プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。 – 第十四回 キャメル『ハーバー・オブ・ティアーズ』

こんにちは、カケレコ・スタッフ佐藤です。

「スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。」は、一般的にはあまり注目を集めることのない作品ながら「実は良い作品なんだけどなぁ、もっと聴かれてほしいなぁ。」とスタッフ佐藤が日頃から感じている、愛して止まない作品たちを取り上げてご紹介していこうというコーナー。

今回取り上げるのは、キャメルの96年作『ハーバー・オブ・ティアーズ』です。

来たる5月、16年ぶりにキャメルが来日公演を行います。しかも、単独公演に加え、「ROGRESSIVE ROCK FES 2016」のステージではスティーヴ・ハケットとともに出演。プログレッシヴ・ロックを代表する大物2組のライヴを一度に楽しめるなんて、プログレファンにとっては至上の喜びですよね!スタッフ佐藤も今から心待ちにしています。

73年というプログレッシヴ・ロック人気がピークを迎えた時期にデビュー、英国然としたセンチメンタルで叙情的なシンフォニック・ロック・スタイルを築き上げ、英国プログレの代表的グループの一つとなったキャメル。

後進バンドに与えた影響の大きさは5大バンドをも凌ぐほどで、現在も世界各国から彼らのサウンドを手本にしたバンドが絶えることなく登場しています。

さて、そんなキャメル、最高傑作を挙げるとするなら、やはりポール・ギャリコの小説を音像化した75年作『スノー・グース』ということになるでしょうか。13年には素晴らしいリメイク・アルバムが発表されたことも記憶に新しいですよね。バンド自身にとっても特別な作品であることがうかがえます。

ただスタッフ佐藤、この『スノー・グース』によって初めてキャメルに触れた時、どうにもその良さがわからず、不遜にも「あ、キャメルはダメかもな」と思ってしまったのです。ちょうど5大バンドの次のステップとして、GGやVDGGと同時期に聴いたキャメルだったため、どこかパンチの足りない音楽だと結論付けてしまったように思います。今でこそ『スノー・グース』『ムーンマッドネス』などは愛聴盤となっていますが、初期キャメルの良さがわかるまでには実際のところ数年の時間を要しました。

70年代の作品よりも先にキャメルの素晴らしさを実感できたのが、実は90年代の作品によってでした。そのきっかけとなったのが近所の中古CD店で何気なく手にとった96年作『ハーバー・オブ・ティアーズ』です。

ギタリストのアンディ・ラティマー主導のもと活動していた80年代-90年代のキャメルは、活動休止期間を挟みながらも、東西分割時代のベルリンやスタインベック『怒りの葡萄』など歴史的・社会的なテーマを取り上げたコンセプト・アルバムをリリース。この『ハーバー・オブ・ティアーズ』も、アイルランドを征服したイギリスの植民地政策によって多くのアイルランド人がアメリカへの移住を強いられた「アイルランドの悲劇」を題材にしたコンセプト作品となっています。

随所にアイルランド民謡やケルト音楽を想わせる美しくも物悲しい旋律を織り交ぜシリアス且つ重厚に展開していく本作、一本の映画にも匹敵する濃密なドラマが繰り広げられています。親兄弟と引き裂かれたアイルランド人たちの嘆きを表現するように悲哀を帯びたラティマーのギターがむせび泣きます。

最大の聴き所は、代表曲と言える「COMING OF THE AGE」から23分に及ぶ「THE HOUR CANDLE」へのラスト2曲の流れでしょう。緊張感みなぎる展開の中でも終始メロディアスに紡がれるギタープレイがただただ圧巻な「COMING OF THE AGE」、天を駆けるようなスケールで叙情美を描くギターに思わず目頭が熱くなる「THE HOUR CANDLE」。アンディ・ラティマーのギタリストとしての比類なき表現力が凝縮された2曲だと思います。さらにこの最終曲、23分は23分なのですが、演奏は最初の8分だけで、あとの15分はただ遠くに潮騒が聞こえるのみ。これがまた素晴らしい演出になっていて、この重厚なドラマの幕を閉じるのにいい余韻になっているんですよね。泣かせます。

COMING OF THE AGE

試聴 Click!

