

スタッフ佐藤です。

辺境地プログレのおすすめとしてカケレコが一押ししているのが、南米アルゼンチンのロック・シーン。

南米のロックと言うとラテン気質の暑苦しいノリがイメージされるかもしれませんが、
意外とそういうバンドは少なく、センチメンタルなメロディや柔らかく繊細な演奏を聴かせるバンドがとても多いんです。

そんなアルゼンチン・ロック作品の中で、特にメロディの良さが堪能できる作品を見ていきたいと思います。

南米ロック史に名を刻む名作から、そのDNAを受け継いだ新鋭まで、世代を超えてご紹介してまいります!

ALMENDRA/ALMENDRA(1969)

まずはアルゼンチン・ロックの原点とも言えるこの一枚から。同国のロック・シーンを牽引した故Luis Alberto Spinettaのプロデビュー作品で、軍事政権下にあった当時のアルゼンチンの若者から絶大な支持を集めたのが本作。ビートルズからの影響も見え隠れするセンチメンタルなメロディ、柔らかく繊細に響くスペイン語ヴォーカル、白昼夢のごときメロウ・サイケな演奏。あらゆる要素が奇跡的なバランスで溶け合った同国ロック史上の最重要作です。

試聴 Click!


ARCO IRIS/CRONOLOGIAS 1969-1971(2017)

こちらも68年結成の古参アルゼンチン・ロック・グループ。近年「バベル」や「ブロークバックマウンテン」の音楽でオスカーを獲得した世界的作曲家Gustavo Santaolalla在籍グループで、フォルクローレやサイケ色を取り入れた、こぼれ落ちんばかりのリリシズムを湛えたサウンドが特徴です。70年の名作1st全曲と当時のシングル曲で構成された編集盤ですが、あまりにデリケートなヴォーカルと艷やかで陰影のある演奏の美しさに耳を奪われること必至。

試聴 Click!

IRREAL/IRREAL(2019)

2019年に晴れてCD化したこのライヴ音源は凄かった…!軍の圧力により作品を残さぬまま解散に追い込まれたアルゼンチンのグループによる80年ライヴ音源なのですが、作品を発表していればPABLO EL ENTERRADORやMIAとも並び称されたであろう素晴らしいサウンドでもうビックリ!PABLOファンは多分2曲目や6曲目で泣いちゃうはず。

試聴 Click!

PASTORAL/DE MICHELE(1979)

SUI GENERISあたりが泣ける方は、こちらもきっとグッと来るはず。陽だまりのように温かみ溢れるメロディを、切々とセンチメンタルに歌うヴォーカル。上質なイタリアン・ラブ・ロックに通じる繊細で奥ゆかしいアレンジ。泣きたくなるようなセンチメンタルな情感でいっぱいのアルゼンチン・フォーク名作です。

試聴 Click!

BANANA/ETAPA SINFONICA 79-80(2016)

長らく廃盤となっていた叙情派アルゼンチン・ロックの名作79年作の全曲と未CD化の80年作の楽曲より構成された珠玉のコンピレーションが2016年にリリースされました。南米随一と言っても問題ない切れ味鋭いテクニカルな演奏技術を持ちつつも、主役となるのは実に南米らしい甘美に流れゆく珠玉のメロディ。叙情派シンフォ・ファンはハンカチを片手にどうぞ。

試聴 Click!



ここからご紹介するのは、上で取り上げた往年の名作の遺伝子を受け継ぐ新世代バンドたち。選りすぐりをピックアップいたしますよ~☆

ASI/ASI

暖かい海を漂うようなギター、甘やかな響きのスペイン語ヴォーカル、淡く幻想的な音響が描く、詩情に満ちたセンチメンタルなサウンドがもう絶品。これぞアルゼンチンと言いたい溢れんばかりに豊かな情感を宿した新鋭18年作!このPVもいいなぁ。

試聴 Click!

VADE RETRO/FLORECIENDO EN HELIOPOLIS(2012)

L.A.スピネッタ、C.ガルシアから連なるアルゼンチン・ロックの伝統を理想的な形で現代に伝えるのがこのバンド。南米特有のリリシズム溢れる珠玉のメロディに彩られた南米新鋭の大傑作!

試聴 Click!

