プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ルーツを探る!マイク・オールドフィールドのフェイバリット・アルバム13選

海外音楽サイトQUIETUSが掲載したマイク・オールドフィールドのフェイバリット・アルバム13選をピックアップいたします。自分で曲を作り始める前に聴いていたアルバムだそうで、クラシックやフォーク、ロックといった幅広い作品が並んでいます。彼の音楽に大いに影響を与えた作品たちだと思うと大変興味深いものがありますね。

まずはクラシックの5作品!幼い頃から教会の学校でクラシックに慣れ親しんでいたそうです。

「REQUIEM」 BY Gabriel Faure

試聴 Click!

「Piano Concerto in G」 BY Ravel

試聴 Click!

「Symphony No 5」 BY Sibelius

試聴 Click!

「Gymnopedies」 BY Erik Satie

試聴 Click!

「Symphony No 5」 BY Mahler

試聴 Click!

さて、ここからはロック・ファンにもお馴染みの作品です!

「The Lady & The Unicorn」 BY John Renbourn

中世英国の古楽/トラッドを自己流の解釈で蘇らせた70年の名盤。初期マイクのサウンドにそのまま通じるものがあります。マイク自身のコメントによると、当時の彼にとってレンボーンのように弾けるようになることが人生の目標だったのだそうです。

試聴 Click!

「IV」 BY Led Zeppelin

当時英国中の若者を夢中にさせた本作ですが、ご多分に漏れず十代だったマイクも本作にかなりの衝撃を受けたようです。彼は、本作で美しいアコースティックギターのプレイと完成されたエレクトリック・ギターのプレイを見事に弾き分けるジミー・ペイジの才能を非常に評価していると語っています。

試聴 Click!

「Disraeli Gears」 BY Cream

本作が発表された67年と言えば、マイクが姉サリーとフォーク・デュオSallyangieを結成した年。純度100%のブリティッシュ・フォークを鳴らしていたのと同時期に、このアルバムを熱心に聴いていたのかと思うと興味深いですよね。

試聴 Click!

「Hair」 OST

ミュージカル・シアターのライヴ・バンドに呼ばれ演奏していたそう。
「Let The Sunshine In」を演奏するのが楽しみだったとコメントしています。だんだんと盛り上がっていくのが好きだそう。

試聴 Click!

「Sound Of The Sitar」 BY Ravi Shankar

言わずと知れたシタール奏者ラヴィ・シャンカルの65年作。この作品と64年作の「Portrait Of A Genius」がとても好きだそう。シタールだけでなく、タブラの演奏も素晴らしいとコメントしています。

試聴 Click!

「A Drop Of The Hard Stuff」 BY The Dubliners

母親がアイルランド人であるマイクのまさにルーツと言えるアイリッシュ・フォークの大御所が彼ら。フィドルやバンジョー、そしてダブリン訛り?の味わい深いヴォーカルが哀愁を誘います。

試聴 Click!

「Septober Energy」 BY Centipede

ロバート・フリップのプロデュース、クリムゾンでも異彩を放ったピアニスト、キース・ティペットを中心に、イアン・カー、エルトン・ディーンなど総勢50名以上のミュージシャンが参加した英ジャズ・ロックの大名盤。このアルバムの完成度とスケールの大きさに圧倒されたマイク、このような大きな仕事をいつか自身も成し遂げたいと思い、それが『TUBULER BELLS』を制作する動機の一つとなったと語っています。本作がなければ『TUBULER BELLS』は誕生しなかったわけですね!

試聴 Click!

「Star Clusters, Nebulae and Places In Devon」 BY David Bedford

ケヴィン・エアーズのバンド、ザ・ホール・ワールドで共に活動、後年には『ORCHESTRAL TUBULER BELLS』の指揮も務めたD.ベッドフォードの作品。マイクは尊敬すべき偉大な前衛音楽家とデヴィッドを評しています。ちなみに彼とは共通の趣味である模型飛行機飛ばしを通じて意気投合したらしいです。

試聴 Click!

いかがでしたか?
原文はこちら
http://thequietus.com/articles/21611-mike-oldfield-interview-favourite-albums?page=1

こちらもぜひ合わせてお読みください!


ケヴィン・エアーズ&マイク・オールドフィールドから出発する「天賦の才に満ちた気鋭ギタリスト」探求ナビ

【関連記事】

ケヴィン・エアーズ&マイク・オールドフィールドから出発する「天賦の才に満ちた気鋭ギタリスト」探求ナビ

「天賦の才に満ちた気鋭ギタリスト」というテーマで、世界のロック名盤をピックアップいたしましょう。


特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

【関連記事】

特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

英米プログレ界の実力派/個性派名男性ヴォーカルを大特集!

MIKE OLDFIELDの在庫

  • MIKE OLDFIELD / LIVE IN GERMANY 1980

    80年ドイツでのライヴ音源を収録、マギー・ライリーやモーリス・パートら参加

  • MIKE OLDFIELD / CARNEGIE HALL 1993

    93年NYカーネギーホール公演のラジオ放送用録音、全14曲

  • MIKE OLDFIELD / ADVENTURES IN HANNOVER

    81年ハノーファーでのラジオ放送用ライヴ音源、「Ommadawn Pt1」「Tubular Bells Pt2」など含む全13曲

  • MIKE OLDFIELD / LOST TAPES

    84年、スペイン・サンセバスチャンでのラジオ放送用ライヴ録音、全11曲、20年リリース

  • MIKE OLDFIELD / TUBULAR BELLS

    弱冠20歳の若き才能が多重録音を駆使してほぼ単独で作り上げた英国プログレの金字塔的名作、73年リリース

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの73年デビューアルバム。契約第1号アーティストのデビュー作としてヴァージンレコードの飛躍にも多大な貢献をした大名盤であり、また、本人の意図の範疇ではないながらも映画「エクソシスト」のテーマとしても有名な作品です。そのためおどろおどろしいイメージを持たれがちですが、実際はどこまでも美しく、雄大な自然を想起させる25分、23分の大曲2曲であり、膨大な数の地道なオーバーダビングを繰り返して作られた完全無欠の音像は70年代ロック史に深く刻み込まれています。

  • MIKE OLDFIELD / HERGEST RIDGE

    74年作リリース、雄大な情景美を描くギタープレイが絶品なスケール感溢れる第ニ作!

