プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

BAKERLOO

BAKERLOO

ECLEC2468(ESOTERIC) 【2013年発売CD】

2013年デジタル・リマスター、シングルB面曲や別テイクなどボーナス・トラック5曲収録。

評価:40 1件のレビュー

コロシアム〜ハンブル・パイで活躍したギタリストによるブルース・ロック・トリオ。クリーム「クロスロード」ばりにブルージーにジャジーに引きまくる鋭角フレーズてんこ盛り!

後にコロシアム〜ハンブル・パイで活躍する名ギタリスト、デイヴ・クレム・クレムソンが在籍したバンド、69年作。

後にコロシアム〜ハンブル・パイで活躍する名ギタリスト、クレム・クレムソンがキャリアをスタートさせたブルース・ロック・トリオで、他の2人は、後にヴィネガー・ジョーやグレアム・ボンドのバンドで活躍するベーシスト、テリー・プールと、後にユーライア・ヒープに加入するドラマーのキース・ベイカー。英ハーヴェストから69年にリリースされた唯一作。オープニングから若きクレムのエネルギッシュなギターが炸裂!クリーム「クロスロード」やジョン・メイオールのブルースブレイカーズでのエリック・クラプトンのギターを彷彿させる鋭角なフレージングが光りまくっています。ジャジーな要素もある手数多くスリリングなリズム隊も特筆。バッハの曲をギターとハープシコードを中心にクラシックとジャズとブルースのフュージョンに仕立てたナンバーなど、プログレッシヴな感性もまた聴き所です。英ブルース・ロックの名作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

TEAR GAS / TEAR GAS の商品詳細へ

TEAR GAS/TEAR GAS

いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのプレイが冴え渡る、英ハード・ロック屈指の名作!71年発表

1,890円(税込2,079円)

GRACIOUS / GRACIOUS の商品詳細へ

GRACIOUS/GRACIOUS

70年にVERTIGOレーベルよりリリースされた1stアルバム、ピアノ/オルガン/メロトロン/ハープシコードを用いた絢爛なキーボードワークが冴えるクラシカル・ロック名盤!

1,590円(税込1,749円)

SPEED GLUE & SHINKI / EVE の商品詳細へ

SPEED GLUE & SHINKI/EVE

日本が誇るへヴィ・ロック・トリオ、記念すべき71年デビュー作

1,290円(税込1,419円)

RAW MATERIAL / TIME IS... の商品詳細へ

RAW MATERIAL/TIME IS...

サイケデリックな質感を有したハード・ジャズ・ロック・グループ、NEONレーベルの中でも最レア盤として知られた71年2nd、アートワークはキーフ

990円(税込1,089円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

【レーベル選:HARVEST】進化する英ロックを次々と収穫した偉大なレーベル

まとめて試聴する

レココレ特集『1969年の音楽地図』連動【イギリスのロック/ポップス Vol.2】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • ベイカールー

    ベイカールー

    MAR203337(MARQUEE

    デジタル・リマスター、直輸入盤国内仕様、ボーナス・トラック5曲、定価2700+税

    後にコロシアム〜ハンブル・パイで活躍する名ギタリスト、デイヴ・クレム・クレムソンが在籍したバンド、69年作。

    【購入特典:カケレコオリジナル小冊子をプレゼント!】

    コロシアム〜ハンブル・パイで活躍したギタリストによるブルース・ロック・トリオ。クリーム「クロスロード」ばりにブルージーにジャジーに引きまくる鋭角フレーズてんこ盛り!

    2,700円

    2,160円
    (税込2,376円)

    594円お得!

    CD詳細ページへ

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 タイプの違うジャンルのギターがこれでもか、と(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ロンドンの地下を走るベイカールー線にちなむブルーズ・トリオです。一聴してわかるとおり、メンバー何れもジャズの素養が高くて流れるように楽曲が進んでいきます。粘着するブルーズをちまちまやっているバンドではありません。泥臭くもなくて、速度と洗練を身上とする人たちです。中心がクレム・クレムスン。1曲目は、クレムスンのギターがオリンピックのように展開するすさまじさです。

ブルーズ曲では、クレムスンのスライドが活躍します。6曲目の「ジス・ウォリード・フィーリング」は、ツェッペリンのような重さです。しかもブルーズ・コピーというより次のステージを見ている批評性を感じます。68年のリリースですから、早い段階の洞察ですね。バッハの曲を高スピードで演奏する曲があって、これはシングルになったようです。

地下鉄の歴史を調べましたら、わが国の鉄道は英国をお手本にしているのに、地下鉄ではアルゼンチンがお手本なのだそうです。ロンドンで19世紀最初に地下鉄を通したときは蒸気機関車を通したそうなので、煙と音がすごかったでしょうね。

さてクレム・クレムスンは器用な人ゆえ、いろんなバンドで活躍します。一方でギタリストとしての個性がなかなかつかめない人です。このレコードを聴くかぎり、ジェフ・ベックのようにジャンルの際を攻めるタイプのギタリストです。革新派ギタリスト。

ナイスレビューですね!