ISMO DE LAS FAUCES/ISMO DE LAS FAUCES(2015)

70年代アルゼンチン・ロックのDNAを継いだサウンドが高く評価されたVADE RETROのKey奏者&コンポーザー、人呼んで「現代のCharly Garcia」Lucas Bustosが、VADE RETRO解散後に結成したバンド。しとやかに鳴らされるピアノ、ミニマルなタッチのヴィブラフォンによる静謐な幻想性を一方に、70年代の香りたっぷりのムーグをもう一方に配したLucas Bustosによるキーボード・ワークはセンス抜群。ポスト・ロックを通過した音の純度の高さも特筆です。

試聴 Click!

SIG RAGGA/LA PROMESA DE THAMAR(2016)

カケレコ一押しの素晴らしいアルゼンチン新鋭が彼ら。丸みあるマイルドなトーンで叙情美を描くギターと爽やかなアコースティックギターが絡むどこまでも優しげなアンサンブルに、鼻にかかった繊細なハイトーンで語りかけるように歌うスペイン語ヴォーカル。「歌」を中心に据えた珠玉のシンフォニック・ロック・ナンバーが目白押しの悶絶盤☆

試聴 Click!

PASAJERO LUMINOSO/EL CORAZON DE LAS BALLENAS

最後は、現南米シーンで最高峰と言いたい素晴らしきジャズ・ロック・グループの待望3作目。アルゼンチンらしい甘美な陰影を持ったメロディを印象的に聴かせる、芳醇なジャズ・ロックには前2作を経てさらに磨きがかかっている印象。カンタベリー・ファンも是非!

試聴 Click!

いかがでしたか?
気になる作品を見つけていただけたら嬉しいです☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • PASAJERO LUMINOSO / EL CORAZON DE LAS BALLENAS

    [カケレコ国内盤リリース中] アルゼンチンはブエノスアイレス出身の新鋭ジャズ・ロック・バンド17年作3rd、相変わらずのメロディアスで芳醇な絶品ジャズ・ロックを聴かせてくれる傑作!

    2014年デビュー、アルゼンチンはブエノスアイレス出身、ピアノを中心にエレピ、オルガン、シンセを操るキーボーディストとギタリストを擁する4人組ジャズ・ロック/フュージョン・グループによる17年作3rd。南米らしい甘美な陰影を持った美しいメロディを印象的に聴かせる、ロマンチックな表情のジャズ・ロックには前2作を経てさらに磨きがかかっている印象。ピアノやギターは流麗なタッチでソロを応酬させるジャズ本来のクールな佇まいを見せるのに対して、可憐な音色が耳を引くエレピが浮遊感あるファンタジックで柔らかな聴き心地をもたらしていて、少しフィル・ミラーを思わせるギターも相まってハットフィールドやナショナル・ヘルスなどのカンタベリー・ロック・バンドに通じる得も言われぬ芳醇さを生み出しているのが素晴らしい。お約束と言えるバンドネオンの哀愁の音色も必殺です。近年のジャズ・ロック・バンドには珍しく比較的ロック寄りのノリとダイナミズムを持つドラムも特筆で、アンサンブルを力強い躍動感で牽引します。ジャズとロックを最高のバランス感覚で組み合わせた、これぞジャズ・ロック!と呼びたい快作。これは激カケレコメンド!

  • ALMENDRA / ALMENDRA

    アルゼンチン、Luis Alberto Spinetta率いる南米メロウ・サイケ・バンド、とめどなく哀愁が溢れ出す69年デビュー作

    LUIS ALBERTO SPINETTA率いるアルゼンチンのサイケ・グループ。69年1st。これはサイケ・ポップ/フォーク・ファン必聴でしょう。叙情的なメロディー、美しいハーモニー・ワーク、リリカルなオルガンなど、イギリスのCOMPLEXを思わせます。ヘタヘタなフルートなど、夢うつつ、アシッドな感覚もあり。好グループです、おすすめ!

  • VADE RETRO / FLORECIENDO EN HELIOPOLIS

    アルゼンチン産新鋭プログレ・バンドの12年作、70年代南米プログレを思わせる繊細な音運びと珠玉のメロディに溢れた大傑作!

