プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【カケレコ中古棚探検隊】プログレで楽しむクラシック名曲♪

昨日、9月4日は「クラシックの日」。

より多くの人にクラシック音楽に親しんでもらうため、1990年に日本音楽マネージャー協会によって定められた記念日だそうです。

それにちなんで、本日のカケレコ中古棚探検隊は「プログレで楽しむクラシック名曲」と称して、クラシック音楽が引用orカバーされているプログレ作品をピックアップ!

まずは定番中のド定番、ロックの歴史に残るこのアルバムから!

EL&P/PICTURES AT AN EXHIBITION

ムソルグスキー作曲、ラヴェル編曲の組曲「展覧会の絵」をキーボード・ロックでまるまるカバーしてしまった、EL&Pの代表的作品。

クラシックとロックを融合させた音楽性は現在まで脈々と受け継がれ多くのフォロワーを生んでいますが、その元祖にして完璧な完成度を誇る傑作です。

EL&Pは他にもバルトークをモチーフにした「The Barbarian」やアルベルト・ヒナステラのピアノ協奏曲をアレンジした「Toccata」など、クラシックを引用した曲を多く残していますね。

試聴 Click!

定番と言えば、キング・クリムゾン、YESにもクラシックを引用した曲があります。

KING CRIMSON/IN THE WAKE OF POSEIDON

Devil’s Triangle

試聴 Click!

YES/TIME AND A WORD

The Prophet

試聴 Click!

どちらもホルストの組曲『惑星』がモチーフですね。
クリムゾンは「火星」をカバー、イエスは冒頭部分で「木星」の一部分を引用しています。
ホルストが同郷イギリス出身の作曲家ということで、やはり彼らにとっても特別な思いがあったのでしょうか。

引き続きイギリスから。クラシックとの融合と言えば、やはりこのバンド!

RENAISSANCE/ASHES ARE BURNING

2枚のアルバムを残して解散するも、新メンバーを加えて再結成し、今もなお活躍する新生ルネッサンス。

2ndの本作はクラシック、ロック、フォークが絶妙に交差した、気品あふれるシンフォニック・ロックの作風が完成されたと言える一枚。

前作でもクラシックのフレーズを印象的に用いていましたが、今作収録の「At The Harbour」ではドビュッシーの「沈める寺」が使われています。

ドビュッシーのオリエンタルな和音にアニー・ハズラムの透明なヴォーカルが溶け合い、この上なく幻想的です。

試聴 Click!

またまたイギリスから、親しみやすいキャッチーなポップセンスに壮大なクラシックを導入したバンドと言えばこちら!

ELO(ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA)/E.L.O.2(1973)

それまでバンドの核を担っていたロイ・ウッドが抜け、ジェフ・リン主導のELOが誕生した73年作2nd。

シングル・カットされヒットを飛ばした「Roll Over Beethoven」は、チャック・ベリーのカバーに大胆にもベートーヴェンの「運命」を掛け合わせるという遊び心に富んだ一曲。

ポップ×壮大なシンフォニックという、ELOサウンドが確立した瞬間でもあります。

試聴 Click!

今度はイギリス以外からもご紹介。

TRACE/TRACE

EL&Pにも負けないオランダが誇るクラシカル・キーボード・ロックと言えばTRACE!74年の1st。

アルバム冒頭を飾る「Galliarde」では伝統的なポーランド舞曲とバッハの「イタリア協奏曲第三楽章」を組み合わせ、「The Death Of Ace」はグリーグの「ペールギュント」の中の1曲をカバー。

彼らは次作の名盤『鳥人王国』でもクラシック・カバーを収録していますが、格調高いクラシック曲をとにかくとびきりハイテンションにアレンジにするのが特徴ですね。

試聴 Click!

