プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

QUANTUM JUMP

QUANTUM JUMP

ECLEC2472(ESOTERIC

ボーナス・トラックとして、シングルB面曲のほか、アルバム収録曲の79年リミックス音源を全5曲収録。オリジナル・マスターからのデジタル・リマスター。

評価:50 1件のレビュー

後にプロデューサーとして名を馳せるルパート・ハインがジョン・G・ペリーらと結成したブリティッシュ・ロック・グループ、76年デビュー作

名プロデューサー/Key奏者のRupert Hineが、キャラヴァンやカーヴド・エアでお馴染みのベーシストJohn G Perry、ケヴィン・エアーズのソロ作の他、なんと井上陽水の「氷の世界」にも参加しているセッション・ギタリストのMark Warner、敏腕ドラマーのTrevor Moraisと結成したプログレ/ポップ・バンド。76年作のデビュー作。ひねりの効いたファンキーなビート、クールに洗練された都会的なキーボードや管楽器、さりげなく流麗なフレーズを繰り出すフュージョン・タッチのギター、英国的なシニカルさとにじみ出る知性がたまらないキャッチーなメロディ。10ccやKORGISとフュージョン・バンドとがセッションしたような、そんな知的でセンス抜群のブリティッシュ・ポップ。これは唯一無比な傑作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

QUANTUM JUMP / BARRACUDA の商品詳細へ

QUANTUM JUMP/BARRACUDA

後にプロデューサーとして名を馳せるルパート・ハインが率いた英プログレ/ポップ・ロック・バンド、77年作2nd

2090円(+税)

SKY / SKY 3 の商品詳細へ

SKY/SKY 3

巨匠セゴビアに学んだクラシックギター奏者John Williamsと元カーヴド・エアのFrancis Monkmanが率いるフュージョン・ポップ・グループ、81年作3rd

790円(+税)

ICEBERG / ARC-EN-CIEL の商品詳細へ

ICEBERG/ARC-EN-CIEL

スペイン出身、ジャズ・ロックの名グループ!

2190円(+税)

TOMORROW'S GIFT / TOMORROWS GIFT の商品詳細へ

TOMORROW'S GIFT/TOMORROWS GIFT

ジャーマン・オルガン・ハード屈指の傑作と言える70年デビュー作、アフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴!

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ELOやQUEENになれなかった愛すべきB級グループたち

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • BARRACUDA

    QUANTUM JUMP

    ECLEC22477(ESOTERIC

    評価:45 2件のレビュー

    2枚組で、77年のBBC RADIO ONE 「IN CONCERT」の音源の他、スタジオアウトテイクやリミックス音源やシングル音源など15曲のボーナス・トラックを収録

    後にプロデューサーとして名を馳せるルパート・ハインが率いた英プログレ/ポップ・ロック・バンド、77年作2nd

    後にプロデューサーとして名を馳せるルパート・ハインが率いた英プログレ/ポップ・ロック・バンド、77年作2nd。コンポーザーとしての才能が光り輝く英ポップ屈指の一枚です。

  • バラクーダ

    クァンタム・ジャンプ

    OTCD4366

    2枚組、解説元からなし、デジタル・リマスター、定価2500+税

    帯【有】 解説【-】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    後にプロデューサーとして名を馳せるルパート・ハインが率いた英プログレ/ポップ・ロック・バンド、77年作2nd

    後にプロデューサーとして名を馳せるルパート・ハインが率いた英プログレ/ポップ・ロック・バンド、77年作2nd。コンポーザーとしての才能が光り輝く英ポップ屈指の一枚です。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 「粋」だと思います(6 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

スティーリー・ダンとリトル・フィートの作品を聞くと毎度唸らされてしまいます。このふたつの音楽至高主義グループは、やっている音楽の方向は違えど、ジャンルにこだわらずにどんな音でもセッションに叩きこんでみて、出た結果を取捨選択していくようなところが似通っております。で、出てくる音がどうなるのか、と言いますと「粋」という言葉につきると思うのです。

なぜか、こうしたグループはイギリスには少ないのです。あったとしてもプログレになったり、ジャズになったり、ミュージシャンの限界を逆に露呈するケースが多いようです。クアンタム・ジャンプは、イギリスにおけるスティーリー・ダン、リトル・フィートに相当する仕事を担うプロジェクトだったのではないでしょうか。

音はプログレでもジャズロックでもなく、懐かしい感じのするポピュラー音楽です。メンバーが全てテクニックがあるにも関わらず、演奏だけを聞かせようとはしていません。方向性はカフェ・ジャックスにも共通します。この作品を「粋」だと感じてしまうと、一種麻薬のような心地よさに包まれてしまいます。

ナイスレビューですね!