プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【CAMELの曲TOP15】-海外サイトREVOLVER選

英国叙情派を代表するグループ、CAMELのランキングをどうぞお楽しみ下さい!

15位:「Song Within A Song」From 『Moonmadness』

試聴 Click!

14位:「Rhayader」From 『Snow Goose』

試聴 Click!

13位:「After Words」 From 『Stationary Traveller』

試聴 Click!

12位:「Heroes」 From 『The Single Factor』

試聴 Click!

11位:「Never Let Go」 From 『Camel』

試聴 Click!

10位:「Landscapes」 From 『Nude』

試聴 Click!

9位:「Drafted」From 『Nude』

試聴 Click!

8位:「For Today」 From 『A Nod And A Wink』

試聴 Click!

7位:「Rajaz」From 『Rajaz』

試聴 Click!

6位:「Lawrence」From『Rajaz』

試聴 Click!

5位:「Long Goodbyes」From『Stationary Traveller 』

試聴 Click!

4位:「The Final Encore」From『Rajaz』

試聴 Click!

3位:「Fingertips」From『Stationary Traveller』

試聴 Click!

2位:「Stationary Traveller」From『Stationary Traveller』

試聴 Click!

1位:「Ice」From『I Can See Your House From Here 』

試聴 Click!

原文はこちら
http://projectrevolver.org/2013/03/12/camel-top-15-songs/

CAMELを特集したこちらの記事もぜひ合わせてご覧ください!


CAMEL(キャメル) - プログレッシヴ・ロック入門特集『吹けよプログレ』

【関連記事】

CAMEL(キャメル) – プログレッシヴ・ロック入門特集『吹けよプログレ』

キャメル CAMEL – プログレッシヴ・ロック特集『吹けよプログレ』

CAMELの在庫

  • CAMEL / GODS OF LIGHT 73-75

    故ピート・バーデンスへの追悼盤、初期(73-75年期)のライヴ・ベスト、00年リリース

  • CAMEL / PARIS COLLECTION

    00年パリ公演

  • CAMEL / LUNAR SEA: AN ANTHOLOGY 1973-85

    MCA〜デッカ在籍時の決定版アンソロジー、全26曲

  • CAMEL / MIRAGE

    74年リリース、初期の代表曲「LADY FANTASY」収録の2nd

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの74年2nd。名盤となる次作「The Snow Goose」に見られるファンタジックさと気品に比べるとPeter Bardensのキーボードが若干おとなしく、その代わりAndrew Latimerのギターが前に出て渋く泣いているようなイメージであり、全体的にややハードな雰囲気が漂っているものの、その音像は単純なハード・ロックとは全く違う甘みを感じるものであり、フルートの効果的な使用も相まって、マイルドな質感を醸し出しています。自作につながるようなファンタジックさの片鱗も見え隠れする素晴らしい作品です。

  • CAMEL / SNOW GOOSE

    ポール・ギャリコ「白雁」をモチーフにリリカルかつイマジネーション豊かに綴られる、一大コンセプト・アルバム傑作、75年発表

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの75年3rd。オーケストラ・セクションを迎え、ポール・ギャリコの小説「白雁」をコンセプトに掲げたアルバムであり、全編インストルメンタルによる彼らの代表作の1つです。特にAndrew Latimerによるフルートの優しげな調べが印象的な「ラヤダー」は、澄んだシンフォニック・ロックのお手本として有名であり、同じくフルートを扱いながらもアプローチの全く違うJethro Tullとの比較で論じられています。決して派手さはないものの優しさとロマンに溢れており、肌触りの良いギターやPeter Bardensによるキーボードの音色、リズムセクションの軽快さ、そしてインストルメンタルのハンディを感じさせないメロディーとアレンジの上手さで御伽噺の世界をマイルドに表現しきった名盤です。

  • CAMEL / A LIVE RECORD

    オーケストラとの共演による名ライヴ・アルバム、78年リリース

    74〜77年にわたるライヴ・ステージのハイライトを収録。オーケストラとの共演による「白雁」組曲は圧巻。1978年作品。

  • CAMEL / BREATHLESS

    元キャラヴァンのメンバーが多く在籍した「キャラメル」期の名作、78年7th

  • CAMEL / DUST AND DREAMS

    スタインベック『怒りの葡萄』を題材にした78年発表の名作

    キャメルの傑作のひとつに数えられる永遠の名作。ジョン・スタインベックの「怒りの葡萄」をモチーフにした音楽文学。

  • CAMEL / NUDE

    81年リリース、小野田少尉の実話を基にしたコンセプト・アルバム

    第二次世界大戦後、南方の島に取り残された一兵士(小野田寛郎氏/ヌードとはオノダのもじり)の実話を音楽化。人間味に溢れたドラマティックなサウンド・ストーリー。81年作。

  • CAMEL / LIVE IN CONCERT PRESSURE POINTS

    84年リリースのライヴ盤、全10曲

  • CAMEL / STATIONARY TRAVELLER

    東西分割時代のベルリン市民たちに焦点を当てたシリアスな作風の84年作

    東西分割時代のベルリンの人々をテーマにしたシリアスな内容のアルバム。内省的な彼らの美学が光る。1991年に復活アルバムをリリースする以前のラスト・スタジオ・アルバム。1984年作品。

  • CAMEL / ON THE ROAD 1972

    オリジナル・ラインナップによる72年ライヴ音源、92年リリース

  • CAMEL / ON THE ROAD 1982

    94年リリース、82年のライヴ音源、全14曲

  • CAMEL / HARBOR OF TEARS

    「アイルランドの悲劇」をテーマに綴られる重厚かつ感動的なコンセプト作、96年リリース

    アンディ・ラティマーの祖母の体験を基にしたアイルランド移民の悲劇を作品化。ケルトの旋律と激しい情念を描き出すラティマーのギターが感動を呼び込む名作。

  • CAMEL / MASTER SERIES

    ライヴ・ヴァージョンなど含む18曲入りベスト

  • CAMEL / COMING OF AGE (CD)

    97年ワールドツアーの模様を収録したライヴ盤、全28曲

  • CAMEL / RAJAZ

    ラティマーの極上ギターを全編で堪能できる99年作

    出会い、そして別れ。アンティ・ラティマーのギターが紡ぎ出す8つの物語。

  • CAMEL / A COMPACT COMPILATION

    74年〜77年の全盛期から選曲されたベスト、全13曲

  • CAMEL / BREATHLESS and SINGLE FACTOR

    78年作と82年作を収録

  • CAMEL / COLLECTION

    全12曲

「CAMELの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事