プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

プログレのライヴ・アルバム TOP100-海外音楽サイトDIGITAL DREAM DOOR.COM発表

音楽に関するランキングを発表している海外音楽サイトDIGITAL DREAM DOOR.COMが選んだプログレのライヴ・アルバムTOP100をピックアップ!

まずは100位~31位のリストをご紹介いたしましょう。

100位: Sinkadus /『Live at ProgFest ’97』

99位: King Crimson /『 Vroom Vroom 』

98位: Matching Mole /『Smoke Signals』

97位: FRANK ZAPPA /『Tinseltown Rebellion』

96位: Caravan /『Caravan and the New Symphonia 』

95位: Peter Gabriel /『Secret World Live』

94位: Tangerine Dream /『Ricochet』

93位: The Flower Kings /『Alive On Planet Earth 』

92位: King Crimson /『Live at Bremen ’72 』

91位: Tool /『Salival』

90位: Queensryche /『The Art of Live』

89位: Niacin /『Live: Blood, Sweat and Beers』

88位: Dream Theater /『Live Metropolis,Pt.2』

87位: Asia /『Live in Moscow』

86位: Savatage /『Japan Live’94』

85位: Trey Gunn /『Live Encounter』

84位: Happy the Man /『Live』

83位: Magma /『Retrospectiw I & II』

82位: Genesis /『The Way We Walk Vol.2: The Longs』

81位: Tangerine Dream /『Logos』

80位: Camel /『Never Let Go』

79位: Yes /『Symphonic Live』

78位: Focus /『Live In Tokyo 1974』

77位: Amon Duul II /『Live in London』

76位: Saga /『Detours』

75位: Depeche Mode /『101』

74位: Focus /『Live Under the Rainbow』

73位: Transatlantic /『Live in Europe』

72位: Angra /『Rebirth World Tour』

71位: Frank Zappa /『The Best Band You Never Heard』

70位: Renaissance /『Day of the Dreamer』

69位: King Crimson /『Heavy ConstruKction』

68位: Magma /『Live』

67位: Marillion /『The Thieving of Magpie (La Gazza Ladra)』

66位: B.L.U.E/『Blue Knights』

65位: Tangerine Dream /『Poland』

64位: Emerson, Lake & Palmer/『In Concert』

63位: The Dixie Dregs /『Bring’em Back Alive』

62位: Caravan /『Canterbury Comes to London, Caravan Live at the Astoria 1997 』

61位: Magma /『Theatre Du Taur-Concert 1975』

60位: Gong /『Gong Est Morte,Vive Gong』

59位: Uriah Heep/『Uriah Heep Live』

58位: Sky /『Live』

57位: Symphony X /『Live on the Edge of Forever』

56位: Tangerine Dream Live /『Encore: Tangerine Dream Live』

55位: Van Der Graaf Generator/『Maida Vale』

54位: Marillion /『Real to Reel』

53位: Mahavishnu Orchestra /『 Between Nothingness and Eternity』

52位: Gentle Giant /『King Biscuit Flower Hour』

51位: Frank Zappa & The Mothers of Invention /『Roxy & Elsewhere』

50位: Dream Theater/『 Live at the Marquee』

49位: Camel /『On The Road 1972』

48位: 801 /『Live』

47位: Rush /『All the World’s a Stage』

46位: Yes /『Keys to Ascension 1』

45位: King Crimson /『The Nightwatch』

44位: Yes /『Yessongs』

43位: IQ /『Subterranea: The Concert』

42位: Rush /『A Show of Hands』

41位: Frank Zappa /『You Can’t Do That on Stage Anymore Vol. 1』

40位: PFM /『A Celebration Live』

39位: Genesis /『Genesis Archives, Vol. 1: 1967-1975 – The Gabriel Years』

38位: Star One /『Live On Earth』

37位: Pink Floyd /『Is Anybody Out There?: The Wall: live 1980-81』

36位: Talking Heads /『Stop Making Sense』

35位: Anekdoten /『Live in Japan 1998』

34位: Peter Gabriel /『Plays Live』

33位: Blind Guardian /『Live』

32位: Procol Harum /『Live with Edmonton Symphony & Da Camera Sinfonia』

31位: Renaissance /『King Biscuit Flower Hour』

続いて30位~11位にまいりましょう。ここからはジャケットも一緒にお楽しみください!