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ・バンドによる12年作。冒頭、音響派を思わせる幻想性に満ちた音空間を聴かせたかと思うと、ギターによるこぼれ落ちんばかりの哀愁を放つソロに、SERU GIRANなどの70年代アルゼンチン・ロック直系のロマンと清涼感を併せ持ったメロディが湧き出てきて、ここですでにこのバンドの魅力に取り込まれていることに気づきます。ピアノの流麗なフレーズに乗せて歌われる淡い叙情を秘めたヴォーカル・メロディも素晴らしい。そうかと思うと今度はジャズ/フュージョン風のテクニカル・アンサンブルまで飛び出してきて、あたかも在りし日のアルゼンチン・ロックが甦ったかのような錯覚を覚えます。70年代的な質感を持った音使いと現代的なモダンな音使いとをバランスよく配するセンスも特筆です。LA MAQUINA、SERU GIRANを始めとする70年代南米プログレがお好きな方には、何を置いてもオススメしたい大傑作です。

  • BANANA / ETAPA SINFONICA 79-80

    SSW/キーボーディストCesar Pueyrredonが率いたアルゼンチンの名グループ、79年作『AUN ES TIEMPO DE SONAR』全曲と、未CD化の80年リリース作『LICUADO』より5曲を収録した16年リリースの変則コンピレーション

    アルゼンチン出身のSSW/キーボーディストCesar Pueyrredonが率いた名グループ。古くよりアルゼンチン・ロックを代表する名盤として語られてきた79年作『AUN ES TIEMPO DE SONAR』全曲に、未CD化の80年リリース作『LICUADO』より79年作の作風に近い叙情ナンバー5曲を加えた16年リリースの変則コンピレーション。オルガン、ピアノ、シンセ、エレピなど多彩なキーボードと、リリカルなトーンでフレーズを紡ぐギターを軸とする、甘く繊細なシンフォニック・ロックを聴かせてくれます。基本はメロディを大切にした歌ものシンフォですが、ここぞではジャズ・ロック調のテクニカル・アンサンブルで疾走するパートも登場し、その緩急自在の演奏はただただ見事です。切々とドラマチックに歌い上げるヴォーカルも素晴らしく、スペイン語特有の柔らかな響きを生かす情緒溢れる歌声が胸を揺さぶります。数多のアルゼンチン叙情派プログレの中でも一際輝きを放つ彼らの持ち味が存分に堪能できる好コンピレーションです!

  • PASTORAL / DE MICHELE

    アルゼンチン出身フォーク・ロック・デュオ、ずばり叙情派揃いの南米フォークものでも最高峰と言えるセンチメンタルな情感でいっぱいの79年作

    アルゼンチンのフォーク・ロック・デュオ、79年作5th。陰影を帯びたアコースティックギターの爪弾き、淡いトーンで叙情美を描くギター、たおやかで気品あるピアノらが紡ぐ、これぞアルゼンチンと言うべき詩情に満ちたアンサンブル。そして陽だまりのように温かみ溢れるメロディを、切々とセンチメンタルに歌うヴォーカル。ここぞというパートで加わるハーモニーも胸に迫ります。アルゼンチン・ロックの多くはイタリアン・ロックとの共通点を持っているとされますが、このグループも曲によってLa Bottega Dell’arteなどのイタリアン・ラブ・ロックを思い出させる繊細さが印象的です。叙情派揃いの南米フォークものの中でも右に出るものはないほどにセンチメンタルな情感でいっぱいの名作。

  • SIG RAGGA / LA PROMESA DE THAMAR

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ・バンドによる16年作3rd、「歌」を中心に据えた珠玉のシンフォニック・ロック・ナンバーが目白押しの名作、SUI GENERIS、SERU GIRAN、PABLO〜、PASTORALなどのファンに絶対オススメ!

