プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

BRAND X『Unorthodox Behavior』 – MEET THE SONGS 第150回

今日の「MEET THE SONGS」は、英国が誇る超絶テクニカルなジャズ・ロック・バンド、BRAND Xの76年デビュー作『Unorthodox Behavior』をピックアップ。

BRAND Xと言えば、そのテクニックが魅力ですが、特に凄まじいのがリズム隊!ジェネシスでお馴染みのドラマー、フィル・コリンズとフレットレス・ベースを自在に操るパーシー・ジョーンズのコンビは、世界を見渡しても最高峰のテクニックと言えるでしょう。パーシー・ジョーンズは、そこまで有名ではありませんが、あのジャコ・パストリアスにも比肩するフレットレス・ベースの使い手と言っても過言ではありません。

バンドが結成されたのは1975年で、出身はロンドン。元ATOMIC ROOSTERで73年作の『Nice’n’Greasy』にその名を残すギタリストのジョン・グッドサル(John Goodsall)、後にプロデューサーとしても活躍するキーボード奏者のロビン・ラムリー(Robin Lumley)、そして前述のベーシスト、パーシー・ジョーンズ(Percy Jones)を中心に結成されました。

ドラムは当初流動的で、ビル・ブラッフォードもセッションに参加したようですが、正式加入には至らず、なんとジェネシスのフィル・コリンズに決まります。なお、フィルはジェネシスとの二足のわらじで、この当時のジェネシスと言えば、ピーター・ガブリエルが脱退し、フィルをフロント・マンに再出発する時期でした。

こうしてメンバーが揃い、ロンドンのトライデント・スタジオで75年の9月~10月に録音が行われます。ちなみにジェネシス『A Trick Of The Tail』の録音は同じくトライデント・スタジオで、75年の10月~11月。ほぼ同時期のこの英国プログレ史上に残る2枚の傑作に参加したフィル・コリンズの才能、恐るべしですね。

そして76年、カリスマ・レーベルよりリリースされたデビュー作が『Unorthodox Behavior』です。

サウンドは、メンバーそれぞれのテクニックが火花を散らす、マハビシュヌ・オーケストラへの英国からの回答と言える、テクニックみなぎるジャズ/フュージョン・ロック。

オープニング・ナンバーの「Nuclear Burn」から、あまりに凄まじいテクニカルなアンサンブルの応酬に痺れます。

T1: 「Nuclear Burn」

イントロから、パーシー・ジョーンズのうねうねと変態的でいてしなやかさも持ち合わせたフレットレス・ベースが躍動!そこに絡んでくるフィル・コリンズのドラムもすごくって、細かくハイハットを刻みながら、スピーディーに疾駆します。自在に跳躍するベースとシャープなドラムとが生み出す爆発的なノリは唯一無比。

ジョン・グッドサルのギターも魅力的で、テクニック抜群ながら、マハビシュヌのジョン・マクラフリンのようにゴリゴリと畳み掛けるスタイルではなく、ファンキーなカッティングと精緻なタッチのリードを中心とする職人気質な演奏が持ち味。キメのパートでのフックに富んだフレーズなど、メロディ・センスも印象的です。ロビン・ラムリーのエレピも淡く夢想的なトーンでアンサンブルに陰影をつけます。このギターとキーボードによる「奥ゆかしい」と言っていいような味わいはいかにも英国的と言えるでしょう。

アンサンブルは、どんどんと熱量を増していき、後半はまるで音速を超えたスピードで駆け抜ける感じ。12分を超える大曲だったとは思えないほどに、まるで一瞬の演奏だったように聴き手を置いてけぼりにします。これは英国のジャズ/フュージョン・ロック屈指の名曲!

試聴 Click!

T2: 「Euthanasia Walts」

直訳すると「安楽死ワルツ」というタイトルを持つ不穏でいて幻想的なナンバー。作曲は、キーボードのロビン・ラムリー。

圧倒的なテクニックで駆け抜けた1曲目とは打って変わって、メンバーの緻密なアレンジ力と音のセンスが光るナンバー。

ガット・ギターがフィーチャーされていますが、開放的にはならず、どこか内省的な響きなのが印象的だし、艷やかで夢想的なエレピ、フィル・コリンズによる空間を豊かに広げる立体的なドラミングも魅力的です。

最初はアンサンブルに徹していたベースですが、3分過ぎると我慢ならなくなったのか、うねうねと縦横無尽に躍動し、ドラムもそれに触発されたのか、切れ味鋭くスパーク。でも、全体的には、しなやかで陰影があって、1曲目もそうですが、その超絶テクニックと英国的な陰影のバランスがこのバンドの魅力でしょう。

試聴 Click!

3曲目以降も、超絶的に跳躍するリズム隊を土台に、ギターが時にファンキーに、時に流麗なフレーズを決め、キーボードが幻想性や陰影をそえる佳曲ぞろい。米国フュージョンに影響を受けつつも英国的センスがそこかしこからにじみでる、そんなブリティッシュらしさが魅力のテクニカル・ジャズ・ロックの名作です。


フュージョン・ロック〜フュージョンとロックが反応して生まれた新潮流

【関連記事】

フュージョン・ロック〜フュージョンとロックが反応して生まれた新潮流

メインストリームを奪われたジャズ側からのロックへの回答がフュージョン。そこへの、さらなるロック側からの回答を「フュージョン・ロック」と位置づけ特集!

BRAND Xの在庫

「BRAND Xの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事