プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【改訂】マルチ・プレイヤー特集!プログレ編

プログレ系のミュージシャンの中には、楽器の巧さは勿論のこと複数の楽器を自在に演奏してしまう強者もたくさん存在しますよね。そこで今回は、プログレッシヴ・ロック・シーンより才能豊かなマルチ・プレイヤーに焦点を当てて、代表作とともにご紹介してまいりたいと思います☆

Mike Oldfield(TUBULAR BELLS)

プログレにおけるマルチ・プレイヤーの代表格と言えばこの人。10種類を超える楽器を使いこなし2400回という鬼のようなオーバーダビングを重ねほぼ単独で作り上げた金字塔「チューブラー・ベルズ」であまりに有名ですね。当時冒頭の不穏な反復フレーズだけが切り出され広く知れ渡った本作ですが、そこを過ぎると英国の田園や丘陵地帯をイメージさせる雄大な音像が広がっているんですよね~。

試聴 Click!


Pekka Pohjola(KEESOJEN LEHTO)

フィンランドの名バンドWIGWAMに在籍し、ソロ時代には「北欧のマイク・オールドフィールド」とも言われる幻想的かつ温もり溢れる親しみやすい作風で活躍したアーティスト。マルチ・プレイヤーとしても本職のベースと各種キーボードの他、作品によってはドラムやヴァイオリンも操る多才ぶりを発揮します。本作はマイク・オールドフィールド当人のゲスト参加した77年の作品で、鬼才2人がファンタスティックに音を紡いでいくアンサンブルは実に感動的。

試聴 Click!


Bo Hansson(SAGAN OM RINGEN[LORD OF THE RINGS])


もう一人の「北欧のマイク・オールドフィールド」がスウェーデン出身のボ・ハンソン。多種にわたるキーボード群、ギター、ベースを操り「指輪物語」を音像化した70年作が有名ですね。マイクの作風にかなり近い世界観が広がっていますが、チューブラー・ベルズに3年も先んじていた点は特筆すべきでしょう。プログレが産声を上げて間もないこの時期に、これほどの作品をほぼ独力で作り上げてしまった先見性とクリエイティビティには驚かずにいられません。

試聴 Click!


Pepe Maina(IL CANTO DELLARPA E DEL FLAUTO)


今度は「イタリアのマイク・オールドフィールド」。ミラノ出身のマルチ・ミュージシャンで、ギター、シンセ、フルート、リコーダー、シタール、タブラ、中国の古箏などを自身で演奏した、あまりに美しいインストゥルメンタル・ミュージックを聴かせる77年作『IL CANTO DELLARPA E DEL FLAUTO』で知られます。中身とまったくミスマッチなアヴァン・ロックっぽい歯磨きジャケも印象的ですが、どうやらご本人の写真のようです。ちなみに正式な音楽教育は一切受けていないのだそう。才能と言うほかありませんね。

試聴 Click!

大山曜(天翔 – ACROSS THE RIDGE TO HEAVEN)

「~のマイク・オールドフィールド」、ラストは我らが日本から!数多いるマイク・オールドフィールド影響下のアーティストの中で、間違いなく最高峰と呼ぶべきサウンドを奏でているのが、ソロ・プログレ・ユニットASTURIASとして活動するマルチ・プレイヤー大山曜氏。キーボード、ギター、ベースのほかにパーカッション、マンドリン、チェロなどを巧みに弾きこなし、多重録音によって緻密に織り上げられたサウンドは、初期オールドフィールドファンであれば必ずや歓喜が湧き上がってくるはず。

三部作のラストを飾る18年作『天翔 – ACROSS THE RIDGE TO HEAVEN』でも、職人が素材から選び抜き作り上げた手工芸品のような多重録音アンサンブルは健在。瑞々しくも陰影ある弾きのアコギと管弦楽器が紡ぐマイク・オールドフィールド影響下のアコースティック・アンサンブルと、エレキギターが主役のプログレ然としたアグレッシヴでスリリングなアンサンブルが劇的に対比されながらも最後まで淀みなく駆け抜けていく演奏に息を呑みます。初となるフルート(ゲスト奏者)の導入も効いていて、イマジネーションの奔流の如きサウンドをリリカルに彩っており必聴。

試聴 Click!


Mauro Pagani(MAURO PAGANI)


ご存知、初期PFMのヴァイオリン奏者として活躍したイタリア人ミュージシャン。ワールドツアーを成功させ世界的な認知度を獲得した絶頂期PFMを脱退し、地中海沿岸の伝統音楽と真摯に向き合いながら作り上げた1stソロアルバムは、ロック×民族音楽の最良の形とすら言える怒涛の名作ぶり。アレアによるサポートのもと、マウロは、ヴァイオリン、ヴィオラ、フルート、マンドリン、ギリシャ/バルカン地方の民族楽器ブズーキを弾きこなし、美しくも耳に心地いい芳醇なエキゾチズムを醸し出します。

試聴 Click!


