プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ブリティッシュ・ロックの立役者キース・レルフ探求!

本日3月22日は、ブリティッシュ・ロックの立役者とも言うべきミュージシャン、キース・レルフの誕生日です。

ブルースハープの名手として知られ、ヤードバーズ、ルネッサンス、イリュージョンといったバンドを率いたことで、ブルース・ロック、ハード・ロック、サイケデリック・ロック、プログレッシヴ・ロックなどの形成に大きく関わった英国ロックシーンの重要ミュージシャンですよね。

76年に自宅での演奏中の事故により33歳という若さでこの世を去った彼ですが、十数年の活動によって英国ロックの歴史に深く刻まれたその足跡を辿ってみたいと思います。

YARDBIRDS

70年代にかけて隆盛を極めることになるブリティッシュ・ロックの発展に大きく寄与したのがレルフが率いたヤードバーズ。62年結成、64年のデビュー以来、メンバーチェンジを繰り返しながらも、R&Bを基盤に持つサウンドをロック・ミュージックとして先鋭化させていった手腕は特筆。各年代でいわゆる3大ギタリスト、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジを擁していた事実は、ヤードバーズが偉大なバンドであることの最大の証明と言えるのではないでしょうか。

ヤードバーズ / ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ(1964)

記念すべき64年のデビュー作にしてライヴ・アルバムという大胆不敵な一枚。クラプトンのスリリングで熱気ほとばしるギターはもちろん素晴らしいですが、ブルースハープを交えてややハスキーな渋い声で歌いあげるレルフのカッコよさが際立ちます!

試聴 Click!

ヤードバーズ / ロジャー・ジ・エンジニア(1966)

ジェフ・ベック在籍期と言えばこのアルバム。最高傑作とも言われる一枚ですね。すでに完成形に近い超個性的なベックのプレイに絡むレルフのヴォーカル。これぞ最強の組み合わせ!

試聴 Click!

ヤードバーズ / リトル・ゲームス(1967)

ジミー・ペイジ在籍時代の唯一となるスタジオ・アルバム。ジャケットに象徴されるサイケ/ポップな要素も加味したカラフルな印象を持つ作品。レルフのヴォーカルの表現力は初期に比べ大きく進化してます。そしてカミソリのようなキレの良さを持つペイジのプレイはすでにツェッペリンに通じていますね。

試聴 Click!

YARDBIRDS / LIVE YARDBIRDS FEATURING JIMMY PAGE(1971)

発売後すぐに回収となった、初期ペイジ関連音源中でも幻と云われた68年のライヴ音源。ジミー・ペイジ弾きまくり!

試聴 Click!


RENAISSANCE

ヤードバーズの活動が終了し、同年にYB時代の同僚だったジム・マッカーティと組んだトゥゲザーとしてシングルを残した後、翌69年にレルフが立ち上げたのがルネッサンス。その音楽性はクラシカルな格調高さを持つフォーキーなプログレッシヴ・ロック。ルネッサンスと言えば、マイケル・ダンフォードを除くメンバーが一新された第2期が有名ですが、第1期でレルフらが提示したサウンドを発展させたことがわかります。通称オリジナル・ルネッサンス。

ルネッサンス / ルネッサンス(1969)

69年の1st。クラシカルで躍動感に溢れたピアノ、荘厳なコーラス・ワークをフィーチャーしたサウンドはたいへんに幻想的。ただ前年までのヤードバーズでのブルージーなサウンドもチラチラと垣間見れるのが面白いところ。

試聴 Click!

ルネッサンス / イリュージョン(1971)

妹ジェーンの陰影ある美声もフィーチャーし、クラシカルな幻想性にさらに磨きがかかった名作。レコーディング中すでに解散状態にあったと言われるバンドの内情を反映してなのかそうでないのか、粛々と内省的なサウンドが胸に沁みます。

試聴 Click!


「そしてロックで泣け!」第一回 ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第一回 ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


特集!プログレ界の名女性ヴォーカル選☆

【関連記事】

特集!プログレ界の名女性ヴォーカル選☆

各国を代表するプログレ系女性ヴォーカリストを一挙にピックアップ☆


ARRMAGEDON

第一期ルネッサンス解散から数年、レルフがルネッサンスのベーシスト=ルイス・セナモらと結成したバンドがこのアルマゲドン。またもやルネッサンス時代とは打って変わったサウンドで、重くブルージーなハード・ロックを展開。お得意のブルースハープも炸裂していて、ハード・ロック版ヤードバーズを目指したのかはわかりませんが、後期ヤードバーズの延長線上でも楽しめる一枚と言えるかもしれません。圧倒的なカッコよさ!

アルマゲドン / アルマゲドン(1975)

試聴 Click!


