プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「そしてロックで泣け!」第二十三回 ロッカンダ・デッレ・ファーテの「蛍が消える時(Forse Le Lucciole Non Si Amano Piu)」

当連載も20回を超えたところでなんですが、タイトルのバックに使われている画像は、イタリアン・ロック・バンド、レ・オルメが73年に発表した傑作『フェローナとソローナの伝説』のアルバム・ジャケットです。それにしてはイタリアものをひとつもとりあげていないのはどうかと思うので、今回はイタリアものの泣ける曲を紹介したい。

しかしコアなプログレ・ファンならイタリアをはじめとするユーロ系プログレも分け隔てなく聞くだろうけど、普通に洋楽を聴いてきたような人がイタリアン・ロックへ向かうには、ちょっとばかりハードルがある。

ひとつには言語の問題。英語は聴き慣れているけど、イタリア語ってなじみがないので、いきなり歌いはじめに「イレ~」とか、「オンブレ~」とか言われたら違和感がある。バンド名もバンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソとか、イル・バレット・ディ・ブロンゾとか、ロヴェッショ・デッラ・メダーリャとか、聞きなれない単語なので舌を噛みそうになる。
 
叙情的なものはイタリアン・ロックにも多いけど、ブリティッシュ・ロックとは叙情性の質がちょっと違っていて、単純に言うとブリティッシュ・ロックはシリアス、イタリアン・ロックはロマンチシズムと、そんな感じかな? そのロマンチシズムが過ぎるということにも拒否反応を示す人がいると思う。思わず「あまーい!」と叫びたくなってしまうほどのロマン、ロマン、ロマン溢れるサウンドとメロディが洪水のごとく押し寄せてくると、僕みたいな大阪の片田舎で育った人間は、聴いていて少し照れくさくもなってくる。
 
いや、でもイタリアン・ロックだってブリティッシュ・ロックと同じで、バンドによって音楽性は様々だ。カケレコ・ユーザーにあらためて言うまでもないかもしれないけど、言語の違和感を覚えさせないほどに優れた楽曲が数多くある。ぜひ多くの人にイタリアン・ロックを聴いてもらえたらと思う。と、さらに多くの人をプログレの底なし沼へ……。
 
それにしては20回も連載してて、イタリアものを1曲もとりあげてないとは! ということで、数あるイタリアン・ロックの中でも叙情的で泣ける曲のトップと僕が信じて疑わないロッカンダ・デッレ・ファーテ「蛍が消える時(Forse Le Lucciole Non Si Amano Piu)」を紹介したい。
 
ロッカンダ・デッレ・ファーテはイタリア北西部のピエモンテ州で70年代中ごろに結成されている。メンバーは…とカタカナで書いていこうと思ったけど読みがわからないので原語で書くと、キーボードのOscar Mazzoglio、ベースのLuciano Boero、ドラムのGiorgio Gardinoが中心となり、ギターのAlberto Gaviglio、ギターとヴォーカルにフルートも担当するEzio Vevey、キーボード担当のMichele Conta、ヴォーカル担当のLeonardo Sassoというツイン・ギター、ツイン・キーボードの編成だった。
 
ブリティッシュ・プログレッシヴ・ロックの影響を受けながら独自の音楽を目指し、かなり濃密な楽曲制作に打ち込んだという。そのデモが認められてポリドールと契約。レーベル仲間と一緒に“Phonogram…mania”と銘打たれたツアー・イベントに参加した後の77年に発表されたのが『妖精(FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIU)』だった。

ジャケットを見ただけでもため息ものでしょ? キャメル『ムーンマッドネス』に匹敵するファンタジーの世界。でもわざとらしさや嫌味がないという美麗極まりないものとなっている。せっかくなので1曲目のインスト曲「ひとときの静寂(A Volte Un Istante Di Quiete」から聴いていただきましょう。

A Volte Un Istante Di Quiete

試聴 Click!

どうです!転がるようにクラシカルなピアノの響きから、一転してハードに。フルートを伴うゆったりとした中間部から、さらに緩急のきいた展開で駆け抜けていく構成が素晴らしいでしょ!それに続くのが、今回紹介したい「蛍が消える時」です。

Forse Le Lucciole Non Si Amano Piu

試聴 Click!

