プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

SALTY

ALEX RICHMAN

BIGPINK361(BIG PINK

紙ジャケット仕様、帯付仕様。

評価:40 1件のレビュー

キャロル・キングをスモーキーにしたような歌声が良いし、何と言っても、ライ・クーダー、ジェシ・デイヴィス、ジム・ケルトナーが参加してるからね!マイナーだけど内容はピカいち!

ライ・クーダーやジェシ・デイヴィスやジム・ケルトナーが参加した女性SSWによる72年唯一作、SSW/スワンプの名作

後にドアーズのギタリストのロビー・クリーガー、ドラマーのジョン・デンズモアが結成したバンドBUTTS BANDに参加する米女性Key奏者&SSW。72年にCAPITOLよりリリースされたソロ唯一作。何と言ってもバックが豪華で、ジム・ケルトナー(dr)、クリス・エスリッジ(元FBBのベース)、ウェイン・パーキンス(マッスル・ショールズの名ギタリスト)を中心に、曲によって、ライ・クーダー、ジェシ・エド・デイヴィスなどが参加しています。キャロル・キングをスモーキーにしたような歌声、彼女自身が弾く流麗なピアノ&オルガン&ハープシコードも魅力的です。キャロル直系の黄昏のSSW曲からバックの力強い演奏がグルーヴしまくるスワンプ・ロックまで、SSW/スワンプのファンにはたまらない佳曲ぞろい。ジャケも含めて地味な位置づけの作品ですが、内容はピカイチ!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

HIGHWAY / HIGHWAY の商品詳細へ

HIGHWAY/HIGHWAY

「アメリカなイギリス」のファンは120%気に入っちゃう英スワンプ屈指の名作、74年作1st

2190円(+税)

GORDON WALLER / GORDON の商品詳細へ

GORDON WALLER/GORDON

ピーター&ゴードン解散後、ゴードン・ウォーラーが渡米して録音した72年作ソロ、SSW/スワンプの傑作!

2290円(+税)

BOONDOGGLE & BALDERDASH / BOONDOGGLE AND BALDERDASH の商品詳細へ

BOONDOGGLE & BALDERDASH/BOONDOGGLE AND BALDERDASH

71年発表の米スワンプ・ロック傑作、アメリカナイズドな英パブロックのファンにもオススメ!

2190円(+税)

ASLAN / PAWS FOR THOUGHT の商品詳細へ

ASLAN/PAWS FOR THOUGHT

レスターシャー出身、男女3人ずつの6人組クリスチャン・フォーク・グループ、美しい歌声とハーモニーに心あらわれる76年の名作

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

【米スワンプ・ロック/SSW探求】 綺麗なスワンプ姉さんは、好きですか?

まとめて試聴する

  • WHITE CLOUD 『WHITE CLOUD』

    プロデューサーや作曲家としても名作を残した名ミュージシャン、THOMAS JEFFERSON KAYEが「東海岸のジャニス」ことJOANNE VENT等と組んだバンド、72年唯一作。

  • JANE GETZ 『NO ORDINARY CHILD』

    大物とも共演する名ジャズ・ピアニストであり、ジョン・レノンなどの作品にも参加するスタジオ女性ミュージシャン、72年のソロ2nd

  • BRENDA PATTERSON 『LIKE GOOD WINE』

    テネシー生まれの米フィメール・スワンパー、SNUFF GARRETTプロデュースの74年作。

  • PRISCILLA 『GYPSY QUEEN』

    リタ・クーリッジの姉、夫であるブッカー・T・ジョーンズのプロデュースによる71年作ソロ

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 末期カーヴド・エアー(3 拍手)

tsさん レビューをすべて見る

(!)に参加した事で知られる鍵盤奏者。
裏ジャケでは鍵盤に囲まれた写真が掲載されておりそれっぽい雰囲気も出ていますが、内容はいたって良質なSS&Wアルバムです。オルガンやクラヴィネットも弾いていますが、メインはピアノ弾き語りで堅実なバッキングにも好感が持てます。音的にはAnn Odellのソロを連想させる部分もあるのですが、この人の場合もう少し歌の内容が重くて、大都会(シカゴ?)での孤独感とか、はがゆい人間関係とかヒリヒリした感情(失恋から癒えていない感じ)とかを題材にしているのが多く、アルバムタイトルの“Salty

ナイスレビューですね!