プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

TOPI O UOMINI

FLEA

VMCD093(VINYL MAGIC

帯付き仕様、紙ジャケット仕様。

評価:30 1件のレビュー

伊ジャズロックETNAの前身バンドですが、こちらは熱気溢れるハードロック!ヘヴィーなギターリフに技巧的なドラム、スリリングな展開は、まさにイタリアからのツェッペリンへの回答!?

ETNAの前身バンド、スリリングで熱気溢れるイタリアン・ハード、72年作

ETNAの前身バンド。72年作の唯一作。ETNAとは異なり本作で聴けるのは、スリリングなギター・リフ、ヘヴィ&アグレッシヴな爆走ドラムをフューチャーしたハード・ロック。ブリティッシュ・ロックからの影響が強く感じられますが、性急な展開や伊語による熱気溢れる歌メロはいかにもイタリア。LP。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

FESTA MOBILE / DIARIO DI VIAGGIO DELLA FESTA MOBILE の商品詳細へ

FESTA MOBILE/DIARIO DI VIAGGIO DELLA FESTA MOBILE

IL BARICENTROの前身バンドによる73年唯一作、ピアノをフィーチャーしたイタリアン・ロックとして最高峰の逸品!

990円(+税)

POP MASINA / KISELINA の商品詳細へ

POP MASINA/KISELINA

旧ユーゴ産サイケ/ハード・ロック・グループ、73年デビュー作

1490円(+税)

STACKRIDGE / MAN IN THE BOWLER HAT の商品詳細へ

STACKRIDGE/MAN IN THE BOWLER HAT

70年代ブリティッシュ・ポップを代表する傑作、74年3rd、ジョージ・マーティン・プロデュース!

890円(+税)

I NUMI / ALPHA RALPHA BOULEVARD の商品詳細へ

I NUMI/ALPHA RALPHA BOULEVARD

イタリアのグループによる唯一作、60年代的ビート・ポップ/サイケとプログレへの過渡期の香りが充満する71年作

545円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ユーロ・ハード名作選〜スペインやオランダやイスラエルにもハード・ロック・バンドが!?

まとめて試聴する

  • EVOLUTION 『EVOLUTION』

    キレ味抜群のギターを中心にスピーディーに畳みかける本格派スパニッシュ・ハード・ロック!70年リリース

  • JERICHO 『JERICHO』

    イスラエルを代表するハード・ロック・グループによる72年作、本場英国の名作群にも引けを取らないハード・ロック史上に残る傑作

  • NOVEMBER 『6:E』

    スウェーデンのグループ、72年作3rd、鋭角かつヘヴィなギター・リフと重量級リズムを中心としたヘヴィ・ブルース・ロックと叙情的なバラードが持ち味、72年リリース

  • TOAD 『TOAD』

    スイス屈指のハード・ロック・グループ、71年の傑作デビュー作!

  • POP MASINA 『KISELINA』

    旧ユーゴ産サイケ/ハード・ロック・グループ、73年デビュー作

  • LENO 『LENO』

    アグレッシヴなギターが疾走するエネルギッシュなスパニッシュ・ハード、79年作

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 Flea On The Honey → Flea → Etna(3 拍手)

0321PROGさん レビューをすべて見る

72年唯一作
名前がどんどん変わるイタリアのグループです。
もともとはFlea On The Honeyとして71年にアルバムをリリース、そして72年
にメンバーは固定のままFLEA名義で本作を発表、その後75年にはEtna名義で
リリース、この時もメンバーは固定です。バンド名が変わるたびに微妙に音
も変化しており、Flea On The Honeyではフルート入りオルガンロック、本作
FLEAはブリティッシュの影響が強いハードロック、そしてEtnaはジャズロック
を演奏しています。
Etnaでのリリース後にAgostino MarangoloとAntonio Marangoloの兄弟が
Goblinに参加したと言う事が話題に上がりやすいバンドです。
さて、FLEA名義での本作は、各人のテクニックを発揮しつつかなり勢いでゴリ
押しするタイプのハードロック作品となっています。
お世辞にも構築的なサウンドと言うことで聴かれるべき作品ではないので単調
に感じてしまう所もあるかもしれません。
音はLed Zeppelinなどのブリテッシュハードのイメージが一番近いでしょう。
ギターソロを完全に食ってしまっているAgostino Marangoloのドラムがやはり
聴き応えがあります。
無骨なハードロックファンには受け入れられそうなアルバムです。
変化に富んだ作品が好みな方はEtnaから聴かれると良いと思います。

ナイスレビューですね!