プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【プログレ温故知新】テクニカル・プログレ【定番】GENTLE GIANT-> 【新鋭】ECHOLYN

【定番】GENTLE GIANT-> 【新鋭】ECHOLYN

変拍子満載のリズムの上を華麗に疾走するテクニカル・プログレをテーマに、イギリスが生んだ超技巧派プログレ集団GENTLE GIANTの7th『FREE HANDS』と、現代アメリカン・プログレの代表格ECHOLYNによる2005年作『END IS BEAUTIFUL』の2作品をご紹介したいと思います。

プログレには実に様々な楽しみ方がありますよね。雄大に広がるシンフォニックな曲展開を楽しんだり、あるいはインプロヴィゼーションにおける応酬を楽しんだり。そんな中でも、多くのプログレ・ファンの血を騒がせるのはやはり各楽器が一糸乱れぬ正確無比な演奏で突き進むテクニカル・プログレではないでしょうか。

テクニカル・プログレの元祖とも言えるグループGENTLE GIANTは70年にデビューし、10年間の活動の中で11枚のオリジナル作を残しました。

その音楽性はロックを基礎として、そこにクラシック、ジャズ、R&B、中世音楽などを取り込んだとにかく多彩なもの。変拍子の嵐と鉄壁のコーラス・ワーク、各種弦楽器、管楽器をも自在に操って繰り広げられる予想不可のアンサンブルからは、プログレッシヴであることに徹底的にこだわったストイックな姿勢を感じ取れます。

そんな彼らが、リズムを強調し聴きやすさを増した曲展開の中をテクニカルかつスリリングなアンサンブルが突き進む、という中期の方法論を確立したのがこの75年発表の第7作「FREE HAND」です。ではその中から、ワイルドなヴォーカルと細やかに絡み合う音使いが同居するタイトル曲をお聴きいただきたいと思います。

試聴 Click!

リズミカルなのに緊張感みなぎるアンサンブル、緻密に織り上げられたサウンドにもかかわらず「ノれる」、というものすごい曲になっていると思いませんか?初期に多く見られた幻想的な曲展開や各楽器の怪しげに呟くような掛け合いもしっかりと活きており、プログレッシヴな音楽性とノリの良いファンキーな曲調を見事に融合させた名曲です。

一般に玄人受けするサウンドだと言われる彼らですが、本作を筆頭に73年作から76年作まではロック・ミュージックが本来持つ躍動感、カッコよさが全面に現れた作品ばかりですので、このグループをまだ未聴の方には是非最初にお楽しみ頂きたい時期となっています。



さて、GENTLE GIANTの音楽に影響を受けたバンドは世界各地に数多く存在しますが、その中から1枚となれば、このやはりこのグループを選ばない訳にはいかないでしょう。

現代アメリカン・プログレの雄ECHOLYNは、90年代初頭より活動するもはやベテランと言って良いキャリアを持つバンドです。変拍子を交えてのスピーディーかつ緻密に入り組んだテクニカルな演奏にGENTLE GIANTからの影響が感じられますが、そこにヌケの良さと大陸的おおらかさが加わるのがアメリカのバンドらしいところ。

そんなECHOLYNが05年に発表した『END IS BEAUTIFUL』は、ベテラン・グループにつきものの円熟味や落ち着きといった言葉とはまるで無縁の、挑発的かつ溌剌とした若々しさに満ち溢れた音を聴かせてくれます。それはこの一曲を聴けばおわかりいただけるでしょう。

試聴 Click!

70年代中期のGENTLE GIANTのサウンドを現代風のヘヴィーな音で再構築したかのようなこちらの一曲も必聴です。

試聴 Click!

