プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

LIVE AT TOPANGA CORRAL

CANNED HEAT

REP4814(REPERTOIRE

評価:40 1件のレビュー

米ブルース・ロック代表格、70年リリースのライヴ作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 骨太のブルーズ実況盤(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

「Topanga Corral」とタイトルにありますが、実際は1969年ハリウッドの「Kaleidoscope」というクラブハウスで録音されたもの。「Live at the Kaleidoscope 1969 」と同一録音です。グループ側がライブ盤制作を画策したものの、レーベル側からOKがおりなかったため、デビュー前の音源であるとしてブートレグで出されていたいわくがあります。現在はオフィシャルのカタログにもきちんと登載されております。音は素晴らしく、何より勢いがあった頃のヒートの長い演奏を聴けることがよろしいです。

「ダスト・マイ・ブルーム」も「ブルフロッグ・ブルーズ」も演奏していて、ヒートのコアなユーザーでいらっしゃらなくても大丈夫。スタジオ録音ではなかなか聞けない、ヘンリー・ヴェスティンのファズギターのアドリブやアラン・ウィルソンとのかけあいがクリアに楽しめます。ヒートはライブになると、とてもヘビーな演奏をするグループだったことが判ります。 「スイート・シックスティーン」なんて、ゼップのユーザーのかたからしたら、絶品に聴こえると思います。

彼らがずっとブルーズから外れないことが理由ですが、ヒートには外れの録音が思いつきません。それに「アイド・ラザー・ビー・ザ・デビル」のアラン・ウィルスンのハープの見事さ。メガネかけたオタクにしか見えない人なのです。

ナイスレビューですね!