プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

フリーのTOP10ソング-海外音楽サイトCLASSIC ROCK MAG発表

先日3月16日に、イギリスのブルース・ロック・バンド、フリーでベーシストとして活躍したアンディ・フレイザーが他界しました。
詳しい死因は明らかにされていませんが、癌とエイズを患っていたことがわかっています。

アンディ・フレイザーはイギリスのロンドン出身。
ジョン・メイオールのバンドを経て、若干15歳の1968年にポール・ロジャース(Vo)、ポール・コゾフ(G)サイモン・カーク(Dr)とフリーを結成しプロデビューを果たします。

早くからベーシストの才能を発揮していたフレイーザーは、フリーでもサウンドの要として活躍。躍動感溢れるベースはとても印象的ですよね。
またソングライターとしても貢献し、フリーの曲の多くはフレイザーとポール・ロジャーズの共作。中でも70年にリリースした「All Right Now」は世界的なヒットとなり、ロックの名曲として今なお聴き継がれています。

72年にフリーを脱退した後は、ギタリストのクリス・スペンディングらと結成したシャークスや、自身が組んだアンディ・フレイザー・バンドで活動。
70年代半ばにカルフォルニアに移り音楽活動を続けていました。

それでは追悼の意を込め、オランダのクラシック・ロック情報サイトが選んだフリーのTOP10ソングをご紹介いたします。

フレイザーのベースが光る「Mr. Big」ももちろんランクインしていますよ。

10位:「Get Where I Belong」From 『FREE LIVE !』

試聴 Click!

9位:「Walk In My Shadow」From 『TONS OF SOBS』

試聴 Click!

8位:「My Brother Jake」 From Single

試聴 Click!

7位:「Heartbreaker」 From 『HEARTBREAKER』

試聴 Click!

6位:「I’ll Be Creepin’」 From 『FREE』

試聴 Click!

5位:「The Hunter」 From 『FREE LIVE !』

試聴 Click!

4位:「Mr. Big」 From 『FIRE AND WATER』

試聴 Click!

3位:「Wishing Well」 From 『HEARTBREAKER』

試聴 Click!

2位:「Fire And Water」 From 『FIRE AND WATER』

試聴 Click!

1位:「All Right Now」 From『FIRE AND WATER』

試聴 Click!

原文はこちら

http://classicrockmag.nl/lijsten/top-10-free/

フリーもピックアップされているこちらの記事もぜひ合わせてご覧ください。


ブリティッシュ・ハード・ロック特集

【関連記事】

ブリティッシュ・ハード・ロック特集

ビート・ブーム、サイケデリック革命、シンプルなバンド演奏へと回帰したブルース・ロック・ブームを経て、テクノロジーの発達とともに60年代末にいよいよ花開いた「ブリティッシュ・ハード・ロック」!胎動の67年からメジャーシーンを席巻した70年まで、年代を追って英ハード・ロックの名作をピックアップしながら、英ハードの進化と深化を探ってまいります。

FREEの在庫

  • FREE / FREE

    69年発表の2nd

    69年発表の2ndアルバム。このアルバムはFREEの全てのアルバムの中でも、独特の質感の違いを感じられます。演奏がかなりハッキリと聞こえてくるのです。特にベースのくっきりとした音像とギターのトーンの違いは一目瞭然。Chris Blackwellのプロデュースの手腕の良さが強く感じられます。FREEはブルース的な要素が強いグループだと思われがちですが、実はもっと砕けた分かりやすい音楽をやっており、このアルバムでも一聴してブルース臭さのようなものは強くは感じられなかったりします。この時点でかなり独自性の強い音楽性を持っており、既に収録曲は全てがオリジナル!次作に比べると有名な曲が少ないため地味な印象はあるものの、カッコ良さという意味ではこちらが一枚上手でしょう。弾力性のあるこの素晴らしい演奏は絶対に聴きドコロ。Paulのヴォーカルも時にメタリックにそして柔らかく豊かに響きます。

  • FREE / FIRE AND WATER

    必殺の名曲「All Right Now」収録、70年リリースの代表作3rd

    英国ブルースHRの礎を作った名バンド、FREEの代表作。1970年発表、3RDアルバム。まず、タイトル曲「FIRE AND WATER」が最高。リズム隊の骨太なグルーヴに、ソウルフルなポール・ロジャースのヴォーカルが映えるサビはもちろんのこと、その後に続くポール・コゾフによる哀愁溢れるメロディアスなギターソロが溜まりません。ピアノがバックで転がっているのもナイス!FREEの代名詞的名曲「ALL LIGHT NOW」は、ポール・コゾフが刻む、シンプル且つキャッチーなギターリフが心地良く響きます。従来のブルース・ロックにはない溌剌としたエネルギーが満ちており、聴くたびに活力が沸いて来ます。他の楽曲も総じて素晴らしく、正に英国ブルースHRの入り口たる名盤です。

  • FREE / HIGHWAY

    70年作4th

  • FREE / FREE AT LAST

    オリジナル・メンバーでの最終作となった72年作

  • FREE / HEARTBREAKER

    アンディ・フレイザーに代わりベースに山内テツ、key奏者としてラビットが加入し制作された73年作

  • FREE / INSIDE FREE 1968-1972

    ライヴ映像含むドキュメンタリー

「FREEの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。