プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

マイ・ジェネレイション

ザ・フー

UICY20181 【2011年発売CD】

SHM-CD、マスター2008年、ボーナス・トラック12曲、定価1851。

評価:50 1件のレビュー

65年発表、世代を超えて歌い継がれる名曲「MY GENERATION」収録、永遠の青春のアンセム!

65年リリースの記念すべきデビュー作。プロデュースは、KINKSの1stと同じシェル・タルミー。キース・ムーンの超人的なドラムと暴れ回るエントウィッスルのベースによるドライヴ感いっぱいのリズム隊。タウンゼントのエッジの立ったリズム・ギター。ダルトリーのエネルギッシュなヴォーカル。まさに鉄壁のアンサンブル。そしてエバーグリーンなメロディ。素晴らしすぎる永遠のデビュー作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

THE WHO / WHO'S NEXT の商品詳細へ

THE WHO/WHO'S NEXT

71年発表、フックに富んだキャッチーなロック・ナンバーを満載した貫禄の名盤!

890円(+税)

MICHAEL SCHENKER GROUP / MICHAEL SCHENKER GROUP の商品詳細へ

MICHAEL SCHENKER GROUP/MICHAEL SCHENKER GROUP

80年デビュー作

590円(+税)

KING CRIMSON / LARKS' TONGUES IN ASPIC の商品詳細へ

KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC

フリップ以外のメンバーを一新して制作された73年作5th、圧倒的な緊張感とダイナミズムが支配する大傑作!

890円(+税)

BECK BOGERT & APPICE / LIVE の商品詳細へ

BECK BOGERT & APPICE/LIVE

ジェフ・ベックが米ロック界最強のリズム隊ボガート&アピスと組んだトリオ、73年ライヴ作

1690円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. アウト・イン・ザ・ストリート (MONO)
2. アイ・ドント・マインド (MONO)
3. ザ・グッズ・ゴーン (MONO)
4. ラ・ラ・ラ・ライズ (MONO)
5. マッチ・トゥー・マッチ (MONO)
6. マイ・ジェネレイション (MONO)
7. キッズ・アー・オールライト (MONO)
8. プリーズ・プリーズ・プリーズ (MONO)
9. イッツ・ノット・トゥルー (MONO)
10. アイム・ア・マン (初CD化モノ・ミックス) (MONO)
11. ア・リーガル・マター (MONO)
12. ジ・オックス (MONO)
13. アイ・キャント・エクスプレイン (MONO) (ボーナストラック)
14. ボールド・ヘッデッド・ウーマン (MONO) (ボーナストラック)
15. エニウェイ・エニハウ・エニウェア (MONO) (ボーナストラック)
16. ダディ・ローリング・ストーン (初CD化モノ・ミックス) (MONO) (ボーナストラック)
17. エニタイム・ユー・ウォント・ミー (MONO) (ボーナストラック)
18. シャウト・アンド・シミー (MONO) (ボーナストラック)
19. サークルズ (MONO) (ボーナストラック)
20. リーヴィング・ヒア (初登場モノ・ミックス) (MONO) (ボーナストラック)
21. ルビー(カム・バック・ホーム) (初登場モノ・ミックス) (MONO) (ボーナストラック)
22. ヒート・ウェイヴ (初登場モノ・ミックス) (MONO) (ボーナストラック)
23. モータリング (初登場モノ・ミックス) (MONO) (ボーナストラック)
24. サークルズ (オルタネイト・ミックス) (初登場モノ・ミックス) (MONO) (ボーナストラック)

テーマでカケハす。

1965年〜ロック・ビッグバンいよいよ爆発!

