プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

VELVET UNDERGROUND『White Light/White Heat』から巡る世界のアンダーグラウンド・ロック探求ナビ

VELVET UNDERGROUND『White Light/White Heat』を出発点に、他の作品へとカケハしながら、世界のアンダーグラウンド・ロックをレコメンドしてまいりましょう。

『White Light/White Heat』は、VELVET UNDERGROUNDが68年にリリースした2ndで、アンディ・ウォーホールの元を離れたバンドの真のデビュー作とも評される作品。

ルー・リードと、実験音楽家ジョン・ケイルの2人の才能がぶつかりあった一触即発の、というか、もう既に爆発してしまっているような、凄まじく緊張感みなぎるアヴァンギャルド・ロックを全編で展開。

特に17分を超える「シスター・レイ」は、ギターアンプを通して歪ませたオルガンとフリーキーなファズ・ギターが狂気のノイズを奏でるアンダーグラウンド・ロックの礎と言える名曲。

VELVET UNDERGROUND『White Light/White Heat』 – 「Sister Ray」

試聴 Click!

ビートルズが『サージェント・ペパーズ』をリリースして楽観的・開放的なサイケデリック・ムーヴメントに湧くロンドンやアメリカ西海岸を横目に、ニューヨークにおいてこれほどまでに虚無的で内向的なサウンドが鳴らされていたとは。

1stに比べると2ndを聴いたリスナーはかなり少なくなると思いますが、ロックの歴史における重要度、そして完成度において1stに勝るとも劣らない一大傑作ですよね。

ニューヨークで生まれたアンダーグラウンド・ロックは、サイケデリック/ヒッピー・ムーヴメントが掬えなかった社会や個人の深層の闇とともに世界に波及。

まずは、渡米してジョン・ケージら前衛音楽家とも交流したミュージシャン、イルミン・シュミット率いるドイツのバンド、カンをピックアップ!

70年にリリースされた2nd『Soundtracks』から14分を超える「Mother Sky」をどうぞ!

CAN『Soundtracks』 – 「Mother Sky」

無機的でいてグルーヴ感もみなぎるビート、エモーションを排して即物的に叩きつけられるようなギターやベースやキーボード。

構成によるドラマを否定し、ミニマルなフレーズの繰り返しによる恍惚へと到達する原始的/呪術的なサウンドに痺れます。

ヒッピーのダモ鈴木が加入してからの一作目で、彼の瞑想的なヴォーカルも印象的。

試聴 Click!

次は、オランダのOUTSIDERS。

ガレージ/ビート・バンドとして67年にデビューしたバンドが68年にリリースした2nd。

凄まじいギターのフィードバック音・・・。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドと同時代にこんな作品がオランダに生まれていたとは。

OUTSIDERS『CQ』

試聴 Click!

なんとイタリアにもアンダーグラウンド・ロックが誕生したんです!

3作品をピックアップいたしますよ~。

LE STELLE DI MARIO SCHIFANO『Dedicato A…』

イタリアの画家マリオ・スキファノのプロデュースの元、ミラノ出身の若手ガレージ・バンドが67年に残したイタリア最古のアンダーグラウンド・ロック作品。

マリオ・スキファノは渡米してアンディ・ウォーホールのファクトリーにも通っていたようで、まさにヴェルヴェット・アンダーグラウンドのイタリア版と言えるでしょう。

試聴 Click!

THE GROUP『Feed-Back』

まさかイタリアに、ドイツのカンへの回答と言うべきグループが居たとは!

あのイタリア映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネがジャズやシュールレアリズムやミュージック・コンクレートなどアンダーグラウンドな実験音楽に呼応して結成したバンドGRUPPO DI IMPROVVISAZIONE NUOVA CONSONANZAが、ロックをより指向し、THE GROUPの変名でリリースした70年作!

試聴 Click!

BRAEN’S MACHINE『Underground』

もういっちょイタリア映画音楽の巨匠によるアンダーグラウンド・ロック作品をご紹介。

イタリア映画音楽のマエストロの一人ピエロ・ウミリアーニが設立したレーベルLIUTOからリリースされた71年作。

映画音楽のミュージシャンによる覆面バンドで、バンドを率いるのはなんと、あの巨匠エンニオ・モリコーネとは幼なじみだったというイタリア映画音楽の名作曲家アレッサンドロ・アレッサンドローニで、プロデュースは、ピエロ・ウミリアーニという豪華さ。

それでいてサウンドは、ファンキー&グルーヴィーなリズム隊、ミニマルなシンセ、グルグルと渦巻くファズ・ギターが彩るアンダーグラウンド・ロック!

試聴 Click!

ラストは、ギター&ヴォーカルの水谷孝が率いる日本のラディカル・ロック・バンド、裸のラリーズ!

虚無的なフィードバック音の洪水から立ち上る一片のロマンティシズム・・・。

LES RALLIZES DENUDES『Flightless Bird (YODO-GO-A-GO-GO)』

試聴 Click!

いかがでしたか?
思いもしなかった作品と出会ったり、新たなジャンルの扉が開いたり、みなさまのロック探求のワクワクに少しでも貢献できれば幸いです。

関連カテゴリー

世界のアンダーグラウンド・ロック探求

  • VELVET UNDERGROUND / WHITE LIGHT / WHITE HEAT

    後世のオルタナ/ギターポップにも多大な影響を与えた68年作2nd

  • LES RALLIZES DENUDES / FLIGHTLESS BIRD (YODO-GO-A-GO-GO)

    ジャパニーズ・アンダーグラウンド・サイケの最高峰グループ、67-82年の音源全8曲

    水谷孝率いるジャパニーズ・アンダーグラウンド・サイケの最高峰グループ。本作は、67-82年までの音源を収録した8曲入りの編集盤。これぞラリーズといった痙攣的な恍惚を覚えさせるフィードバックノイズの嵐の如きサウンドをはじめ、デモテイクの愛らしさといなたさが滲む静かな愛の唄「VALLE DE L’EAU」等、彼らの様々な表情、そして日本語ロックの美しさをうかがえる好内容です。ジュリアン・コープ著『ジャップロック・サンプラー』の50選に掲載。

  • CAN / SOUNDTRACKS

    映画サントラ用の楽曲を収録した70年作

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。