オープニングの雨だれのようなビブラフォンとピアノからリリカルそのもの。ハープシコードとフルートをバックに、熱いヴォーカルが乗る歌パートとバロック調でテクニカルなインスト・パートが交互に登場し、やがて歌も演奏もともに熱さを増して融合され、6分過ぎから駆け上がっていく。7分ごろに再びオープニングの展開へと戻り、叙情的なメロディが緩やかにフェイドアウトしていく。
 
1曲目「ひとときの静寂」もそうだけど、パートごとの各種キーボードの使い分け、ビブラフォンやフルートの挿入の仕方など、きめ細やかなアレンジが施されている。小技をきかせて歌うほどに饒舌なドラムも素晴らしい。イタリア特有のロマンチシズムもあるけど、甘くなり過ぎずに適度なハードさを交えて9分という長さをサラッと聴かせてくれる。テクニックもセンスも抜群で、イタリアものに苦手意識のある人でも、叙情メロ愛好家であれば、この曲にはグッとくるのでは?
 
正直なところ冒頭2曲の出来がズバ抜けているけど、残りの曲も佳曲ばかり。イタリアン・ロック史に残る傑作と思う。
 
彼らは78年にシングル「New York / Nove Lune」を発表。この2曲は再発CDにもボーナスで収録されていた。80年にはLA LOCANDAと改名してシングル「Annalisa / Volare Un Po Piu In Alto」を発表。ポップかつロマンチシズム過多ではあるけど叙情的な曲になっている。だが時代の流れには抗えずに解散してしまう。
 
93年には、“Phonogram…Mania”のツアー時に録音された音源が『LIVE』として発掘CD化。音質は良くないが、当時のライヴの様子がうかがえる貴重な音源だ。99年に再結成して2作目となる『HOMO HOMINI LUPUS』を発表。ゆったりとしたテンポの歌もの中心で、穏やかな作風の良作だったが、『妖精』を期待したらガッカリするかも。2010年にはよりオリジナルに近いメンバーで再結成して、12年には過去曲の新録+77年のライヴ音源を収録した『MISSING LINK』を発表。こちらはかなり良い仕上がりになっている。さあ、みんなでプログレの底なし沼へ!
 
それでは、来月もロックで泣け!



「そしてロックで泣け!」第二十ニ回 アフロディテズ・チャイルドの「イッツ・ファイヴ・オクロック」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第二十ニ回 アフロディテズ・チャイルドの「イッツ・ファイヴ・オクロック」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第二十一回 UFOの「クリスタル・ライト」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第二十一回 UFOの「クリスタル・ライト」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第二十回 ストロウブスの「ベネディクトゥス」「ザ・フラワー・アンド・ザ・ヤング・マン」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第二十回 ストロウブスの「ベネディクトゥス」「ザ・フラワー・アンド・ザ・ヤング・マン」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第十九回 マリリオンの「ビューティフル」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十九回 マリリオンの「ビューティフル」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第十八回 イリュージョンの「マドンナ・ブルー」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十八回 イリュージョンの「マドンナ・ブルー」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第十七回 ニルヴァーナの「ザ・ワールド・イズ・コールド・ウィズアウト・ユー」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十七回 ニルヴァーナの「ザ・ワールド・イズ・コールド・ウィズアウト・ユー」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第十六回 パブロフズ・ドッグの「オンリー・ユー」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十六回 パブロフズ・ドッグの「オンリー・ユー」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第十五回 カルメンの「アイヴ・ビーン・クライング」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十五回 カルメンの「アイヴ・ビーン・クライング」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第十四回 ジューシー・ルーシーの「オール・マイ・ライフ」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十四回 ジューシー・ルーシーの「オール・マイ・ライフ」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第十三回 トリリオンの「ラヴ・ミー・エニイタイム」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十三回 トリリオンの「ラヴ・ミー・エニイタイム」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第十二回 トム・ニューマンの「サッド・シング」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十二回 トム・ニューマンの「サッド・シング」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第十ー回 レイクの「ドゥ・アイ・ラヴ・ユー」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十ー回 レイクの「ドゥ・アイ・ラヴ・ユー」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第十回 ナルニア「アガペー」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十回 ナルニア「アガペー」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第九回 スパイロジャイラ「ブリング・ミー・バック」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第九回 スパイロジャイラ「ブリング・ミー・バック」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第八回 バークレイ・ジェイムズ・ハーヴェスト「サン・ウィル・ネヴァー・シャイン」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第八回 バークレイ・ジェイムズ・ハーヴェスト「サン・ウィル・ネヴァー・シャイン」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第七回 スコーピオンズ「フライ・ピープル・フライ」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第七回 スコーピオンズ「フライ・ピープル・フライ」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第六回 インクレディブル・ストリング・バンド「ザ・サークル・イズ・アンブロークン」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第六回 インクレディブル・ストリング・バンド「ザ・サークル・イズ・アンブロークン」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第五回 カヤック「アンディサイデッド」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第五回 カヤック「アンディサイデッド」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第四回 マグナム「ステイン・アライヴ」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第四回 マグナム「ステイン・アライヴ」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第三回 マディ・プライア「ディープ・イン・ザ・ダーケスト・ナイト」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第三回 マディ・プライア「ディープ・イン・ザ・ダーケスト・ナイト」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第二回 グレイヴィ・トレイン「アローン・イン・ジョージア」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第二回 グレイヴィ・トレイン「アローン・イン・ジョージア」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第一回 ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第一回 ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。