    前作同様、多重録音を駆使して制作された2作目。74年作。多彩なゲストの参加やデヴィッド・ベッドフォードのストリングスを導入するなど、さらにスケールアップした作品。

    • UICY25552

      SHM-CD、マスター2010年、ボーナス・トラック2曲、定価1714+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      若干タバコのにおいあり

    • 5326754UNIVERSAL

      デジパック・スリップケース付仕様、2CD+DVDの3枚組、DVDの入力方式・リージョン不明、CDには74年オリジナル・ミックス、DVDには2010年5.1サラウンド・ミックスを収録

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      1枚は盤に傷あり

  • MIKE OLDFIELD / OMMADAWN

    75年作3rd、アイルランド人の血を引く彼のケルト音楽への想いが集約された、初期の大傑作!

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの75年3rd。淡く儚い旋律が印象的な物悲しいイントロで幕を開け 、ケルティックなフレーバーをまぶしながら牧歌的な叙情を感じさせます。女性ボーカルの効果的な登用、そしてアフリカン・パーカッションはじめ民族楽器の導入によるエキゾチックさも楽曲に上手く溶け込み、それを覆う爽やかな雰囲気は彼の一番の個性と言えるでしょう。精神を病むほどに追い込まれながら、一切の妥協なく練り上げられた名盤です。

  • MIKE OLDFIELD / PLATINUM

    英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、79年作

    1970年代の最後を飾るマイク・オールドフィールドの5枚目のオリジナル・アルバム。彼が敬愛するミニマル・ミュージックの巨匠、フィリップ・グラスの『ノース・スター』を取り上げたり、テクノ的要素を取り入れたりと、それまでとは異なった試みを行なった1枚。大作指向からポップなサウンドへの移行はその後の方向性を垣間みることができる。79年作。

  • MIKE OLDFIELD / Q.E.2

    英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、小曲を中心に構成された80年作、フィル・コリンズやモーリス・パートが参加

    80年作。

  • MIKE OLDFIELD / FIVE MILES OUT

    イギリスが誇る天才マルチ・プレイヤー、自身のルーツであるケルト音楽的壮大さと次作『CRISIS』へと繋がるマイク流ポップセンスが一体となった82年作!

  • MIKE OLDFIELD / CRISES

    英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、83年作、大ヒットチューン「Moonlight Shadow」収録の人気作!

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの83年作。MIKE OLDFIELDの作品の中でも、プログレッシブ・ロックという枠を超えて広く聴かれるべき名盤であり、MIKE OLDFIELDらしい大曲「Crises」に始まり、RENAISSANCEのAnnie Haslamなど多くのアーティストにカバーされている非常にポップな名曲「Moonlight Shadow」、YESのJon Andersonのボーカルによる「In High Places」など、当時のAOR風味を適度に織り交ぜながらも、MIKE OLDFIELDらしい爽やかなサウンドで聴かせています。

  • MIKE OLDFIELD / DISCOVERY

    英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、全8曲中7曲がヴォーカル・ナンバーというポップさを押し出した内容、84年作

    1984年作品。マギー・ライリーの起用、サイモン・フィリップスとの共同プロデュースも前作と同じ。

  • MIKE OLDFIELD / KILLING FIELDS

    英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、84年作

  • MIKE OLDFIELD / COMPLETE MIKE OLDFIELD

    85年編集のベスト、全27トラック

  • MIKE OLDFIELD / ISLANDS

    英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、87年作

    1987年作品。『ディスカバリー』以来となる、3年ぶりのオリジナル・アルバムで、構成的には『ファイヴ・マイルズ・アウト』や『クライシス』に近い作品。

  • MIKE OLDFIELD / EARTH MOVING

    英国が誇る天才マルチ・ミュージシャン、89年作

    1989年作品。多彩なヴォーカリストを迎えた、アダルト・オリエンテッド・ポップスを収録した作品。

  • MIKE OLDFIELD / HEAVEN’S OPEN

    自身が初めてメイン・ヴォーカルを担当、マイケル・オールドフィールド名義で発表された91年作

    マイケル・オールドフィールド名義でリリースされた91年作。

  • MIKE OLDFIELD / SONGS OF DISTANT EARTH

    アーサー・C・クラークによるSF長編を題材にした94年作

  • MIKE OLDFIELD / VOYAGER

    英国が誇る天才マルチ・ミュージシャン、自身のルーツである「ケルト」をテーマに据えた96年作

  • MIKE OLDFIELD / GUITARS

    マイクのギタリストとしての才能を堪能できる99年作

  • MIKE OLDFIELD / A FOREIGN AFFAIR

    84年イタリア公演のラジオ放送用録音、全19曲

  • MIKE OLDFIELD / LIVE THEN AND NOW

    99年ブロードキャスト用ライヴ録音を収録、全22曲

「MIKE OLDFIELDの在庫」をもっと見る

関連在庫CD

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。