GANDALF(TO ANOTHER HORIZON)

80年に第1作をリリースして以来コンスタントに良作を発表し続けている、オーストリア出身のマルチ・プレイヤーGANDALFことHeinz Strobl。シンセをはじめとするキーボード群をメインにギター、ベース、パーカッション等をこなします。80年代前半はマイク・オールドフィールドとジェネシスの中間に位置するような、という表現がピッタリ来る壮大なシンフォニック・ロックを演奏しており、80年代は~という方にもオススメ。時代が下るにつれニューエイジ色が強まるものの、シンフォニック・ロックとのバランス感覚が絶妙で、あくまで「プログレ」なのが素晴らしいところです。

試聴 Click!


Lito Vitale(SOBRE MIEDOS, CREENCIAS Y SUOERSTICIONES)


70年代のアルゼンチンを代表するプログレ・グループの一つミアを弱冠16歳で率いた、紛れもない天才ミュージシャンが彼。キーボードが本職ですが、この81年ファーストソロではキーボード群に加えギター、ベース、ドラム、パーカッション、ヴォーカルと、バンド編成を一人で務めMIA時代に通じる叙情派シンフォニック・ロックを展開。とても20歳のミュージシャンが一人で作ったものとは思えない完成度です。

試聴 Click!


Egberto Gismonti(FANTASIA)


言わずと知れたブラジルの巨匠音楽家ですね。ジャズ/現音の分野で活躍する方ですが、プログレファンにも支持されるシンフォニックなサウンドの作品も発表しています。すべての楽器を完全に一人でこなしたこの82年作では、ピアノ、シンセ、アコギ、パーカッション、カリンバなどに加えてチェロにフルートに管だろうと弦だろうとなんでもござれの怒涛のマルチ・プレイヤーぶりを発揮、しかもそのどれもが達人クラスの腕前というからとんでもありません。ミューズに愛された人間がいるとするなら、この方は間違いなくその一人でしょう。

試聴 Click!



Fredde Gredde(BRIGHTER SKIES)


クラシック古典やアニメソングをメドレー風につなげ全楽器&コーラスを一人で多重録音した動画シリーズによって人気に火がついた、スウェーデンの気鋭マルチ・ミュージシャンFredrik Larsson。リリースされている2枚のアルバムでも、ドラム以外の全てを自身が担当しマルチな手腕を存分に発揮しています。ずばり「一人ムーンサファリ」と呼びたい逸材!

試聴 Click!

試聴 Click!


Chris(SNOW STORIES)


オランダにも才気溢れるマルチ・ミュージシャンがいますよ。ロッテルダム音楽院で学んだ秀才で、本作ではギター、チェロ、ヴァイオリンを除く全てを演奏していますが、本来の担当楽器はドラムという個性派マルチ奏者。こちらもムーンサファリ系統と言えるファンタスティックで温もりいっぱいのサウンドを持ち味としています。

試聴 Click!


Tiger Moth Tales(STORY TELLERS: PART ONE)


躍動感いっぱいに各楽器が交差する演奏と魔法をかけられたかのようにファンタスティックに展開する楽曲に、尋常ではない才能を感じさせる英国の気鋭ミュージシャン。その正体は盲目の英国人マルチ・ミュージシャンPeter Jones。ギターを寝かせてスチールギターのように弾く姿からは信じられない超絶プレイが炸裂していて驚きですよね。2ndにしてこれだけの傑作をものにしている今後の活躍が大きく期待されるミュージシャンです。

試聴 Click!


Ben Craven(GREAT AND TERRIBLE POTIONS)

オーストラリア出身のマルチ・ミュージシャンで、現時点で唯一作となるこの11年作はあのロジャー・ディーンによるアートワーク。ということでサウンドのほうはどうなのか気になるところですが、期待を裏切らない秀作に仕上がっていると言っていいでしょう。オリエンタルな香りも漂わせるギターやシンセのフレーズが織りなすスケール感いっぱいのシンフォニック・ロックは、オーストラリアの雄大な情景を思い描かせるのに十分なクオリティを示します。

試聴 Click!

試聴 Click!


Sunrise Auranaut(FIRST COSMIC)

ロシアにもいます、注目のマルチ・ミュージシャン!憧れのバンドは、ジェネシス、イエス、EL&P、キャメル、ヒープ、エロイ、ホークウィンドという筋金入りの70’sプログレ憧憬型ミュージシャンで、それらのバンドたちを受け継ぐファンタスティックなシンフォニック・ロックをロシア出身らしいスペイシーなシンセサイザーが覆う、まさしく無限に広がる宇宙的スケールを感じさせるようなサウンドを展開しています。

試聴 Click!


BRUNO MANSINI(GOLDEN SOUL)

最後はブラジルはサンパウロから登場した新鋭マルチ・プレイヤー。ヴォーカル、キーボード、ギター、ドラム、パーカッションを中心に演奏していますが、特筆はヴォーカル。巨体と髭面の厳ついビジュアルからは想像できない伸びのある美声で歌い出すものだから驚きます。サウンドも勿論素晴らしくて、MOON SAFARIを思わせる爽やかさとエッジの効いたモダンなヘヴィネスがハイレベルでバランスした完成度の高いメロディアス・プログレを聴かせます。

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • MAURO PAGANI / MAURO PAGANI

    P.F.Mで活躍したヴァイオリニスト、79年作1stソロ、地中海音楽×ロックの大傑作!

