プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

BATTERSEA POWER STATION

JUNIOR'S EYES

ECLEC22502(ESOTERIC

ボーナス・トラックを14曲収録したDISC 2との2枚組、デジタル・リマスター。

評価:40 1件のレビュー

ボウイのバック・バンドと言えばスパイダース・フロム・マーズが浮かぶけど、それ以前の「Space Oddity」でバックを務めたのはこのグループ。ピンク・フロイドのサポートも務めるギタリストTim Renwickが在籍していて、プロデューサーはトニー・ヴィスコンティ!

初期デヴィッド・ボウイのバックを務めた英バンド、69年デビュー作

デヴィッド・ボウイの2nd『スペース・オディティ』に全面参加するなど、初期ボウイのバック・バンドとしても知られるグループによる68年のデビュー作。メンバーの中心は2人のギタリストで、ジェイムス・テイラーのデビュー作に参加したMick Wayneと、後にパブ・ロック・バンドQUIVERを結成し、80年代後半〜90年代はじめにはピンク・フロイドのサポート・ギタリストもつとめることになるTim Renwick。リック・ウェイクマンのゲスト参加も特筆で、プロデュースはトニー・ヴィスコンティ!やっぱりギターは素晴らしくて、中域寄りのファットでいてスコーンとヌケの良いトーンは最高だし、3曲目「Imagination」の変拍子リフやオブリガードなんて、ジャイルズ・ジャイルズ&フリップの頃のロバート・フリップの屈折感と初期イエスのピーター・バンクスの疾走感が一緒になったようで強烈だし、さすがの存在感。バラードではメロトロンも溢れてドラマティック!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

AUDIENCE / FRIENDS FRIENDS FRIEND の商品詳細へ

AUDIENCE/FRIENDS FRIENDS FRIEND

ピーター・ハミルにも比肩する名ヴォーカルHoward Werth率いる英ロックの曲者グループ、カリスマ移籍後の70年作2nd

1890円(+税)

TRACE / BIRDS の商品詳細へ

TRACE/BIRDS

技巧派key奏者R.V.D.Linden率いるオランダのキーボード・プログレ・バンド、元WOLFのドラマーIan Mosleyが加入し制作された最高傑作75年作2nd、Darryl Wayもゲスト参加

2590円(+税)

JACKSON HEIGHTS / KING PROGRESS の商品詳細へ

JACKSON HEIGHTS/KING PROGRESS

元NICEのベーシストLee Jacksonによるグループ、英国純度100%な70年デビュー作!

2290円(+税)

PROCOL HARUM / PROCOL HARUM(A WHITER SHADE OF PALE) の商品詳細へ

PROCOL HARUM/PROCOL HARUM(A WHITER SHADE OF PALE)

67年の記念すべきデビュー・アルバム、R&Bフィーリングとクラシカルな気品が同居した味わい深いナンバーが揃う名作

1090円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 アングラ.サイケ.プログレッシブ.ポップ.ロック?(1 拍手)

イニュ円導さん レビューをすべて見る

このタイトルには思い入れがあって、昔.SPMからアナログ落としを掴まされ、その後新装丁盤でSPMから出たので「やっとか!」と思ったら、又アナログ落としだった。(しかもわざわざ別のコピー) --ので2000年にキャッスルからオフィシャルで出たときは狂喜乱舞したもんだった。 好きなんですこのアルバム。
それが、リマスター再発されたのがコレ。ボーナスも(少し)増えた。ジャケがオリジナルLPのやつに戻されたのがうれしい。(キャッスルのカラフルジャケもいいが)
なんといっても冒頭の超大作に尽きる!様々な曲を繋ぎ合わせた、展開がコロコロ変わっていく組曲。組曲といっても「危機」「サパーズ.レディ」みたいな高貴なモノではなく、ちょっと下品なとこがあってそれが独特だ。耳に残りやすいキャッチーなリフやメロディが散りばめられていて、わりかしポップでもある。が、それでいてちゃんとギターソロなんかも聴かせる。つい口ずさみたくなるような分かりやすさも有る。ヘンな片面一曲の超大作だ。(アナログ盤欲しいなー) B面(CDは「PlayTime」から)は少曲で、ホントちょっと品のないサイケハードポップロックみたいな曲が並んでる。(個人的に「WhiteLight」は佳曲だと思う。)
69年という時代も感じさせる、ホントーに変わっていて、でもキャッチーでもある作品だ。好き。

ナイスレビューですね!