プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

サイケ・ロックのアルバムTOP50 -海外音楽サイトDIGITAL DREAM DOOR.COM発表

海外音楽サイトDIGITAL DREAM DOOR.COMがサイケデリック・ロック・アルバムの中からTOP100をピックアップしています。そのうち上位50位をご紹介いたしましょう。60年代後半を彩った英米の名盤がズラッと並んでいます!

まずは50位~21位までざっとご紹介いたします。

50位:Kaleidoscope /『SIDE TRIPS』(1967)

49位:Donovan /『HURDY GURDY MAN』(1968)

48位:Pink Floyd /『ATOM HEART MOTHER』(1970)

47位:Gong /『CAMEMBERT ELECTRIQUE』(1971)

46位: Ultimate Spinach /『BEHOLD AND SEE』(1968)

45位:Quicksilver Messenger Service /『QUICKSILVER MESSENGER SERVICE』(1968)

44位:Pink Floyd /『A SAUCERFUL OF SECRETS』(1968)

43位:Earth Opera /『EARTH OPERA』(1968)

42位:Moving Sidewalks /『FLASH』(1969)

41位: The Beatles /『MAGICAL MYSTERY TOUR』(1967)

40位: H.P. Lovecraft /『H.P.LOVECRAFT』(1967)

39位:Sagittarius /『PRESENT TENSE』(1967)

38位: West Coast Pop Art Experimental Band /『A CHILD GUIDE TO GOOD AND EVIL』(1968)

37位:Steve Hillage /『L』(1976)

36位:The Charlatans /『AMAZING CHARLATANS』(1996)

35位:The Millenium /『BEGIN』(1968)

34位: Yardbirds /『ROGER THE ENGINEER』(1966)

33位: Clear Light /『CLEAR LIGHT』(1967)

32位:The Moody Blues /『IN SEARCH OF THE LOST CHORD』(1968)

31位:The Incredible String Band /『HANGMAN’S BEAUTIFUL DAUGHTER』(1968)

30位:The Red Crayola /『PARABLE OF ARABLE LAND』(1967)

29位:Jefferson Airplane /『CROWN OF CREATION』(1968)

28位:Love /『FOREVER CHANGES』(1967)

27位: Family /『MUSIC IN A DOLL’S HOUSE』(1968)

26位:The Pretty Things /『S.F.SORROW』(1968)

25位:Traffic /『MR.FANTASY』(1968)

24位:Jimi Hendrix Experience /『ARE YOU EXPERIENCED ?』(1967)

23位:Tomorrow /『TOMORROW』(1968)

22位:Gong /『ANGEL’S EGG』(1973)

21位:West Coast Pop Art Experimental Band /『VOL.2』(1967)

続いて20位から1位まで!
ここからはアルバム収録曲と一緒にお楽しみ下さい。

20位:Grateful Dead /『AOXOMOXOA』(1969)

「Mountains Of The Moon」

試聴 Click!

19位:Country Joe and The Fish /『I-FEEL-LIKE-I’M-FIXIN’-TO-DIE RAG』(1967)

「The Fish- Feel Like I’m Fixing To Die Rag」

試聴 Click!

18位:Spirit /『TWELVE DREAMS OF DR.SARDONICUS』(1970)

「When I Touch You」

試聴 Click!

17位: Pearls Before Swine /『BALAKLAVA』(1968)

「Translucent Carriages」

試聴 Click!

16位: Love /『DA CAPO』(1967)

「Revelation」

試聴 Click!

15位: The Byrds /『FIFTH DIMENSION』(1966)

「5D (Fifth Dimension)」

試聴 Click!

14位:Spirit /『SPIRIT』(1968)

「Taurus」

試聴 Click!

13位: Kaleidoscope /『A BEACON FROM MARS』(1968)

「Beacon From Mars」

試聴 Click!

12位: Joe Byrd & The Field Hippies /『AMERICAN METAPHYSICAL CIRCUS』(1969)

「You can’t ever come down」

試聴 Click!