GENTLE GIANTのような数多くの楽器を使いこなしての変幻自在のサウンドとは行かないまでも、テクニカルかつ複雑な曲展開と見事なコーラスワーク、それに加えてGENTLE GIANTにはなかった音のドラマを感じさせるような構築性にシンフォニックなスケール感も備えたECHOLYN。これからも進化を続けるであろう彼らの動向に今後も注目していきたいところです。

テクニカル・プログレをテーマにお送りしてまいりましたが、お楽しみいただけましたか?もしこれらのバンドの技巧的な音楽に魅了されたなら、是非今後もテクニカル・プログレ探求をお楽しみください。きっとプログレ界には未だ知られざる強者たちがゴロゴロしているしているはずですよ♪

GENTLE GIANTの在庫

  • GENTLE GIANT / ACQUIRING THE TASTE

    実験精神に溢れる趣向を凝らしたアイデアの数々を技巧的なアンサンブルで描き出す、初期GGの持ち味が発揮された71年2nd

    演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの71年2nd。Tony Viscontiのプロデュースによる本作は、メンバー全員がやりすぎなほどのマルチプレイヤーぶりを発揮し、中世ヨーロッパ的な湿り気と翳りを持ったサウンドを展開。比較的地味な印象を与えがちな作品ではあるものの、その裏に秘めた技巧的なアプローチの数々はやはり彼らにしか成し得ない妙技であり、名盤と呼ぶにふさわしい1枚です。

  • GENTLE GIANT / OCTOPUS

    5大プログレを凌駕する演奏テクニックと多彩なアイディア・作曲能力で人気を得た英プログレ・バンド、初期の代表作と云われる傑作4th!

    シャルマン3兄弟を中心に結成された英プログレッシヴ・ロック・グループ、73年4th。クラシックやジャズの要素を取り入れ、変拍子や転調を繰り返す複雑な曲展開が特徴です。本作は従来通りの変化に富んだ楽曲展開に加えて、牧歌的なメロディを前面に押し出し、よりPOPになったアルバム。端正なコーラス・パートから一転、切迫感をあおるキーボードがフェード・インし、力強いドラムとギターがスリリングに展開。メンバーそれぞれが楽器を持ち替える曲芸的演奏によって生み出されるダイナミックなアンサンブルが最大の持ち味で、長くても5分程の中につまった山あり谷ありの展開はこのグループならではの魅力でしょう。知名度では劣りますが英プログレの5大バンドに匹敵するオリジナリティを持つグループ。バンドの代表作と評価される名作です。

  • GENTLE GIANT / THREE FRIENDS

    72年作3rd、相変わらずの複雑怪奇で入り組んだ演奏&アレンジが光るコンセプトアルバム秀作

    演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの72年3rd。タイトルの通り、子供の頃から共に生きてきた3人の少年たちが時を経てやがて資本家、芸術家、労働者になり、それぞれの別々の道を歩いていくことになる、というコンセプトを掲げたアルバムであり、彼らの個性である変拍子と複雑なアレンジが施された楽曲はヴァーティゴらしい英国叙情を放ち、郷愁を誘うアルバム・コンセプトに上手くマッチしています。

  • GENTLE GIANT / IN A GLASS HOUSE

    初期の中世音楽エッセンスと中〜後期の特徴であるリズミカルなロック・サウンドが一体となった、過渡期ならではのサウンドを聴かせる73年5th、名盤!

    いうまでもなく、彼等の代表作の一つとして歴史に残る名作

    • RTE00351DRT

      35TH ANNIVERSARY EDITION、スリップケース付き仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲

      盤質:傷あり

      状態:並

      スリップケースに若干カビあり、一部にケースツメ跡あり

  • GENTLE GIANT / FREE HAND

    クリサリス移籍後の第1弾アルバムで、アメリカでもヒットした75年の代表作7th、複雑怪奇さとキャッチーさを奇跡的バランスで両立させた大名盤!

    演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの75年7th。彼らのディスコグラフィーの中でも代表作と評されることの多い本作は、そういった彼らの個性が高い次元で消化された大傑作です。特に、複雑に計算され尽くしたコーラスワークが彼ら独特のポップな雰囲気を前作よりも強く押し出しており、ヴァーティゴ時代とは違い良い意味で垢抜けた音世界を持ったアルバムに仕上がっています。

  • GENTLE GIANT / FREE HAND and INTERVIEW

    アイデアが整理され聴きやすさが増した75年作/76年作を収録

    ジェントル・ジャイアントの7thと8thとの2in1CD。

  • GENTLE GIANT / KING BISCUIT FLOWER HOUR PRESENTS

    75年のNY公演を収録!