30位: Pink Floyd /『Live in Pompeii』

29位: Camel /『A Live Record』

28位: Emerson Lake & Palmer /『Welcome Back My Friends To The Show That Never Ends…Ladies and Gentlemen』

27位: Jethro Tull /『Bursting Out』

26位: Genesis /『Genesis Live』

25位: Marillion /『Made Again』

24位: Pink Floyd /『Ummagumma』

23位: Frank Zappa /『Zappa in New York』

22位: Supertramp /『Paris』

21位: Gong /『Live, etc.』

20位: King Crimson /『USA』

19位: Magma /『Opera De Reims,1976』

18位: Spock’s Beard /『Don’t Try This at Home』

17位: Kansas /『Two for the Show』

16位: UK /『Night After Night』

15位: Rush /『Rush in Rio』

14位: Camel /『Coming of Age』

13位: Yes /『Yesshows』

12位: Genesis /『Three Sides Live』

11位: Porcupine Tree /『Coma Divine』

もうお気に入りのアルバムは出できたでしょうか?
それでは、いよいよTOP10をご紹介します。

10位: Rush /『Exit… Stage Left』

9位: Van Der Graaf Generator /『Vital』

8位: Pink Floyd /『 Pulse』

7位: Dream Theater /『Live Scenes from New York』

6位: The Dixie Dregs /『California Screamin’』

5位: King Crimson /『The Great Deceiver』

4位: Frank Zappa /『You Can’t Do That on Stage Anymore Vol. 2 』

3位: Genesis /『Seconds Out』

2位: Emerson, Lake & Palmer /『Pictures at an Exhibition』

1位: Rush /『Different Stages』

原文はこちら
http://digitaldreamdoor.com/pages/best_albumsprog-live.html

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • U.K. / NIGHT AFTER NIGHT

    「デンジャー・マネー」制作時のトリオ編成による79年来日公演を収録

    KING CRIMSONで製作を共にしたJohn WettonとBill Brufordが、インプロヴィゼーション主体のキーボード・ロックグループを画策し、ROXY MUSICでの交流からEddie Jobson、そしてJohn Wettonのソロ作に参加したAllan Holdsworthを迎えて結成されたスーパー・バンドの79年ライブ作。キーボード・トリオ編成となった彼らの日本でのライブを収録した作品であり、デビュー作から4曲、2ndから3曲、そして新曲2曲で構成されています。プログレッシブ・ロックに熱心であった日本のファンの前で演奏される彼らの代表曲はどれもダイナミックな素晴らしいものであり、プログレッシブ・ロック史上に残る名ライブ作と言えるでしょう。

  • KING CRIMSON / USA

    75年リリース、『RED』発表前の爆発的パフォーマンスを収録した名ライブ盤!

    75年発表のライブ・アルバム。「RED」発表前の74年に録音されており、当時のラインナップはRobert Fripp(g)、John Wetton(b、vo)、 Bill Bruford(ds)、David Cross(vln、key)の4人編成。アルバム中3曲でEddie Jobson(vln、key)のパートがダビングされています。鮮やかなヴァイオリンの旋律を切り刻むメタリックなギター・リフ、グイグイとウネリを生み出して暴走するリズム隊。この時期ならではのパワフル且つ緊迫感溢れる即興演奏に終始圧倒されっぱなし。代表的名曲「21st Century Schizoid Man」では原曲のサックス部分をヴァイオリンで再現しており、よりヒステリックな爆発力を楽しむことが出来ます。沸点目掛けて上り詰めるRED期クリムゾンの凄さを体験出来る名ライブ盤。

  • GENESIS / SECONDS OUT

    サポートドラマーとしてChester ThompsonとBill Brufordが参加した77年の傑作ライヴ・アルバム!

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / PICTURES AT AN EXHIBITION

    ムソルグスキー「展覧会の絵」をモチーフとした完全未発表楽曲によるライヴ録音、痛快極まる72年作!

    NICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerによって結成され、ギターレスのトリオという変則的な編成ながらそのハンディを全く感じさせない音楽性でプログレッシブ・ロックの1つのスタイルを築いたイギリスのグループの71年3rd。その内容はEL&Pの人気を不動のものにしたライブ作であり、タイトル通りムソルグスキー作曲、ラヴェルのオーケストレーションによる組曲「展覧会の絵」を強引にキーボード・ロックでねじ伏せた名盤となっています。アンコールにはチャイコフスキーの「くるみ割り人形」をクラヴィネットで弾き倒す「Nutrocker」を収録。クラシックとロックを融合させたその特異な音楽性は現在のプログレシーンまで脈々と受け継がれ多くのフォロワーが登場していますが、その元祖にして完璧な完成度を誇る傑作です。

  • CAMEL / A LIVE RECORD

    オーケストラとの共演による名ライヴ・アルバム、78年リリース

    74〜77年にわたるライヴ・ステージのハイライトを収録。オーケストラとの共演による「白雁」組曲は圧巻。1978年作品。

  • KANSAS / TWO FOR THE SHOW

    78年リリース、カンサスの絶頂期を捉えた傑作ライヴアルバム

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの78年ライブアルバム。77年から78年に行われた3つのツアーからの抜粋で収録された音源であり、この時点での彼らのベスト・ヒット的な選曲がなされたライブ作となっています。スタジオ作以上にアメリカン・ロックのダイナミズムとテクニカルなプログレッシブ・ロック・アンサンブルを感じられる、名作と言えるでしょう。

  • GENESIS / THREE SIDES LIVE(CD)

    81年の欧州&米公演を収録した82年ライヴ作

  • PINK FLOYD / UMMAGUMMA

    張り詰めたテンションが支配する戦慄のライヴサイド&実験精神に溢れた音作りが興味深いスタジオサイドからなる69年作4th

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの69年4th。「原子心母」で最初の成功を手にする直前の本作は2枚組みでのリリースとなっており、1枚目にはライブ録音、2枚目がスタジオ作という特異な編成。ライブテイクはバーミンガム・マザーズクラブとマンチェスター商科大学での録音であり、「太陽讃歌」や「神秘」など当時の彼らの代表曲が非常にパワフルに演奏されており、前期PINK FLOYDの貴重なアーカイブとなっています。一方でスタジオ作は、4人のソロ作品という趣であり、非常に実験的要素を感じる楽曲が収められています。

    • TOCP65734/5

      紙ジャケット仕様、2枚組、デジタル・リマスター、定価3670

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯無

      帯無、1枚は盤に研磨跡・曇りあり、紙ジャケにスレあり

  • PINK FLOYD / PULSE: IN CONCERT (CD)

    94年「対(TSUI)」ツアーの音源を収めたライヴ・アルバム、全24曲

    94年の「対(TSUI)」ツアーの模様を収めたライヴ・アルバム。アメリカ、ヨーロッパを回る77都市、110回の公演で300万人以上を動員したツアーは「史上最大の光と音のスペクタクルショー」として今や伝説として語り継がれるツアーとなった。荘厳なピンクフロイドの音世界とともに、史上最大のステージセット、複雑怪奇な映像を写し出す大円形スクリーン、目が痛くなるほどの光の洪水(ヴァリライトが生き物のように動き回り、レーザー光線が会場中を照らし出す)、牙の生えたブタが宙を舞い、巨大ミラーボールが光を放ち、これでもかと言わんばかりの花火の嵐・・・。まさに「美」としかいいようのない、それまでのコンサートの定義を大きく変えるものであった。今作の目玉はなんといっても「狂気」全曲再演収録。75年の最後の演奏以来19年振りに94年7月のデトロイト公演で復活。ここに収録されているのは、8月ドイツ、9月イタリア、10月ロンドンのライヴより。1-(2)の「天の支配」はUS公演ではオープニング・ナンバーだったのだが、誰もが度肝を抜かれたシド・バレット在籍時の1stアルバムからの曲。

  • PORCUPINE TREE / COMA DIVINE

    鬼才Steven Wilson率いるプログレ・バンド、97年ローマ公演を収録したライヴ作

  • FRANK ZAPPA / YOU CAN’T DO THAT ON STAGE ANYMORE VOL.2

    ライヴ・アンソロジーの第2弾、74年9月22日ヘルシンキでの名演を収録、全20曲

  • DREAM THEATER / LIVE SCENES FROM NEW YORK

    メトロポリス2000ツアーの最終公演を収めたライヴ盤!

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。