11位: H.P.Lovecraft /『H.P.LOVECRAFT』(1967)

「Wayfaring Stranger」

試聴 Click!

10位: 13th Floor Elevators /『EASTER EVERYWHERE』(1967)

「Slip Inside This House」

試聴 Click!

9位:Jefferson Airplane /『SURREALISTIC PILLOW』(1967)

「White Rabbit」

試聴 Click!

8位:Velvet Underground & Nico /『VELVET UNDERGROUND AND NICO』(1967)

「I’m Waiting for the Man」

試聴 Click!

7位:Jefferson Airplane /『AFTER BATHING AT BAXTER’S』(1967)

「The Ballad of You & Me & Pooneil」

試聴 Click!

6位:Jimi Hendrix Experience /『ELECTRIC LADYLAND』(1968)

「All Along The Watchtower 」

試聴 Click!

5位:United States of America /『UNITED STATES OF AMERICA』(1968)

「The American Metaphysical Circus」

試聴 Click!

4位:Grateful Dead /『ANTHEM OF THE SUN』(1968)

「That’s It for the Other One」

試聴 Click!

3位:The Doors /『STRANGE DAYS』(1967)

「Strange Days」

試聴 Click!

2位:Pink Floyd /『PIPER AT THE GATES OF DAWN』(1968)

「Interstellar Overdrive」

試聴 Click!

1位:Country Joe & The Fish /『ELECTRIC MUSIC FOR THE MIND AND BODY』(1967)

「Not So Sweet Martha Lorraine」

試聴 Click!

原文はこちら
http://digitaldreamdoor.com/pages/best_albumspsych.html

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • PINK FLOYD / ATOM HEART MOTHER

    70年作、プログレと言えばこのジャケ!A面の大作、B面の小曲集ともに美しく気品ある名曲で固められた傑作

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの70年5th。ヒプノシスによる衝撃的なジャケットアートが有名な本作は、非常に英国然としたブラス・セクションやクワイアが印象的な23分を超える表題曲「原子心母」を中心に、これまでの前衛、アンダーグラウンドな雰囲気を和らげ、商業的にも成功を収めた作品。とは言え全盛期のようなRoger Waters一色なプロダクションではなくメンバーそれぞれがアイディアを出し合い製作されていることから、トータル感ではなくヴァラエティーで聞かせるアルバムとなっています。

  • JIMI HENDRIX EXPERIENCE / ELECTRIC LADYLAND

    エレクトリック・ギターの革命児、最高傑作とされる68年リリース3rd

    68年の3rd。ブルース、R&B、ジャズなどのブラック・ミュージックと、サイケデリックな時代の空気が化学反応を起こし、Jimi Hendrixの肉体を通してスパークしたような渾身の傑作。Jimi Hendrixの最高傑作であり、ロック史上に燦然と輝く金字塔。

  • MOODY BLUES / IN SEARCH OF THE LOST CHORD

    68年作

    68年発表のMOODY BLUESの2ndアルバム。邦題『青空に祈りを』は、後に『失われたコードを求めて』に改題。タイトルはMarcel Proustの「失われた時を求めて」を引用したものです。前作『DAYS OF FUTURE PASSED」』から一年も経たないうちに発表された本作は、メンバー自身で30種類(!)以上の楽器を操ることにより、ムーディーズ・サウンドとも言える壮大な音像を打ち出すことに成功したアルバムです。R&Bを演奏するビート・グループから、実験的かつトータリティに溢れたアルバムを製作するグループへと成長した彼等は、BEATLESが『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』で試みた実験性をより完成されたものへと導くために、このアルバム以降も次々と新たなアイデアを音像化していくことになりますが、本作ではサイケデリック時代特有の東洋思想を取り入れた精神世界へのアプローチをも積極的に行っています。ア前作『DAYS OF FUTURE PASSED」』比べると、本作が5人でレコーディングを行っているだけにロック・テイストを前面に打ち出した作品となっています。