FOCUS/HAMBURGER CONCERTO

オランダつながりで、FOCUSのクラシック・モチーフの曲もご紹介。

彼らの4thのタイトル・トラック、20分に及ぶ大曲「ハンバーガー・コンチェルト」の冒頭では、ブラームス作曲「ハイドンの主題による変奏曲」のフレーズが引用されています。

そこへプラスしてビートルズの「YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY」のパロディを絡めてくるのが(恐らくタイトルの元ネタ「ハンブルク協奏曲」とビートルズが下積み時代を過ごしたハンブルクにちなんで)、FOCUSらしくユーモアたっぷりです。

試聴 Click!

次はイタリアからもご紹介!

CAPSICUM RED/APPUNTI PER UN IDEA FISSA

後にイ・プーのベース/リード・ヴォーカリストとなるレッドがギター/ヴォーカルとして在籍していたことで知られるバンド。

72年の唯一作では、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」を格調たっぷりのイタリアン・ロック・テイストでカヴァーしています。

原曲をそのまま活かしつつ、バンド・スタイルと丁寧に結びつけたアレンジは聴き応え抜群です。

試聴 Click!

最後はロック・ミュージシャンでありながらジャンルの垣根を超えた天才、フランク・ザッパの作品で締めくくりましょう!

FRANK ZAPPA/SHIP ARRIVING TOO LATE TO SAVE A DROWNING WITCH

タイトルは「たどり着くのが遅すぎて溺れる魔女を救えなかった船」(直訳)!

当時13歳のザッパの娘がラップ?を担当したヒット曲「ヴァリー・ガール」を含む82年作。

後半3曲はライヴ盤で、中でもストラヴィンスキー『春の祭典』を引用した「Drowning Witch」は、ザッパの中でも最も演奏が難しい曲の一つとされているそうです。

ちなみにクラシックに造詣が深かったザッパ、子供の頃から『春の祭典』を愛聴していたようで、こうして自分の曲で取り入れられたのは念願叶ったと言うべきでしょうか。

試聴 Click!

いかがでしたか?

まだまだここに取り上げられなかった作品も多々ありますが、ロックと芸術音楽クラシックの融合は、プログレの最も根源的なテーマの一つだったのでしょうね。

関連記事はこちら!


バッハとロック♪

【関連記事】

バッハとロック♪

バッハの旋律が使われているプログレやロックの楽曲を集めてみました。


ショパンとROCK!

【関連記事】

ショパンとROCK!

ショパンの旋律が使われているロックの楽曲を紹介します。ジミー・ペイジもルネッサンスも、ゲンズブールもバニー・マニロウも、みんなショパンの影響を受けていた!


EL&P『展覧会の絵』、トレース『鳥人王国』から出発するクラシカルなキーボード・プログレ特集!

【関連記事】

EL&P『展覧会の絵』、トレース『鳥人王国』から出発するクラシカルなキーボード・プログレ特集!

クラシカルな美旋律に彩られたドラマティックなキーボード・プログレをピックアップ!往年の名作から90年代以降の新鋭作品までセレクトいたしましたよ~。


ビギナーズにお薦めするフランク・ザッパのアルバム10作-海外サイトconsequence of sound選

【関連記事】

ビギナーズにお薦めするフランク・ザッパのアルバム10作-海外サイトconsequence of sound選

海外サイトconsequence of soundが選んだフランク・ザッパ・ビギナーズにお薦めする10作をご紹介いたします!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • RENAISSANCE / ASHES ARE BURNING

    73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は73年にリリースされた2nd。クラシカルな中に多少のサイケデリック感覚を残したデビュー作から方向性が定まり、牧歌的なのどかさと英国叙情、オーケストラを従えたシンフォニック・ロックの世界を作り上げています。以降ライブでも取り上げられる機会の多い名曲となった「カーペット・オブ・ザ・サン」「燃ゆる灰」などを収録。

