プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

グレイトフル・デッド・ファースト

グレイトフル・デッド

WPCR560() 【95年発売CD】

定価1835。

評価:30 1件のレビュー

北米最大のモンスターバンド、記念すべき67年作1st!

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. ゴールデン・ロード
2. ビート・イット・オン・ダウン・ザ・ライン
3. グッド・モーニング・リトル・スクール・ガール
4. コールド・レイン・アンド・スノウ
5. シッティング・オン・トップ・オブ・ザ・ワールド
6. クリーム・パフ・ウォー
7. モーニング・デュー
8. ニュー・ニュー・ミングルウッド・ブルース
9. バイオラ・リー・ブルース

テーマでカケハす。

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • VIEW FROM THE VAULT II(映像)

    GRATEFUL DEAD

    347942(MONTEREY VIDEO

    DVD、入力方式・リージョン記載なし、リーフレット付仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    91年6月14日のDC公演を収録

  • LIVE/DEAD

    GRATEFUL DEAD

    8122743952(RHINO

    評価:20 1件のレビュー

    デジパック仕様、HDCD、デジタル・リマスター

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干圧痕あり・スレあり

    サイケデリック・ロック史に燦然と輝く傑作ライヴ・アルバム、69年発表

    ジェリー・ガルシアの浮遊感あふれるギターに心酔する「Dark Star」で幕を開け、絶妙なアルバム構成で最後の瞬間まで無心でトリップを堪能させてくれる一枚。

  • LIVE/DEAD

    GRATEFUL DEAD

    R274395(RHINO

    デジパック仕様、HDCD、デジタル・リマスター

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    サイケデリック・ロック史に燦然と輝く傑作ライヴ・アルバム、69年発表

    ジェリー・ガルシアの浮遊感あふれるギターに心酔する「Dark Star」で幕を開け、絶妙なアルバム構成で最後の瞬間まで無心でトリップを堪能させてくれる一枚。

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、盤に目立つキズあり、ジャケに破れあり、折れあり、トレーに黄ばみあり

    ワーナー時代よりセレクトされたベスト、全11曲

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり

    89年ラストスタジオ作

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 結局デッドの陽気さが苦手なのかも知れない(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ガレージの典型と言えるデッドのファースト、67年。オルガンを別にすれば驚くほどモビー・グレープの浮遊感に似ています。いかんせん。ジェリー・ガルシア以外のメンバー演奏力は、グレープに及びません。「バイオラ・リー・ブルース」を除いて短いポップな曲でまとめられているので、彼らの長いインプロが苦手な人にも入りやすいはずです。わたしは、ジェファースン、クイックシルバーを含めて、この時期のシスコ・サウンドというものにあまり入れ込んだ経験がなくて、その意味では時代性というものがこの3バンドの重要なファクターなのかと思います。そのわりには、3バンドども息が長いわけですが。

彼らのベースにはブルーグラスの影響があるとよく言われる話です。わたしには同じぐらいブルーズがあるのかと思いました。スタンダードの「グッド・モーニング・リトル・スクール・ガール」が取り上げられています。かなり本格的なカバーです。カバーと言えばボニー・ドブスンの「モーニング・デュー」も生真面目に演奏されています。ふざけたポップ曲よりわたしにはこの2曲が馴染めました。

わたしはモビー・グレープがとても好きです。デッドに入り込めないのは何か、ずっと考えています。グレープがふざけるのは許せるのに、デッドがふざけると聴く気が失せてしまう。不思議なもんです。2022.10.29

ナイスレビューですね!