THE HOUR CANDLE

試聴 Click!

「スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。」他の記事はコチラ!

CAMELの在庫

  • CAMEL / PARIS COLLECTION

    00年パリ公演

  • CAMEL / MIRAGE

    74年リリース、初期の代表曲「LADY FANTASY」収録の2nd

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの74年2nd。名盤となる次作「The Snow Goose」に見られるファンタジックさと気品に比べるとPeter Bardensのキーボードが若干おとなしく、その代わりAndrew Latimerのギターが前に出て渋く泣いているようなイメージであり、全体的にややハードな雰囲気が漂っているものの、その音像は単純なハード・ロックとは全く違う甘みを感じるものであり、フルートの効果的な使用も相まって、マイルドな質感を醸し出しています。自作につながるようなファンタジックさの片鱗も見え隠れする素晴らしい作品です。

  • CAMEL / SNOW GOOSE

    ポール・ギャリコ「白雁」をモチーフにリリカルかつイマジネーション豊かに綴られる、一大コンセプト・アルバム傑作、75年発表

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの75年3rd。オーケストラ・セクションを迎え、ポール・ギャリコの小説「白雁」をコンセプトに掲げたアルバムであり、全編インストルメンタルによる彼らの代表作の1つです。特にAndrew Latimerによるフルートの優しげな調べが印象的な「ラヤダー」は、澄んだシンフォニック・ロックのお手本として有名であり、同じくフルートを扱いながらもアプローチの全く違うJethro Tullとの比較で論じられています。決して派手さはないものの優しさとロマンに溢れており、肌触りの良いギターやPeter Bardensによるキーボードの音色、リズムセクションの軽快さ、そしてインストルメンタルのハンディを感じさせないメロディーとアレンジの上手さで御伽噺の世界をマイルドに表現しきった名盤です。

  • CAMEL / A LIVE RECORD

    オーケストラとの共演による名ライヴ・アルバム、78年リリース

    74〜77年にわたるライヴ・ステージのハイライトを収録。オーケストラとの共演による「白雁」組曲は圧巻。1978年作品。

  • CAMEL / DUST AND DREAMS

    スタインベック『怒りの葡萄』を題材にした78年発表の名作

    キャメルの傑作のひとつに数えられる永遠の名作。ジョン・スタインベックの「怒りの葡萄」をモチーフにした音楽文学。

  • CAMEL / LIVE IN CONCERT PRESSURE POINTS

    84年リリースのライヴ盤、全10曲

  • CAMEL / ON THE ROAD 1972

    オリジナル・ラインナップによる72年ライヴ音源、92年リリース

  • CAMEL / ON THE ROAD 1982

    94年リリース、82年のライヴ音源、全14曲

  • CAMEL / HARBOR OF TEARS

    「アイルランドの悲劇」をテーマに綴られる重厚かつ感動的なコンセプト作、96年リリース

    アンディ・ラティマーの祖母の体験を基にしたアイルランド移民の悲劇を作品化。ケルトの旋律と激しい情念を描き出すラティマーのギターが感動を呼び込む名作。

  • CAMEL / COMING OF AGE (CD)

    97年ワールドツアーの模様を収録したライヴ盤、全28曲

  • CAMEL / RAJAZ

    ラティマーの極上ギターを全編で堪能できる99年作

    出会い、そして別れ。アンティ・ラティマーのギターが紡ぎ出す8つの物語。

  • CAMEL / A COMPACT COMPILATION

    74年〜77年の全盛期から選曲されたベスト、全13曲

  • CAMEL / COLLECTION

    全12曲

「CAMELの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事