プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

CONTRASTS: URBAN ROAR TO COUNTRY PEACE

FIELDS

ECLEC2488(ESOTERIC

オリジナル・マスター・テープからのデジタル・リマスターで音質もクリア。ボーナス・トラック3曲収録。

評価:40 1件のレビュー

レア・バードのGraham Fieldが元キング・クリムゾンのドラマーAndrew McCullochらと結成した英国キーボード・プログレ・グループ。彼らが新たに元スーパートランプのFrank Farrellを加え、2nd用に録音しつつもお蔵入りとなった幻の音源がこちら!

なんと71年にキーボード・プログレの名作を残したバンドFIELDSが2nd用に録音しながらお蔵入りとなった幻の音源が発掘CD化!

レア・バードのリーダーGraham Fieldが、元キング・クリムゾンのドラマーAndy McCullough(dr)らと結成し、71年に唯一作『FIELDS』を残したキーボード・トリオ。なんと2nd用に録音されながら、お蔵入りとなっていた幻の音源が発見され、40年以上の時を超えてめでたくリイシュー!1stからベースが代わっており、新たに元スーパートランプのFrank Farrellが参加しています。クラシカルな格調高さの中に英国らしい幻想性や叙情性や牧歌性がにじむハモンド・オルガンをフィーチャーしたキーボード・プログレは変わらず魅力的で、優美なメロディと朗らかなヴォーカルもまた胸に響きます。Andy McCulloghによるタイトでいてふくよかなな歌心あるドラミングもまた聴きどころです。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

FIELDS / CONTRASTS: URBAN ROAR TO COUNTRY PEACE の商品詳細へ

FIELDS/CONTRASTS: URBAN ROAR TO COUNTRY PEACE

なんと71年にキーボード・プログレの名作を残したバンドFIELDSが2nd用に録音しながらお蔵入りとなった幻の音源が発掘CD化!

1890円(+税)

ANTHONY PHILLIPS / GEESE AND THE GHOST の商品詳細へ

ANTHONY PHILLIPS/GEESE AND THE GHOST

77年ソロ1st、これぞ英国という叙情と格調に満ちた傑作!

3290円(+税)

FIELDS / FIELDS の商品詳細へ

FIELDS/FIELDS

71年デビュー作、英国らしい叙情性とジャジー&プログレッシヴなアンサンブルが素晴らしいキーボード・ロックの名作

1790円(+税)

DOGMA / TWIN SUNRISE の商品詳細へ

DOGMA/TWIN SUNRISE

ブラジル、女性ヴォーカル入り、90s南米シンフォの名作、96年作

790円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • FIELDS

    FIELDS

    ECLEC2207(ESOTERIC

    評価:50 2件のレビュー

    デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲

    71年デビュー作、英国らしい叙情性とジャジー&プログレッシヴなアンサンブルが素晴らしいキーボード・ロックの名作

    元レア・バードのオルガン奏者が、クリムゾン『リザード』やグリーンスレイドで知られるドラマーと結成したグループですね。憂い溢れるクラシカルなオルガンと手数多いシャープなドラムとの対比が鮮やか!

  • コントラスツ:アーバン・ロアー・トゥ・カントリー・ピース

    フィールズ

    DUPG194

    直輸入盤(帯・解説付仕様)、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲、定価2600+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯に若干折れあり

    なんと71年にキーボード・プログレの名作を残したバンドFIELDSが2nd用に録音しながらお蔵入りとなった幻の音源が発掘CD化!

    レア・バードのGraham Fieldが元キング・クリムゾンのドラマーAndrew McCullochらと結成した英国キーボード・プログレ・グループ。彼らが新たに元スーパートランプのFrank Farrellを加え、2nd用に録音しつつもお蔵入りとなった幻の音源がこちら!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 フィールズ・ファーストには負けますが(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

フィールズのファースト作の良さは、ブルーズ、ジャズのテイストがクラシカルなオルガンと調和していたことにつきると思っています。渋いギターを弾いていたアラン・バリーが代わってしまっているので、残念ながらファースト作の絶妙な魅力は半減しています。それぐらいアラン・バリーは貢献していました。

ただしグレアム・フィールドのころころしたキーボード、アンディ・マクロークのドラムズは健在、むしろマクロークの演奏はこちらの録音のほうが派手に感じるほどです。クラシックに偏りすぎず、ロックンロールの世俗的なところを残したオルガン・トリオで、貴重なグループです。

ライナーによると、グレアム・フィールドにファースト作のリマスターの交渉にいったとき、セカンド作の録音がすっかり終わってスタジオに眠っていると教えてもらったそうです。彼が健在だったことからの発掘だったのですね。

ナイスレビューですね!