  • KING CRIMSON / IN THE WAKE OF POSEIDON

    衝撃のデビュー作「クリムゾン・キングの宮殿」の構成を踏襲した70年2nd、前作に匹敵する重厚さドラマ性に加えジャズ系ミュージシャンを起用し新機軸も打ち出した一枚

    奇才Robert Frippを中心に結成され常に先鋭的なサウンドを作り出し、デビュー以来プログレッシブ・ロックの頂点に君臨し続けるイギリスのグループの70年2nd。Ian McDonaldが脱退、レコーディングには参加しているもののMichael Gilesも脱退を表明し、ボーカリストとしてのみの参加であるGreg LakeはEmerson Lake & Palmer結成へと動き始め、Keith Tippett、Mel Collinsといった新メンバーを加えるなどバンド内が慌しい状況であったにもかかわらず、その内容はデビュー作に負けず劣らずな名盤となっています。過渡期と言うこともあり正当な評価を仰げない不遇もあった本作ですが、その音楽性は前デビュー作の内容を下地にしながらも、よりバリエーションに富んだ作風となり、Keith TippettのピアノやGordon Haskelの素朴なボーカルなど、バンドに新たな表情が生まれた傑作です。

  • TRACE / TRACE

    技巧派key奏者R.V.D.リンデン率いるオランダのキーボード・シンフォ・グループ、74年デビュー作

    元EKSEPTIONのRick Van Der Lindenが新たに結成したキーボード・トリオ。74年作1st。クラシカルかつテクニカルなオルガン、ピアノ、メロトロンをフィーチャーしたドラマティックな一枚。オランダ・プログレを代表する名作。

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / PICTURES AT AN EXHIBITION

    ムソルグスキー「展覧会の絵」をモチーフとした完全未発表楽曲によるライヴ録音、痛快極まる72年作!

    NICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerによって結成され、ギターレスのトリオという変則的な編成ながらそのハンディを全く感じさせない音楽性でプログレッシブ・ロックの1つのスタイルを築いたイギリスのグループの71年3rd。その内容はEL&Pの人気を不動のものにしたライブ作であり、タイトル通りムソルグスキー作曲、ラヴェルのオーケストレーションによる組曲「展覧会の絵」を強引にキーボード・ロックでねじ伏せた名盤となっています。アンコールにはチャイコフスキーの「くるみ割り人形」をクラヴィネットで弾き倒す「Nutrocker」を収録。クラシックとロックを融合させたその特異な音楽性は現在のプログレシーンまで脈々と受け継がれ多くのフォロワーが登場していますが、その元祖にして完璧な完成度を誇る傑作です。

  • FOCUS / HAMBURGER CONCERTO

    バロック音楽の要素を前面に出した風格あるサウンドを聴かせる74年作

    オランダが生んだ世界的グループ、フォーカスによる74年作4th。アルバムのハイライトは20分に及ぶタイトル曲の「ハンバーガー・コンチェルト」。華やかなブラームスの主題でクラシカルに幕を開けつつ、中間部ではジリジリと温度が上がっていくような重厚なテンポの中、躍動感のあるフルートや、鋭い切れ味と繊細なジャズ・タッチを巧みに使い分けるギターの息を呑むソロ・パートで緊張感を高めます。突如賛美歌のような荘厳なコーラスが現れたかと思えば、彼らの名曲「シルヴィア」を思わせるような輝かしいギターのフレーズによって迎える雄大なフィナーレは、イエスの『危機』にも劣らぬドラマチックさ。アルバムを通して穏やかなミドルテンポの曲調が多く、過去作のような荒々しさは少なくなったものの、教会音楽のようにおごそかな「ストラスブルグの聖堂」に象徴されるクラシカル/バロック調や、流麗なフルートと伸び伸びとしたギターが鮮やかなソロを繰り広げる「バース」など、おおらかさと優雅な気品を併せ持ったアンサンブルに磨きがかかり、よりサウンドのスケール感を増しています。おなじみの奇天烈ヨーデルなどの独特なユーモアも程よいバランスでサウンドに染み込み、非常に円熟した魅力を放つ、彼らの集大成的作品です。

  • YES / TIME AND A WORD

    格調高いオーケストラとYESサウンドが見事に融合した70年作2nd

  • ELO(ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA) / E.L.O.2

    ロイウッド脱退後の73年作、ポップクリエイターとしてのジェフリンの才能が発揮された2nd

いかがでしたでしょうか?

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事