プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

ESPIRITU III

ESPIRITU

ESPIR017VIR(VIAJERO INMOVIL

ペーパーケース仕様。

評価:40 2件のレビュー

これぞ南米の『詩情』ですね。サビのドラマティックさが凄い・・・。これを聴いて心躍らないシンフォ・ファンは居ないと断言!

アルゼンチン、攻撃性と歌心を併せ持つ絶品シンフォ

82年作の3rdアルバム。リリシズム溢れるキーボード、南米らしい叙情性漂うメロディー、優しく真っ直ぐな歌声が魅力的なヴォーカル、ダイナミズム溢れる抜群のアンサンブルと、すべてがハイレベル、ハイセンス。同じくアルゼンチンのグループ、パブロ・エル・エンテッラドールが残した傑作アルバムと肩を並べる、南米シンフォを代表する傑作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

ESPIRITU / CRISALIDA の商品詳細へ

ESPIRITU/CRISALIDA

「アルゼンチンのYES」の異名を取るシンフォ・グループ、75年1st、ゴリゴリとアグレッシヴなアンサンブルと南米らしい艶やかなリリシズムが共存する傑作

990円(+税)

MIA / CORNONSTIPICUM の商品詳細へ

MIA/CORNONSTIPICUM

アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いる南米クラシカル・プログレを代表するグループ、78年発表の名作3rd

2090円(+税)

LA MAQUINA DE HACER PAJAROS / LA MAQUINA DE HACER PAJAROS の商品詳細へ

LA MAQUINA DE HACER PAJAROS/LA MAQUINA DE HACER PAJAROS

天才チャーリー・ガルシア率いるグループ、76年1st、アルゼンチン・ロックの重要作!

1890円(+税)

BUBU / ANABELAS の商品詳細へ

BUBU/ANABELAS

南米ヘヴィ・プログレの最高峰!78年リリース

1990円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

アルゼンチン・ロック〜南米の『詩情』、そしてテクニカルでしなやかな演奏

まとめて試聴する

  • SUI GENERIS 『VIDA』

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のグループ、72年デビュー作、HERONファンにもオススメできるリリカルなフォーク・ロック名作

  • SUI GENERIS 『CONFESIONES DE INVIERNO』

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のデュオ・グループ、管弦楽器をフィーチャーした多彩なアレンジが珠玉のメロディを彩る名作2nd

  • SUI GENERIS 『PEQUENAS ANECDOTAS SOBRE LAS INSTITUCIONES』

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のグループ、センチメンタルな歌の魅力とシンセやムーグをフィーチャーしたプログレッシヴな演奏が一体となった最高傑作、74年発表

  • LA MAQUINA DE HACER PAJAROS 『LA MAQUINA DE HACER PAJAROS』

    天才チャーリー・ガルシア率いるグループ、76年1st、アルゼンチン・ロックの重要作!

  • SERU GIRAN 『SERU GIRAN』

    チャーリー・ガルシアが凄腕ミュージシャンたちと組んだアルゼンチンを代表するロック・グループ、78年のデビュー作、南米の「詩情」が溢れ出す大傑作!

  • SERU GIRAN 『GRASA DE LAS CAPITALES』

    アルゼンチンを代表するグループ、クロスオーヴァー色と南米らしい「詩情」が見事に融合した傑作

  • PABLO EL ENTERRADOR 『PABLO EL ENTERRADOR』

    アルゼンチン出身グループ83年1st、ジェネシス/キャメルのファンには是非ともオススメしたい、南米シンフォニック・ロックの頂点に君臨する大傑作!

  • MIA 『MAGICOS JUEGOS DEL TIEMPO』

    アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いる南米クラシカル・プログレ・グループ、77年2nd

  • MIA 『CORNONSTIPICUM』

    アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いる南米クラシカル・プログレを代表するグループ、78年発表の名作3rd

  • BUBU 『ANABELAS』

    南米ヘヴィ・プログレの最高峰!78年リリース

  • SPINETTA 『A 18' DEL SOL』

    アルゼンチンを代表するミュージシャンでありギタリスト、カンタベリー風味の曲から超絶クロスオーヴァーまで見事な77年作

プログレ界の名男性ヴォーカリスト選

まとめて試聴する

  • YES 『CLOSE TO THE EDGE』

    72年作5th、緊張感、幻想美、構築性、ダイナミズム、超絶技巧!これぞプログレと言うべき要素が詰まった超傑作!

  • GENESIS 『FOXTROT』

    初期ジェネシスの代表作、72年発表4th

  • JETHRO TULL 『AQUALUNG』

    次作「ジェラルドの汚れなき世界」とともにバンドの代表作として名高い71年作4th

  • KING CRIMSON 『RED』

    フリップ、ウェットン、ブルーフォードの三人が尋常ならざる緊張感の中で生み出したクリムゾンを代表する傑作、74年作7th

  • SOFT MACHINE 『THIRD』

    英国ジャズ・ロックの代表作であるとともに、「カンタベリー・ロック」の最重要作とも言える70年作3rd!

  • KEVIN AYERS JOHN CALE ENO NICO 『JUNE 1 1974』

    ケヴィン・エアーズの呼びかけに応え、英米ロック界指折りの曲者たちが集結した74年の歴史的コンサートを収録

  • EL&P 『BRAIN SALAD SURGERY』

    73年5th、70年代英国ロック屈指の名盤であり、それまでの彼らの集大成を最高の形で結実させた一枚!

