プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

BIELA PLANETA and GENERATION

FERMATA

9128102(OPUS

2枚組、デジタル・リマスター。

評価:43 3件のレビュー

スロバキアのみならず東欧屈指と言うべきグループですね。ギターとキーボードがアグレッシヴなフレーズでせめぎ合う硬派なジャズ・ロックに流麗なフュージョン・タッチも織り交ぜたスタイルが持ち味♪

スロバキア出身、東欧屈指のプログレ/ジャズ・ロック・グループ、80/81年作

スロバキアを代表するプログレ/ジャズ・ロック・グループ。80年作の5thと81年作の6thをカップリングした2枚組。ギターとキーボードを中心とするアンサンブルが持ち味で、アグレッシヴなフレーズでせめぎ合う硬派なジャズ・ロック・パート、浮遊感のあるシンセとそこにユニゾンで絡む流麗なギターとによるフュージョン・タッチのパートが聴き所。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

DISCUS / 1st の商品詳細へ

DISCUS/1st

インドネシア出身、驚異的なテクニックと見事なアレンジ・センス、辺境シーン屈指の名バンド!

1990円(+税)

COLLEGIUM MUSICUM / KONVERGENCIE の商品詳細へ

COLLEGIUM MUSICUM/KONVERGENCIE

東欧のキース・エマーソンMarian Varga率いるクラシカル・キーボード・プログレ!71年作2nd

2390円(+税)

DUNCAN MACKAY / CHIMERA の商品詳細へ

DUNCAN MACKAY/CHIMERA

10ccやコックニー・レベル作品への参加で知られる南ア出身のキーボード奏者、プログレッシヴかつ叙情性溢れるキーボード・プログレの大傑作!

2390円(+税)

MIA / CORNONSTIPICUM の商品詳細へ

MIA/CORNONSTIPICUM

アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いるクラシカル・プログレ・グループ、78年発表の名作3rd

2090円(+税)

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 組曲「ワスカラン」

    フェルマータ

    BELLE142253(BELLE ANTIQUE

    廃盤、紙ジャケット仕様、SHM-CD、14年リマスター、定価3143+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    東欧屈指のプログレ/ジャズ・ロック・グループ、77年作

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 フュージョン、クロスオーヴァー路線の傑作(11 拍手)

kobakunさん レビューをすべて見る

80年代に入り、さすがに時代には逆らえず、フュージョン、クロスオーヴァー路線を突き進みます。

6thではサックスも入り、ファンキーさも増してきますが、テクニカルでタイトな演奏はそのまま。
さらに、なぜかエキゾチックでダークな雰囲気もそのままで、何とも摩訶不思議な音色の作品に仕上がっています。
特筆すべきは曲の良さで、2作ともはねるようなアンサンブルと、バックを彩る重厚なシンセの融合は新境地ともいうべき独特の雰囲気をかもし出しています。

こうしてみると、1st、2ndの王道ジャズロック路線、3rd、4thのアンサンブル重視のテクニカル・シンフォ路線、そして、その2つの面を見事に融合した5th、6thと、着実に成長していくバンドの姿を確認することができます。

ナイスレビューですね!

評価:5 フュージョン化しても良い(2 拍手)

じゃ、見ろクワイ(笑)さん レビューをすべて見る

80年代初頭の旧東欧のプログレッシヴ・シーンは、これやらSYNKOPYやらSBBやらの作品が依然高い水準を誇っています。フュージョン色が出てきているものの、けっしてお話にならないような感じではない。そしてギターが巧い。当時の旧東欧のほうが西側よりも表現に制約がなく自由だったというのは知るひとぞ知る逆説的逸話です。

ナイスレビューですね!

評価:3 待ってました!Fermataファンには御の字のCD(1 拍手)

ike333さん レビューをすべて見る

元Collegium MusicumのギタリストFero Griglakが中心となって結成されたFermataは、2作目で東欧ジャズ・ロックの傑作、4作目でプログレの傑作を発表しています。

本CDは今まで入手困難だった5作目、6作目のカップリングで、Fermataのファンにとっては御の字モノ。

5作目は、バリバリのジャズ・ロック路線に戻っていますが、生ギター中心のラスト直前の曲がなかなか感動的、聞き逃せません。また、6作
目は、エキゾチックなメロディーも出てきますが、基本は、高度な技術に裏付けされたコアなジャズ・ロック/フュージョンのアルバムとなっています。

(どれをとってもハイレベルな作品を出し続けているFermataの今回の再発4組の中での相対的順番を付けるため、敢えて☆3つとしたものです。絶対評価ではありません。)

ナイスレビューですね!