プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

SKYLINE

BAROCK PROJECT

ART001(ARTALIA

ペーパーケース仕様。

評価:50 2件のレビュー

この音の瑞々しさやまばゆさときたら!EL&Pやジェネシスやニュー・トロルスのDNAを継いだイタリアの新鋭で、前作もカケレコベストセラーとなりましたが、この2015年作、さらに突き抜けてます!すごいワクワク感!

バンド自身が最高傑作と自認する15年作4th、往年のプログレやハード・ロックやクラシックを見事に料理しきった傑作、ジャケットはポール・ホワイトヘッド

クラシック音楽やキース・エマーソンに影響を受けたキーボード奏者&コンポーザーのLuca Zabbini率いるグループ。Luca自身がこれまでの最高傑作と評する2015年作4thアルバム。新たなドラマーとギタリストを迎え4人編成となっており、ゲストとして、なんとあのニュー・トロルスのVittorio De Scalziが3曲目に参加して録音されています。爽快なアカペラの多声コーラス・ワークではじまり、アコギとエレキによる弾むようなバッキング、透明感あるリリカルなピアノ、ファンタスティックなキーボードが豊かに広がるアンサンブルの何と素晴らしいこと!このオープニングを聴いて、ムーン・サファリを思い出すリスナーはきっと多いはず。前のめりに突っかかるようなリズムのキメとともに、ハモンド・オルガンがうねりを上げるところは、往年のプログレのDNAを継ぐ幻想性とともに、現代的なエッジが絶妙にバランスしててカッコ良いし、ガツンと歪んだギターとハモンドが突っ走るところなんかは70年代ハード・ロックも継いでてグッとくるし、管楽器風のトーンのキーボードが高らかに鳴り響いたかと思うとクラシックそのままの流麗なピアノが流れてメロディアスなパートにスイッチしたり、溢れんばかりのアイデアとそれを軽々とこなす演奏も特筆ものだし、すごいワクワク感いっぱい。EL&Pやジェスロ・タルへの愛情たっぷりなパートなんかもニンマリだし、往年のプログレ・ファンにも激レコメンド。前作も素晴らしい出来でしたが、さらに突き抜けた傑作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

TIGER MOTH TALES / STORY TELLERS: PART ONE の商品詳細へ

TIGER MOTH TALES/STORY TELLERS: PART ONE

初期ジェネシス、キャメル、クイーンの系譜にある英国ファンタスティック・ロック新鋭、2015年作2nd、何という才能、プログレ・ファン必聴の大傑作

2090円(+税)

UNREAL CITY / IL PAESE DEL TRAMONTO の商品詳細へ

UNREAL CITY/IL PAESE DEL TRAMONTO

ムゼオやレ・オルメのDNAを受け継いだ70年代ヴィンテージスタイルのイタリアン・ロック新鋭、2015年作2nd

2290円(+税)

DRY RIVER / QUIEN TENGA ALSO QUE DECIR...QUE CALLE PARA SIEMPRE の商品詳細へ

DRY RIVER/QUIEN TENGA ALSO QUE DECIR...QUE CALLE PARA SIEMPRE

クイーンからディープ・パープル、果てはLAメタルやビック・バンドまでを素材に稀代の諧謔精神で「プログレ」に仕立てあげるスペインの新鋭、2014年作2nd

2390円(+税)

CAST / VIDA の商品詳細へ

CAST/VIDA

[カケレコ国内盤リリース中] メキシコが世界に誇るシンフォニック・ロック・バンド、2015年作、イタリア人の気鋭ヴァイオリン奏者を迎えた壮麗かつダイナミックな傑作

2990円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

EL&PやLE ORMEやBANCOのDNAを継ぐイタリアン・キーボード・プログレ新鋭特集!

まとめて試聴する

  • LA CURVA DI LESMO 『LA CURVA DI LESMO』

    HOSTSONATENのFabio ZuffantiとLA COSCIENZA DI ZENOのStefano Agniniによるプロジェクト、70年代テイストたっぷりな2015年デビュー作

  • SCHERANI 『EVERYBODY'S WAITING』

    イタリア、HOSTSONATENのキーボード奏者、12年ソロ作

  • DORACOR 『LA VITA CHE CADE』

    伊出身11年作、きらびやかなキーボードと硬質なギター絡むドラマティックなキーボード・シンフォ、11年作

  • SENZA NOME 『SENZA NOME』

    伊プログレ新鋭、08年デビュー作、P.F.M.やBANCOの遺伝子を受け継ぐ正統派イタリアン・ロック、超レコメンド!

  • GAN EDEN 『GOODBYE』

    イタリア新鋭18年作、BANCOやPFMなど70年代イタリアン・ロックへの憧憬と暖かみのある気品に溢れたキーボード・プログレ/シンフォニック・ロック

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • SEVEN SEAS

    BAROCK PROJECT

    ARSIMM/1036(IMMAGINILICA

    評価:50 1件のレビュー

    デジパック仕様

    技巧派キーボード奏者&コンポーザーLuca Zabbini率いるイタリア新鋭、19年作6th!

    レーベル管理上、デジパックに若干圧痕がある場合がございます。ご了承ください。

    奇才Luca Zabbini率いる伊プログレ新鋭、19年作!スケール大きなクラシカル要素と、ハードロック的疾走感、そして突き抜けるように明快でキャッチーなメロディメイクを一体にしたサウンドは揺るぎなし。エマーソン譲りの才能を炸裂させるキーボードが聴き物!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ダイナミックで明るく気品に溢れる傑作アルバム。これは買い!(2 拍手)

ike333さん レビューをすべて見る

いきなりコーラスでアルバムは幕開け、歌詞は英語ですが、伸び伸びとしたLuca Pancaldiの歌声が素晴らしいです。そして、特に、リーダーのLuca Zabbiniは、華麗なピアノ、クラシカルかつスリリングなオルガン、心に響くアコギ、ダイナミックなベースなどを演奏しており、この人、どこまで器用なのでしょう。驚きです。ゲストはVittorio De Scalziのフルート(タイトル曲)だけでなく、チェロ奏者なども参加しています。この生弦のオーケストレーションがまた素晴らしく、さらに、登場するとハッとするほど美しい旋律を奏でるピアノなどによって、単なる分厚いシンフォではない、明るく気品に溢れる音楽を展開する傑作アルバムとなっています。なお、ジャケットイラストは意味深なPaul Whiteheadでこれもポイント高いです。

ナイスレビューですね!

評価:5 サンプル曲のドラムとコード進行がツボならオススメです(0 拍手)

ミランダさん レビューをすべて見る

ここ何年かの内に聴いたイタリアン・プログレの中では最高レベルで気に入ったバンドです。
サンプルとして挙げられているOvertureは題名通り、いかにもアルバムの冒頭を飾るのに相応しいファンファーレで、
それ以外にもポップな曲、ハードに迫る曲など、色々な曲想の作品が収録されていますが、
どの曲にもコード進行のクセやドラムスのアレンジなどに一貫した個性が感じられ、
さまざまな曲を楽しめながらも、根底にある音楽性の揺ぎ無さが感じられます。
Overture聴いてそういう部分が気に入った方はオススメです。

ナイスレビューですね!