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ・バンドによる16年作3rd。これは素晴らしいです。丸みあるマイルドなトーンで叙情美を描くギターと爽やかなアコースティックギターが絡むどこまでも優しげなアンサンブルに、鼻にかかった繊細なハイトーンで語りかけるように歌うスペイン語ヴォーカル。70年代アルゼンチン・ロックをそのままにクリアでモダンな音像によって蘇らせたような1曲目からもう堪りません。往年のアルゼンチン・ロック・ファンならこの時点で悶絶間違い無しの素晴らしさ。優美なストリングスをバックに言葉を選ぶように大切に歌うヴォーカルにグッと来る2曲目も極上。そして天上から降り注ぐようにフワッと柔らかく寄り添うコーラス。全編にわたり南米ロックの魅力の一つである「歌」を中心に据えた珠玉のシンフォニック・ロック・ナンバーが続きます。一方では、繊細で優美なサウンドを維持しながらシンセサイザーによるデジタリーな音を散りばめるセンスの良さにも唸らされます。これはSUI GENERISやSERU GIRANを始め、PABLO〜やPASTORALなど往年の歌ものアルゼンチン・ロック名バンドが持っていた詩情を確かに宿した素晴らしい新鋭です。オススメ!

  • ARCO IRIS / CRONOLOGIAS 1969-1971

    アルゼンチン出身、フォルクローレやサイケデリック・ロックを取り入れたリリカルなフォーク・ロックを聴かせる名グループ、1st全曲と当時のシングル曲で構成された20曲コンピレーション、17年リリース

    アルゼンチン出身、フォルクローレやサイケデリック・ロックを取り入れたリリカルなフォーク・ロックを聴かせる名グループ。70年の1stアルバムからの全曲と初期シングル音源で構成された全20曲の17年編集コンピレーション。1st収録曲は繊細に爪弾かれるアコースティックギターを基調とする実にアルゼンチンらしいリリカルでメランコリックなフォーク・ロックで、ヴォーカルも壊れそうに切ない情感と南米的メロウネスを持つ美しい歌声を聴かせます。民族色が滲むフルートの調べにも涙。一方で、サイケ度の高いエレキギターが随所で飛び出し良いアクセントとなっているのも見事です。シングル曲は、1stの音楽性に近いリリシズム溢れるフォーキーなナンバーから存在感あるリズム・セクションが入ったロック色の強いナンバーまで楽しめます。それにしても叙情派揃いのアルゼンチンでも屈指と言えるこのあまりにセンチメンタルな歌声とコーラスにはいつ聴いてもやられてしまいます。アルゼンチン・ロックの魅力の一つである美しいメロディと歌が堪能できる好編集盤です!

  • ASI / ASI

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ/ポスト・ロック・バンド、アルゼンチンらしい詩情に満ちたセンチメンタルな幻想サウンドが心地よい18年作

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ/ポスト・ロック・バンドによる18年作。暖かい海にたゆたうようなギター、愛らしい音色で舞うシンセ、甘やかな響きのスペイン語ヴォーカル、淡く幻想的な音響などによって描き出される、アルゼンチンらしい詩情に満ちたセンチメンタルなサウンドがもう絶品。耳を引くユニークなリズムパターンをスマートに叩き出すドラム、時折なめらかに滑り込んでくるジャジーなサックスもいい仕事です。ポスト・ロック色がある00年代のSPINETTA作品に通じる溢れんばかりに豊かな情感が素晴らしい一枚!

  • IRREAL / IRREAL

    MIAとも共演した伝説のアルゼンチン・ロック・バンド、PABLO EL ENTERRADORファンは必聴と言える絶品ライヴ音源!

    Lito VitaleやFito Paezらとの共演で知られるヴォーカリストJuan Carlos Bagliettoが在籍し、MIAやREDDなどとステージを共にするなど活躍しながらも、軍の圧力でアルバムを残さぬまま解散に追い込まれた6人組グループ。80年に残された貴重なライヴ音源を収録。PABLO EL ENTERRADORやMIAらに通じるリリカルで優美なシンフォニック・ロックは驚くべき完成度!手数多く緩急自在に刻むリズム隊、壮麗に湧き上がるシンセとオルガン 軽やかに躍動するフルート、歌心あるフレーズを次々と奏でるギター。そして優しくも切ないスペイン語ヴォーカルらが、エレガントかつ叙情的に紡いでいくサウンドは、当時アルバムを出せていたら上記バンドと並び称されていたであろうと確信する出来栄えです。2曲目や6曲目あたりのファンタジックでスケール大きなインストパートはPABLO〜ファンなら泣いちゃうかも。南米プログレ・ファンには是非とも聴いていただきたい素晴らしき発掘音源です!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。