プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

SSSSH

TEN YEARS AFTER

724357894920(EMI

評価:40 1件のレビュー

69年作、Alvin Leeのギターが冴えるブルース・ハードの名作

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

CAMEL / BREATHLESS の商品詳細へ

CAMEL/BREATHLESS

元キャラヴァンのメンバーが多く在籍した「キャラメル」期の名作、78年7th

1,990円(税込2,189円)

GRATEFUL DEAD / AMERICAN BEAUTY の商品詳細へ

GRATEFUL DEAD/AMERICAN BEAUTY

ガルシア出自のルーツ路線に回帰したカントリー・ロック永遠の名作、70年発表

490円(税込539円)

WOODEN HORSE / II の商品詳細へ

WOODEN HORSE/II

女性ヴォーカルを含む英フォーク・グループ、73年作2nd、ジャケから漂う秘宝臭の通りの英フォーク・ロック逸品

2,190円(税込2,409円)

SILVERHEAD / SILVERHEAD の商品詳細へ

SILVERHEAD/SILVERHEAD

カリスマ性みなぎるヴォーカリスト、マイケル・デ・バレスを中心とする英グラム・ハード・バンド、72年デビュー作

1,890円(税込2,079円)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Bad Scene
2. Two Time Mama
3. Stoned Woman
4. Good Morning Little Schoolgirl
5. If You Should Love Me
6. I Don't Know That You Don't Know My Name
7. The Stomp
8. I Woke Up This Morning

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

レココレ特集『1969年の音楽地図』連動【イギリスのロック/ポップス Vol.2】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

  • 英国アーティストたちのウッドストック

    英国アーティストたちのウッドストック

    世紀の音楽イベント「ウッドストック・フェスティバル」から50年!ここでは英国から参加したアーティストたちを取り上げていきたいと思います。

  • 「速弾きギタリスト」〜『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!〜

    「速弾きギタリスト」〜『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!〜

    60-70年代に活躍した、速弾きを得意とするギタリスト達の作品を取り上げました。

  • ウッドストック・フェスティバル特集

    ウッドストック・フェスティバル特集

    1969年8月15日に開催された、ウッドストック・フェスティバルの特集です。

  • ブリティッシュ・ブルース・ロック特集

    ブリティッシュ・ブルース・ロック特集

    本場アメリカ南部で生まれたブルースがイギリスに輸入されて誕生したブリティッシュ・ブルース・シーンを特集。アコースティック・ブルースから、エレクトリック化、さらに「ロック」と融合してブルース・ロック・ムーヴメントへと発展した激動の50年代〜60年代の流れを見ていくことにいたしましょう。

  • ブリティッシュ・ハード・ロック特集

    ブリティッシュ・ハード・ロック特集

    ビート・ブーム、サイケデリック革命、シンプルなバンド演奏へと回帰したブルース・ロック・ブームを経て、テクノロジーの発達とともに60年代末にいよいよ花開いた「ブリティッシュ・ハード・ロック」!胎動の67年からメジャーシーンを席巻した70年まで、年代を追って英ハード・ロックの名作をピックアップしながら、英ハードの進化と深化を探ってまいります。

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 意外に抒情的な流れもある(3 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

あまりにも4. Good Morning Little Schoolgirlと8. I Woke Up This Morning の印象が強烈なので損をしている気がします。もちろんアルヴィン・リーのギターが売りのバンドだったので、ブルーズベースのハードロックだったことは疑いありません。

わたしが、この作品でよく聴くのは旧B面の流れです。5. If You Should Love Meは、アイ・アム・ザ・ウォルラスのようなハモンドをバックに、ビージーズ級の哀愁あるボーカルが印象的です。6. I Don't Know That You Don't Know My Nameは、アコースティックなギターとピアノを強調した清々しい曲。この2曲があるため、ゴリゴリのブルーズという印象が和らぎます。さしづめ大トロを食べる前にサバとイカで口直しをしているような…。で、8. I Woke Up This Morningで思いっきりのけぞりましょう。

ナイスレビューですね!