  • VELVET UNDERGROUND & NICO / VELVET UNDERGROUND AND NICO

    ロック史上に残る稀代の名盤、67年1st

    今でこそ大名盤と知られる本作ですが、発売当初はなんとビルボード171位が最高。Lou ReedとJohn Caleという希有な2人の才能がぶつかりあってできた時代の先を行きすぎた傑作。「Femme Fatale」や「I’ll Be Your Mirror」などNicoの歌唱も絶品。

  • GONG / ANGEL’S EGG

    ピエール・モエルラン加入&スティーヴ・ヒレッジ本格参加で、一気に技巧派ジャズ・ロック・バンドへと変貌を遂げたRADIO GNOME第ニ章、73年作

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの73年作。「Radio Gnome Invisible」と題されたシリーズの第2弾であり、前作に続いて浮遊感のあるスペース・ロックサウンドを構築。Steve Hillageのギターが広く空間を埋め、Tim Blakeのキーボードがジャジーなテイストを加味、Didier Malherbeのサックスも素晴らしいアクセントとなっており、多くのスペース・ロックフォロワーの原点を見ることが出来ます。

  • TOMORROW / TOMORROW

    スティーヴ・ハウ、キース・ウェスト、後にプリティ・シングスに加入するトゥインクらによるグループ、英サイケ・ポップの名作、68年作

    スティーヴ・ハウ、キース・ウェスト、トゥインク等によって結成されたトゥモロウが68年に発表した1stアルバム。68年の英国といえば、シーンはすっかり極彩色。本作も例に違わず、基本的にはテープ逆回転などのアレンジをふんだんに使ったサイケ・ポップでビートリッシュなサウンドですが、それだけに終わらないのはメンバーの顔ぶれからも想像できる通り。スティーヴ・ハウの焦燥的なギターとトゥインクの偏執狂的なドラム・ワークはこのころからすでに半端ではないテンションで、鬱屈した感情をすべて吐き出すような病的なまでの緊張感に、スタイルとしてのサイケデリックとは一線を画すむき出しの非現実が感じられる名作。

  • PRETTY THINGS / S.F.SORROW

    68年リリース、ザ・フー「トミー」と並ぶロック・オペラの金字塔!

    68年作の4th。ザ・フーの「トミー」と並ぶロック・オペラの金字塔。レイト60sの波を受けて、逆回転などのテープ処理を用いたサイケデリックな装いが前面に出ていますが、トウィンクのフリーキーなドラムなど、かなりアンダーグランド臭漂う混沌としたサウンドが持ち味。サイケ・ポップ的なカラフル感よりも骨太なロック感が印象的です。演奏のダイナミズムなど、バンドとしての技術とスケールの大きさを感じさせます。傑作。

    • SDPCD109SNAPPER

      デジパック仕様、スリップケース付き仕様、ゴールドCD、リミテッド・エディション、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック4曲

      盤質:傷あり

      状態:並

      全体的にたばこ臭・黄ばみあり

  • STEVE HILLAGE / L

    トッド・ラングレンのプロデュースによる76年2nd、本領発揮のコスミック・ロック名盤!ハマりすぎな「It’s All Too Much」のカバー収録

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立したプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドGONG。その全盛期を支え続けた名ギタリストによる76年2nd。Todd Rundgrenのプロデュースで製作されバックにはDon CherryやUtopiaメンバーが参加した本作は、Donovanの名曲「The Hurdy Gurdy Man」で幕を開けGeorge Harrisonの「It’s All Too Much」で幕を閉じる非常にポップな印象のアルバムとなっています。しかしながら音楽的には独特のサイケデリックな音像を持ちオリエンタル・エスノ・フレーバーも感じさせながら彼らしいサウンドを提示。

  • MILLENNIUM / BEGIN

    カリフォルニア産ソフト・ロック/ポップ・サイケの伝説的グループ、完璧な構築美と当時最新の録音技術が噛み合ったマジカルな68年唯一作!