海外音楽サイトMOST-DEFがお薦めするハード・ロック名作25選

【関連記事】

海外音楽サイトMOST-DEFがお薦めするハード・ロック名作25選

海外音楽サイトお薦めのハード・ロック作品をご紹介いいたします。


ILLUSION

レルフとジム・マッカーティを中心とするオリジナル・ルネッサンスのメンバーによる活動再開を計画していた矢先の76年、自宅で演奏中の感電死という悲劇がレルフに降りかかります。享年33歳。悲しみを乗り越えてメンバーたちはバンド名をイリュージョンとして活動を開始。77年作『醒めた炎』、78年作『幻想の翼』をリリースします。両作とも深い陰影を湛えたブリティッシュ然としたサウンドが美しい名作です。

イリュージョン / エンシャンテッド・カレス(1979/1990)

79年に録音されながらもお蔵入りとなり、90年に日の目を見た3rdアルバム。本作のラストに収録されている「All The Falling Angels」はレルフが死の12日前にレコーディングした、彼が生前最後に残した楽曲。リリシズム溢れる演奏、崇高なメロディ、そしてレルフの切ない歌声が相まってぐっと胸に迫ってくる一曲です。こんな美しい楽曲を最後に聴かせてくれたことに感謝せずにはいられません…。

試聴 Click!



「そしてロックで泣け!」第十八回 イリュージョンの「マドンナ・ブルー」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十八回 イリュージョンの「マドンナ・ブルー」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。

YARDBIRDSの在庫

「YARDBIRDSの在庫」をもっと見る

RENAISSANCEの在庫

  • RENAISSANCE / SONG OF SCHEHEREZADE

    76/79年ライヴ映像、全17曲

  • RENAISSANCE / MYSTIC AND THE MUSE

    10年作

  • RENAISSANCE / TURN OF THE CARDS / SCHEHERAZADE AND OTHER STORIES LIVE IN CONCERT

    全盛期の2作品「運命のカード」「シェエラザード夜話」を完全再現した2011年米公演を収録!

  • RENAISSANCE / RENAISSANCE

    元YARDBIRDSのKeith RelfとJim McCartyが結成したオリジナル・ルネッサンスによる69年作1st

    元YARDBIRDSのKeith RelfとJim McCartyを中心に結成されたオリジナル・ルネッサンス。69年のデビュー作。ビート・ポップがベースにありますが、クラシカルで躍動感に溢れたピアノ、荘厳なコーラス・ワークをフィーチャーしたサウンドはたいへん幻想的。変拍子の中をピアノがコロコロと転がるキメのパートから、一転して「月光」のピアノ・ソロへと移行するなど、鮮やかなアレンジも素晴らしい。Keith Relfのヴォーカル、紅一点Jane Relfのヴォーカル、どちらも気品に満ちているのも特筆ものです。レイト60sの英国シーンに華麗に咲いた逸品。

  • RENAISSANCE / PROLOGUE

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は72年にリリースされたデビューアルバム。「革命のエチュード」からの引用によるオープニングからクラシカルな味わいと英国ロックの気品、アコースティックな感性を全面に、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映えます。楽曲のふくよかさ、トータルプロダクションの上手さは後の作品に譲るも、彼らにしか作りえない素朴な叙情の片鱗を既に窺うことが出来る好盤です。

  • RENAISSANCE / ASHES ARE BURNING

    73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は73年にリリースされた2nd。クラシカルな中に多少のサイケデリック感覚を残したデビュー作から方向性が定まり、牧歌的なのどかさと英国叙情、オーケストラを従えたシンフォニック・ロックの世界を作り上げています。以降ライブでも取り上げられる機会の多い名曲となった「カーペット・オブ・ザ・サン」「燃ゆる灰」などを収録。

  • RENAISSANCE / BRITISH TOUR 76

    76年のツアー。

    76年1月24日英国ノッティンガム公演の発掘ライヴ音源。収録曲は、「Can You Understand」「Running hard」「Ocean Gypsy」「Prologue」「Song Of Scheherazade」「Ashes Are Burning」。バンド・メンバーのみによるライヴで、絶頂期と言える時期の抜群のバンド・アンサンブルを堪能できる好ライヴ盤。

  • RENAISSANCE / TURN OF THE CARDS

    前作「燃ゆる灰」で作り上げた優美なシンフォニック・サウンドに磨きをかけた、74年作3rd!

    YARDBIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は74年にリリースされた3rd。前作「燃ゆる灰」で作り上げた優美なシンフォニック・サウンドにさらに磨きをかけ、また、バンドのプロダクションに大いに貢献してきたMichael Dunfordがついに正式加入。「アルビノーニのアダージョ」を取り上げた「冷たい世界」や前作には無かったスケール感を持つ「母なるロシア」などを収録し、バンドは一気にその人気を不動のものとします。

  • RENAISSANCE / SCHEHERAZADE AND OTHER STORIES

    フルオーケストラを動員したクラシカル・シンフォニック・ロックの最高峰!75年作4th

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は75年にリリースされた4thであり、彼らの代表作の呼び声も多い名盤。特にリムスキー・コルサコフの同名交響曲に端を発した「シェエラザード夜話」は、「アラビアン・ナイト」の世界をコンセプトに据えた20分を超える超大作であり、オーケストラ・サウンドとロックの融合を目指した英国ロックの1つの結論と呼ぶべき傑作。米国での成功で勢いに乗った彼らの生み出したシンフォニック・ロックの世界は他の追随を許しません。