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • LIVE FROM TORONTO

    THE WHO

    IMA104201(IMMORTAL

    デジパック仕様、2枚組

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    1枚は盤無傷/小傷程度

    82年トロントでのライヴ音源、全22曲

  • ENDLESSWIRE

    THE WHO

    1709147(POLYDOR

    特殊プラケース仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケース不良、ケースにスレあり

    24年振りのニューアルバム、06年発表

  • ザ・フー・セル・アウト

    ザ・フー

    UICY20183

    SHM-CD、マスター:1995年リミックス、ボーナス・トラック10曲、定価1800

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    67年作3rd

  • TOMMY

    THE WHO

    9861011(POLYDOR

    デジパック仕様、2枚組デラックス・エディション、SACD/CDハイブリッド、デジタル・リマスター

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    情報記載シート付、若干経年変化があります

    69年作、ロック・オペラを代表する傑作!

    ロック・オペラの金字塔と言えばこの作品ですよね。

  • WHO'S NEXT

    THE WHO

    0600753271278(POLYDOR

    デジタル・リマスター、2枚組

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    1枚は盤に傷あり、若干破れあり

    71年発表、フックに富んだキャッチーなロック・ナンバーを満載した貫禄の名盤!

    ARPシンセのミニマルなイントロ、そこに格調高く響くピアノのバッキング、パワフルにリズムが刻まれエネルギッシュなシャウトが入ると、4人にしか到達できない高みのサウンドへ。完璧な導入ですね。

  • 四重人格

    ザ・フー

    UICY20421

    SHM-CD、マスター1996年、定価2400

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    コンセプト・アルバムの最高峰、73年発表

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯にミシン目切れ目・テープ補修あり、若干カビあり

    キース・ムーン亡き後、ドラムにケニー・ジョーンズ(元SMALL FACES)を迎えて制作された81年作

  • BBC SESSIONS

    THE WHO

    5477272(POLYDOR

    全26曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    60年代の代表曲を中心とするBBCセッション集、全26曲

  • ライヴ・アット・リーズ

    ザ・フー

    POCP7018

    25周年エディション、リマスター&リミックス、未発表バージョン8曲、定価2548

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干黄ばみあり、側面部に色褪せあり、ケースにスレあり

    70年2月14日、THE WHO最盛期の一瞬間を捉えたリーズ大学での名演!

    ニューヨーク・タイムズ誌に「史上最高のロック・ライブ・アルバム」と賞された伝説のライブ盤!暴力的なまでに叩きつけられる活気みなぎるビート、これぞ青春だ!

  • LIVE AT LEEDS

    THE WHO

    MCAD11215(MCA

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    70年2月14日、THE WHO最盛期の一瞬間を捉えたリーズ大学での名演!

    ニューヨーク・タイムズ誌に「史上最高のロック・ライブ・アルバム」と賞された伝説のライブ盤!暴力的なまでに叩きつけられる活気みなぎるビート、これぞ青春だ!

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ハードロックは、ここから始まった(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ポール・マッカートニーは、「へルター・スケルター」を、ザ・フーのオマージュとして作曲したそうです。レノンの「エブリバディーズ…マイ・モンキー」も同様でしょう。ビートルズにさえ、したたかな衝撃を与えたのがこのアルバム。聴いていて思うのが、何に向けてるのかさえ判らないいらだちと怒りです。「さらば青春の光」で、主人公はずっと何かに怒っています。年頃なんだと言えばそれまで。でも、本人にとっては何を諭されたって説得力はなく、どうやって息をしていくのか切実な問題です。

面白いのが英国にも北部南部の色分けがあったらしく、北部代表はホリーズ、サーチャーズ、アニマルズだったらしいです。対するロンドンからの返答がザ・フーとキンクスです。このアルバムで驚くことは、ベースとドラムズの荒々しさ。ここまで感情的な演奏って英国に存在していなかったのではないでしょうか。史上初のハードロックと言える「ジ・オックス」を聴いていると彼らが異次元で表現していたような気がします。「キッズ・アー・オールライト」は最高のビート・ポップなのに、最も印象に残るのがキース・ムーンの叩きまくりです。

最後にカバーになっている4人の緊張感ある表情が実にいいですね。エントウィッスルなんて哲学者に見えます。

ナイスレビューですね!