    Curt Boettcher率いるカリフォルニア産ソフト・ロック/ポップ・サイケの伝説的グループが68年に発表した唯一作。68年という時代を代表する傑作というだけでなく、ロック史を通してもクオリティの高さでは最高峰に位置する永遠のマスターピース。8チャンネルのレコーダー2台(計16トラック)に録音された、瑞々しいコーラスや緻密なアンサンブル。そして、Curt Boettcherだけではなく、その他のメンバーが持ち寄った楽曲も含めて、驚くほど流麗なメロディ。そして、68年とは思えないクリアで洗練されたサウンド・プロダクション。すべてがマジカル。

  • FAMILY / MUSIC IN A DOLL’S HOUSE

    愛すべきダミ声ヴォーカルRoger Chapman在籍バンド、68年デビュー作、プログレ、サイケ、ルーツ・ミュージック、ジャズなど様々なエッセンスが渾然一体となった作品

    名ヴォーカリスト、ロジャー・チャップマン率いるファミリーの初期の名盤2枚、待望のリイシュー。トラフィックに在籍していたデイヴ・メンスンとローリング・ストーンズも手掛けたジミー・ミラーがプロデュースをしたファミリーの衝撃のデビュー・アルバム。68年作。プログレ、サイケ、ルーツ・ミュージック、ジャズなど様々なサウンドの要素が渾然一体となりながらも、唯一無二のファミリー・サウンドを確立した大傑作。コンセプト・アルバム的な構成、シアトリカルでコーラスを多用したサウンドはクイーンの原型かも。(帯より)

  • GRATEFUL DEAD / ANTHEM OF THE SUN

    68年作2nd

  • 13TH FLOOR ELEVATORS / EASTER EVERYWHERE

    テキサス・サイケの筆頭グループ、67年発表の傑作2nd

    テキサス州オースティン出身、USサイケデリック・ロックの代名詞的バンドが放った傑作2nd。首謀Roky Ericksonの鬼気迫るシャウト、奇妙にトゥクトゥクとループするエレクトリック・ジャグの音色。知名度的には前作に屈すれど、クオリティ的には文句なしに本作が上。サイケデリック・ロック史に燦然と輝く金字塔と言っても過言ではないでしょう。冒頭の「Slip Inside This House」はPRIMAL SCREAMがカヴァーしたことでも有名です。

  • COUNTRY JOE & THE FISH / I-FEEL-LIKE-I’M-FIXIN’-TO-DIE RAG

    ウッドストック・フェスへの出演でも知られる60年代サンフランシスコ・サイケデリック・シーンを代表するバンド、67年作2nd

    ウッドストック・フェスへの出演でも知られる60年代サンフランシスコ・サイケデリック・シーンを代表するバンド。ウッドストック・フェスを盛り上げた代表曲「THE FISH CHEER & I FEEL LIKE I’M FIXIN TO DIE RAG」を収録した67年作の2nd。「FISH CHEER〜」は、強烈な反戦歌として有名ですが、サウンドの方は、あまりに素っ頓狂でびっくり。演劇のような鼻歌のようなヴォーカル、ギターというより大道芸の楽器のような変調したギター、子供番組の音楽にでもありそうな奇天烈な効果音。英国で言えばモンティ・パイソン的な大道芸ロックが印象的です。でも、最後は機関銃と爆発音で締めくくられ、当時のサンフランシスコの空気を伝えます。その他の曲は、単音のリード・ギターがメロウにたゆたうサイケなフォーク・ロックあり、ブルージーなサイケ・ロックあり、当時の恋人ジャニス・ジョップリンに捧げたドリーミー・フォークあり、流麗なメロディが光る佳曲ぞろい。Barry Meltonのリード・ギターも特筆で、後のTELEVISIONへと通じるようなメランコリックでキレのあるリード・ギターを聴かせています。反戦というイメージから「ロック」なサウンドをイメージしますが、バンドの核にあるのはメロディアスなサイケ・フォーク・ロック。シスコ産サイケデリック・ロックの名作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。