LOCANDA DELLE FATEの在庫

  • LOCANDA DELLE FATE / MISSING FIREFLIES

    これは驚きました!イタリアン・シンフォの最高峰バンドによる2012年作、1曲目を聴いて心躍らないプログレ・ファンは居ないと断言!

    77年にイタリアン・シンフォ屈指の傑作をリリースしたグループによる、2012年再結成作。ヴォーカル、キーボード、ドラム、ベースのオリジナル・メンバー4人に加えて、ギターとキーボードの2人を新たなメンバーとして迎えた6人編成。いや〜、1曲目を聴いて心躍らないプログレ・ファンは一人もいないと断言!77年作に比べて幾分力強くタイトなドラムを土台に、ヴィンテージな音色のファンタスティックなキーボードとマイルドな歪みのギターがリズムを刻む中、ムーグ・シンセがどこまでも続くようにリリカルなフレーズを奏でる。場面が切り替わるように、ムーグからギターへとリードが移り、あの77年作を彷彿とさせる、繊細なタッチの歌心いっぱいのギターが流れると、もう胸がいっぱいになります。手数多くシャープにリズム隊が走りだし、キレのある変拍子の中をピアノが流麗にフレーズを奏でる・・・もうあまりの素晴らしさに笑みがこぼれます。ふぅ、あれ、はじまってからまだ5分しかたってない!8分を超える大曲2曲を含む新録の4曲の完成度の高さは圧巻の一言です。77年のライヴ音源(クリアなオーディエンス録音)を3曲収録しており、そちらももちろん素晴らしい。ベテランの復活作とは思えない瑞々しさに溢れた大傑作です!

  • LOCANDA DELLE FATE / FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIU

    イタリアン・シンフォニック・ロックの頂点に君臨する名盤中の名盤、77年作

    単発ながらイタリアン・シンフォニック・プログレッシブ・ロックの頂点に君臨する名盤を生み出したグループによる77年作。テクニカルでタイトなリズム・セクションをボトムに、アコースティック・ピアノやアナログ・シンセサイザー、チェンバロ、ギター、フルートといった楽器がふくよかなサウンドを彩る作風であり、ツイン・キーボード、ツイン・ギター編成で聴かせるその叙情性とファンタジアはイタリアン・シンフォニック・ロックの中でも飛びぬけたクオリティーを誇ります。PREMIATA FORNERIA MARCONIやMAXOPHONEといった叙情性と牧歌的な雰囲気を持ったグループにも全く引けを取らない奇跡の1枚であり、且つスリリングな技巧に裏打ちされた名盤となっています。

「LOCANDA DELLE FATEの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事