  • GENTLE GIANT / POWER AND THE GLORY

    次作「FREE HAND」に繋がるリズミカルなプログレ/ハード・ロック路線を提示した75年作6th

  • GENTLE GIANT / IN’TERVIEW

    初期からの複雑怪奇なアプローチと中期以降のリズミカルでキャッチーなサウンドが見事に融合された76年作8th

  • GENTLE GIANT / PLAYING THE FOOL

    76年欧州ツアーを収録、多彩な楽器が乱れ飛ぶ、超絶技巧バンドの面目躍如たる傑作ライヴ盤!

「GENTLE GIANTの在庫」をもっと見る

ECHOLYNの在庫

  • ECHOLYN / COWBOY POEMS FREE

    90年代以降を代表するアメリカのプログレッシヴ・ロック・グループ、00年復活作

  • ECHOLYN / MEI

    現米プログレを代表するグループ、02年リリースの復活後第二作、全1曲50分で展開される一大シンフォニック・ロック絵巻!

    02年の復活第二作。ジャンルを問わず聴き手を呑み込む力を持ったメロディ、圧倒的なエネルギーを内包した有機的なアンサンブル。さすがの名作。

  • ECHOLYN / END IS BEAUTIFUL

    現代米プログレ代表格による05年7th、アメリカ産ならではのタフさ&ヌケの良さとシンフォニックな叙情性が見事にバランスした傑作!

    アメリカ出身の新鋭シンフォ、05年作7th。多彩なストリングス、巧みなコーラス・ワーク、めくるめく変拍子など、GENTLE GIANTを彷彿とさせるテクニカルなアンサンブルと、アメリカらしいヌケが良く叙情的なメロディが持ち味。今作では、変拍子リフを中心によりタイトでアグレッシヴな演奏でまとめられており、ロックならではの力強さが印象に残ります。透き通った音色で広がりを感じさせるキーボードと焦燥感を掻き立てる変拍子リフを刻むギターとの鮮やかな対比をバックに、複雑に折り重なるコーラス、ダイナミックなブラス、パーカッシヴなドラムが加わり、ジャジー且つヘヴィにうねりを上げます。テクニカルな曲展開を感じさせない叙情的なヴォーカル&メロディが一層際立つ傑作。

  • ECHOLYN / ECHOLYN (2012)

    米テクニカル・シンフォ、7年振りのスタジオ作となった2012年作

    名実ともに現代アメリカン・プログレを代表するバンドECHOLYNによる12年作。10分超の楽曲を3曲含む2枚組の大作で、今回もGENTLE GIANT風の込み入った複雑なアンサンブルからストレートに突き抜けていく快速アンサンブルまで、緩急を巧みに操る痛快なアンサンブルが展開されており、ECHOLYNらしさは健在です。柔らかに響くストリングスに支えられたロマンティシズムいっぱいの楽曲も素晴らしい出来栄え。ポップでドラマティックなメロディ、スリルと哀愁を孕んだ演奏、そしてアメリカらしい乾いた叙情。20年という時を経ても決して揺らぐことのない彼らならではの持ち味が存分に引き出された至高の一枚に仕上がっています。

  • ECHOLYN / SUFFOCATING THE BLOOM

    90年代以降を代表するアメリカのプログレッシヴ・ロック・グループ、92年リリースの傑作

  • ECHOLYN / AS THE WORLD

    GGに例えられる演奏力とアメリカらしいヌケ良くキャッチーな音楽性が特徴の名グループ、メジャーデビューの95年作、90年代米プログレ屈指の傑作!

    彼らの最高傑作と言われる、95年の4thアルバム。YESやGENTLE GIANTの遺伝子を受け継いだ、ヌケが良くキャッチーなプログレ。プログレ・ファンだけでなく、もっと幅広い層へのアピールも狙えるような曲自体の力強さもYESを彷彿とさせます。90年代米国プログレ屈指の傑作。

「ECHOLYNの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事