  • RENAISSANCE / LIVE AT THE CARNEGIE HALL

    ベスト選曲と言える76年発表のライヴ作

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は76年にリリースされたライブ作であり、アメリカのカーネギー・ホールにてオーケストラを率いて録音(75年6月)された名盤です。デビューアルバムから、アメリカへの足がかりとなった名盤「Scheherazade And Other Stories」までの代表作が余すことなく並んでおり、Annie HaslamのソプラノボーカルとNYフィルのオーケストラが絶妙に溶け合い、孤高のシンフォニック・ロックを作り上げています。

  • RENAISSANCE / NOVELLA

    77年作、邦題「お伽噺」

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は77年にリリースされた6thであり、彼らの代表作の呼び声も多い名盤。「Scheherazade And Other Stories」の評価とアメリカでのコンサートの成功によってWEAとワールドワイド・リリースを契約、まさに絶頂を迎えた彼らの自信に溢れた作品となっています。ロック・フォーク・クラシックという彼らの3大要素が惜しみなく発揮されており、女性ボーカル系シンフォニック・ロックの金字塔的な作品といえるでしょう。

  • RENAISSANCE / A SONG FOR ALL SEASONS

    ポップかつメロディアスな作風の78年作、名盤

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は78年にリリースされた7thであり、前作同様にオーケストラを取り入れたシンフォニック・ロックを披露。アコースティックな味わいとAnnie Haslamのソプラノボーカルが彩るトラッディーな味わいは相変わらず心地良く響いており、明るくきらびやかな作風となっています。音楽的にはやや意図的なポップ・センスが感じられており、バンドで重要な位置を占めるキーボードはシンセサイザーなどエレクトリックな方向性が見え始めるなど、時代の流れと共に変化する彼らの姿が見受けられます。

  • RENAISSANCE / DREAMS AND OMENS – LIVE AT THE TOWER THEATRE 1978

    78年アメリカ公演、「CARPET OF THE SUN」「DAY OF THE DREAMER」など収録、全6曲

  • RENAISSANCE / AZURE D’OR

    黄金期の流麗なクラシカル・タッチはそのままに、よりポップな感性が磨かれた79年作

    79年作。クラシカルなテイストはそのままに、ポップ色が増し、クラシカル・ポップというべき洗練された心踊るサウンドが素晴らしい逸品。

  • RENAISSANCE / KING BISCUIT PART 1

    77年、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団との共演ライヴ

  • RENAISSANCE / LIVE AT BBC SIGHT AND SOUND

    75-77年のBBCライヴ音源&映像を収録、全31曲

    • OTLCD7467

      スリップケース付き仕様、3CD+DVDの4枚組、解説元から無し、NTSC方式、リージョンフリー、定価4200+税

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

      2枚は盤に小傷あり、スリップケースに若干圧痕あり

  • RENAISSANCE / TALES OF 1001 NIGHTS VOLUME II

    76〜79年のライブを含む第二期ルネッサンスのベスト盤、全8曲

「RENAISSANCEの在庫」をもっと見る

ARMAGEDDONの在庫

  • ARMAGEDDON / ARMAGEDDON

    YARDBIRDS〜RENAISSANCEのキース・レルフ、元CAPTAIN BEYONDのボビー・コールドウェルらによるグループ、スピード感溢れる英ハードの名作、75年作

    Keith Relf、元STEAMHAMMERのギタリストMartin Pugh、元CAPTAIN BEYONDのBobby Caldwellが中心となって結成されたグループ。75年の唯一作。疾走感溢れるエネルギッシュなハード・ロックが魅力で、エッジの立った鋭角なリフを切り刻むギターと前のめりに暴走するドラムが印象的。英ハードの名作。

「ARMAGEDDONの在庫」をもっと見る

ILLUSIONの在庫

  • ILLUSION / ENCHANTED CARESS

    元ヤードバーズのキース・レルフとジム・マッカーティを中心とするオリジナル・ルネッサンスのメンバーで結成されたグループ、幻の3作目、79年録音/90年リリース、キース・レルフ最期の録音となった「All The Falling Angels」収録

    元ヤードバーズのキース・レルフとジム・マッカーティを中心に69年に結成したオリジナル・ルネサンス。そのメンバーが76年に再度集結して結成されたイリュージョンによる79年録音90年リリースの3rd。パンク〜ニューウェーヴ・ムーヴメントが吹き荒れていた時期とは思えない、70年代ブリティッシュ・ロックの豊潤かつ陰影に富んだサウンドが堪能できる一枚。栄華を極めた70’sブリティッシュ・ロック最後の輝きと言うべき名品に仕上がっています。

「ILLUSIONの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事