    元PFMのヴァイオリン/フルート奏者。77年にPFMを脱退した後は、自身の音楽的ルーツを求め、地中海の民族音楽を探求。その成果として制作された79年作の1stソロ。イスラム文明とキリスト教文明とが幾重にも重なった地中海で育まれた地中海音楽と、ロックやジャズとを結びつけた地中海ロックの頂点に君臨する一枚。マウロは、ヴァイオリン、フルートの他、ギター、オルガン、ピアノ、ピッコロ、ブズーキ、ウード、サズを操るなど、マルチ・インストゥルメンタル奏者としての才能を見事に開花。そこに、AREAやPFMのメンバー、地中海プログレの名グループCANZONIERE DEL LAZIOのメンバーが加わり、アラビックな旋律が渦巻くエキゾチズムとロックのダイナミズムとがぶつかりあった芳醇かつ強靱なサウンドが生み出されています。特にアレアが参加したオープニング・ナンバーは、ヴァイオリンと民族弦楽器とのユニゾンによるこぶしを効かせたようにウネる旋律を軸に、強靱なジャズ・ロック・パート、CANZONIERE〜のメンバーのパーカッションが北アフリカの祝祭に紛れ込んでしまったような土着フレイヴァーを奏でるパートとを対比させながら展開するスケールの大きな名曲。PFMのメンバーが参加したクラシックとジャズと地中海音楽の豊かなフュージョンの豊かなフュージョンを聴かせる4曲目や、デメトリオ・ストラトスの超絶スキャット、マハビシュヌばりのソロの応酬が凄まじい5曲目もまた必聴。様々な時代・地域・民族が交差し溶け込んだコスモポリタン・ロックと言える傑作です!

  • MIKE OLDFIELD / TUBULAR BELLS

    弱冠20歳の若き才能が多重録音を駆使してほぼ単独で作り上げた英国プログレの金字塔的名作、73年リリース

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの73年デビューアルバム。契約第1号アーティストのデビュー作としてヴァージンレコードの飛躍にも多大な貢献をした大名盤であり、また、本人の意図の範疇ではないながらも映画「エクソシスト」のテーマとしても有名な作品です。そのためおどろおどろしいイメージを持たれがちですが、実際はどこまでも美しく、雄大な自然を想起させる25分、23分の大曲2曲であり、膨大な数の地道なオーバーダビングを繰り返して作られた完全無欠の音像は70年代ロック史に深く刻み込まれています。

  • PEPE MAINA / IL CANTO DELLARPA E DEL FLAUTO

    「イタリアのマイク・オールドフィールド」の異名を取るマルチ・ミュージシャン、77年作

    「イタリアのマイク・オールドフィールド」の異名を取るマルチ・ミュージシャン。77年作。ギター、シンセ、ハープ、フルート、タブラ、シタールなど、すべての楽器を自ら演奏し丁寧に紡いだ、ユートピア志向溢れるエスニックなソロ作。温かみを宿した瞑想的なサウンド・メイキング、リズムとビートに重きを置いたワールド志向のアプローチ、そしてサイケデリック終焉後=ノンドラッグな作風という意味では、ジョー・ザヴィヌルのソロ作などが好きな方にも推薦です。

  • BO HANSSON / SAGAN OM RINGEN (LORD OF THE RINGS)

    Mike Oldfieldに比肩する北欧の名マルチ・ミュージシャン、『指輪物語』をモチーフにした70年作

    Mike Oldfieldと並ぶマルチ・インストゥルメンタル奏者であり作曲家、スウェーデン出身。『指輪物語』をモチーフにしたコンセプト・アルバム。70年作。

  • GANDALF / TO ANOTHER HORIZON

    オーストリアのシンフォ系マルチ・ミュージシャン、82年作3rd

    オーストリア出身のマルチインストゥルメンタル奏者Heinz Stroblによるプロジェクト・バンド。82年作の3rdアルバム。重なりあって重厚に鳴り響くアナログ・シンセの神秘的かつ深淵なる響きと、キャメルやジェネシスからの影響を感じるロック的なダイナミズムとが絶妙に組み合わさったスケールの大きなシンフォニック・ロックが特徴。Heinz Stroblはキーボードだけでなく、ギターも達者で、ここぞではスティーヴ・ハケットばりの繊細かつドラマティックなリード・ギターを聴かせます。アコースティック・ギターやフルートによる幻想美も出色。マイク・オールドフィールドとジェネシスの中間に位置するようなサウンドはシンフォニック・ロックのファンはたまらないでしょう。80年代の作品ですが、サウンドの質感は実に70年代的。インストゥルメンタル・シンフォニック・ロックの名作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。