プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ESPIRITU III

ESPIRITU

ESPIR017VIR(VIAJERO INMOVIL

ペーパーケース仕様。

評価:40 2件のレビュー

これぞ南米の『詩情』ですね。サビのドラマティックさが凄い・・・。これを聴いて心躍らないシンフォ・ファンは居ないと断言!

アルゼンチン、攻撃性と歌心を併せ持つ絶品シンフォ

82年作の3rdアルバム。リリシズム溢れるキーボード、南米らしい叙情性漂うメロディー、優しく真っ直ぐな歌声が魅力的なヴォーカル、ダイナミズム溢れる抜群のアンサンブルと、すべてがハイレベル、ハイセンス。同じくアルゼンチンのグループ、パブロ・エル・エンテッラドールが残した傑作アルバムと肩を並べる、南米シンフォを代表する傑作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

ESPIRITU / LIBRE Y NATURAL の商品詳細へ

ESPIRITU/LIBRE Y NATURAL

アルゼンチン、アグレッシヴなインストとハートフルで歌心溢れるメロディが一体となった絶品南米シンフォ、76年作2nd

2290円(+税)

MIA / CORNONSTIPICUM の商品詳細へ

MIA/CORNONSTIPICUM

アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いるクラシカル・プログレ・グループ、78年発表の名作3rd

2090円(+税)

LA MAQUINA DE HACER PAJAROS / LA MAQUINA DE HACER PAJAROS の商品詳細へ

LA MAQUINA DE HACER PAJAROS/LA MAQUINA DE HACER PAJAROS

天才チャーリー・ガルシア率いるグループ、76年1st、アルゼンチン・ロックの重要作!

1890円(+税)

MIA / TRANSPARENCIAS の商品詳細へ

MIA/TRANSPARENCIAS

アルゼンチン、早熟の天才LITO VITALEが率いる南米シンフォ・グループ、76年1st

2090円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

アルゼンチン・ロック〜南米の『詩情』、そしてテクニカルでしなやかな演奏

まとめて試聴する

  • SUI GENERIS 『VIDA』

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のグループ、72年デビュー作、HERONファンにもオススメできるリリカルなフォーク・ロック名作

  • SUI GENERIS 『CONFESIONES DE INVIERNO』

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のデュオ・グループ、管弦楽器をフィーチャーした多彩なアレンジが珠玉のメロディを彩る名作2nd

  • SUI GENERIS 『PEQUENAS ANECDOTAS SOBRE LAS INSTITUCIONES』

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のグループ、センチメンタルな歌の魅力とシンセやムーグをフィーチャーしたプログレッシヴな演奏が一体となった最高傑作、74年発表

  • LA MAQUINA DE HACER PAJAROS 『LA MAQUINA DE HACER PAJAROS』

    天才チャーリー・ガルシア率いるグループ、76年1st、アルゼンチン・ロックの重要作!

  • PABLO EL ENTERRADOR 『PABLO EL ENTERRADOR』

    アルゼンチン出身グループ83年1st、ジェネシス/キャメルのファンには是非ともオススメしたい、南米シンフォニック・ロックの頂点に君臨する大傑作!

  • MIA 『CORNONSTIPICUM』

    アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いるクラシカル・プログレ・グループ、78年発表の名作3rd

プログレ界の名男性ヴォーカリスト選

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • アルゼンチン、アグレッシヴなインストとハートフルで歌心溢れるメロディが一体となった絶品南米シンフォ、76年作2nd

    「魂、精神」の名を冠する南米プログレの筆頭株。南米のYESという形容には到底収まりきらないこのスケール感、まさに魂の名演が繰り広げられる名作2ndです。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 プログレ+ポップスのある意味完璧な形では?(2 拍手)

Durangoさん レビューをすべて見る

曲構成やメロディが平易になり、随分聴きやすくポップになりました。曲調も総じて明るく南米ロックの陽を凝縮したような作りになっています。
当然、前二作からするとかなり様変わりしていると言えるのですが、しかしそれにもかかわらずこれはESPIRITU以外ではあり得ないと思わせるのは、やはり特徴的なヴォーカルとポップになってなお健在の超絶技巧によるところでしょう。前作での歌唱も素晴らしかったですが、ここではポップスにも適性が認められるほど活き活きとした歌声を聴かせます。
そして何よりこの作品を単なるポップソング集に終わらせないのが、プログレを経て培った演奏技術を惜しげもなく披露しまくっているところです。しかもソロに至っては依然プログレ調ですらあり、ポップな曲調に合わせてライトな演奏を持ってくるという発想が端からないかのようです。しかしそれが超絶技巧南米ポップスとでも言うべき愉快痛快な音楽を生んでいるのであるから、なかなかどうして侮れないものがあります。
もっとも実際には時代に合わせてポップ化を図ったのだけれど、プログレ時代の手癖が抜けていなかったというだけかもしれませんが。何にしろ新鮮な響きを持っていることは確かです。

ナイスレビューですね!

評価:4 傑作の前評判に期待しすぎてはダメ!(1 拍手)

appo128さん レビューをすべて見る

各楽器の演奏レベルは高く、バンド自体の評価も高い。アコギのテクニックやシンフォニックな部分は魅力的であり、サウンド・エフェクトは多用していないが効果的に使っているところも素晴らしい。元々作曲能力も高く美旋律も多いが、プログレッシヴな試みが少なく、ある意味ポップ化している。

個人的に最も減点なのが、以前から相変わらずリード・ヴォーカルの録音レベルが大きすぎる。ちょっと出しゃばり過ぎ。このレベルのヴォーカルならいくらでもいるが、頼りすぎかも!折角コーラス・ワークが素晴しいのに、ある意味、壊している部分がある。インスト作品にすればもっと高評価になる。惜しいが★4つ。

ナイスレビューですね!