  • CARAVAN 『IN THE LAND OF GRAY AND PINK』

    ソフト・マシーン3rdと共にカンタベリー・ロックの代表作と言える一枚、71年発表の傑作3rd!

  • GNIDROLOG 『LADY LAKE』

    72年作2nd、VDGGに通じるダークかつドラマティックな英プログレ名盤

  • KANSAS 『LEFTOVERTURE』

    彼らの出世作と言える76年リリース3rd、キャッチーでスリリングでスケール感溢れるサウンドはこれぞアメリカン・プログレ!

  • FRANK ZAPPA 『APOSTROPHE (')』

    ザッパのヴォーカルをフィーチャーした74年作の名作!ジャック・ブルース&ジム・ゴードンが表題曲に参加

  • AREA 『ARBEIT MACHT FREI』

    イタリア、地中海音楽のエキゾチズムと超絶ヴォーカルを含む熱量ほとばしる演奏が融合した、まさしく唯一無二のジャズ・ロック、衝撃の73年作1st!

  • BANCO 『DARWIN !』

    72年2nd、爆発的にエネルギッシュ!イタリアン・ロック必殺の傑作!

  • MUSEO ROSENBACH 『ZARATHUSTRA』

    イタリアン・ヘヴィ・シンフォの大傑作、73年作

  • ATOLL 『TERTIO』

    フレンチ・プログレを代表するグループ、前2作に比べキャッチーになった楽曲と緻密なバンド・アンサンブルが一体となった77年作3rd、名盤

  • ANGE 『GUET-APENS』

    フレンチ・ロックを代表するグループ、77年リリースの最高傑作!

  • CAN 『TAGO MAGO』

    ダモ鈴木のアナーキーなヴォーカルが炸裂する71年リリース3rd

  • TRIANA 『EL PATIO』

    スパニッシュ・シンフォの最高峰グループ、これでもかと溢れだすスパニッシュな哀愁、75年デビュー作!

  • NIEMEN 『MOURNER'S RHAPSODY』

    Jan HammerなどMAHAVISHNUのメンバー参加の74年作、熱くスリリングな演奏が堪能できる傑作

  • SYNKOPY & OLDRICH VESELY 『SLUNECNI HODINY』

    チェコ出身、東欧シンフォ屈指の傑作、81年作

  • INVISIBLE 『EL JARDIN DE LOS PRESENTES』

    76年作、サイケ〜ブルース期を経てSPINETTA独自の音世界が完成した、南米プログレ屈指の傑作!

  • SERU GIRAN 『LA GRASA DE LAS CAPITALES』

    天才チャーリー・ガルシア率いるアルゼンチン・ロックの代表的グループ、ラテン・フュージョン色が強まった79年作2nd

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • アルゼンチン・プログレの至宝、感動の03年復活作、往年と変わらぬテンションと叙情美を放つ名作!

    70年代〜80年代はじめに活躍したアルゼンチンを代表するシンフォ・グループ。03年の復活作。往年の名作と変わらぬテンションにただただ驚き。これはかなり素晴らしいです。キーボードと ... 続き

  • CRISALIDA

    ESPIRITU

    MH100262(MUSIC HALL

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | | 不良 |

    盤傷多めにあり、ジャケにケースツメ跡あり

    「アルゼンチンのYES」の異名を取るシンフォ・グループ、75年1st、ゴリゴリとアグレッシヴなアンサンブルと南米らしい艶やかなリリシズムが共存する傑作

    アルゼンチン、75年作の1stアルバム。伸びやかなシンセ、テクニカルかつアグレッシヴな演奏で畳み掛けるギター&ベースを中心としたドラマティックなシンフォニック・ロック。突き抜け

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 プログレ+ポップスのある意味完璧な形では?(2 拍手)

Durangoさん レビューをすべて見る

曲構成やメロディが平易になり、随分聴きやすくポップになりました。曲調も総じて明るく南米ロックの陽を凝縮したような作りになっています。
当然、前二作からするとかなり様変わりしていると言えるのですが、しかしそれにもかかわらずこれはESPIRITU以外ではあり得ないと思わせるのは、やはり特徴的なヴォーカルとポップになってなお健在の超絶技巧によるところでしょう。前作での歌唱も素晴らしかったですが、ここではポップスにも適性が認められるほど活き活きとした歌声を聴かせます。
そして何よりこの作品を単なるポップソング集に終わらせないのが、プログレを経て培った演奏技術を惜しげもなく披露しまくっているところです。しかもソロに至っては依然プログレ調ですらあり、ポップな曲調に合わせてライトな演奏を持ってくるという発想が端からないかのようです。しかしそれが超絶技巧南米ポップスとでも言うべき愉快痛快な音楽を生んでいるのであるから、なかなかどうして侮れないものがあります。
もっとも実際には時代に合わせてポップ化を図ったのだけれど、プログレ時代の手癖が抜けていなかったというだけかもしれませんが。何にしろ新鮮な響きを持っていることは確かです。

ナイスレビューですね!

評価:4 傑作の前評判に期待しすぎてはダメ!(1 拍手)

appo128さん レビューをすべて見る

各楽器の演奏レベルは高く、バンド自体の評価も高い。アコギのテクニックやシンフォニックな部分は魅力的であり、サウンド・エフェクトは多用していないが効果的に使っているところも素晴らしい。元々作曲能力も高く美旋律も多いが、プログレッシヴな試みが少なく、ある意味ポップ化している。

個人的に最も減点なのが、以前から相変わらずリード・ヴォーカルの録音レベルが大きすぎる。ちょっと出しゃばり過ぎ。このレベルのヴォーカルならいくらでもいるが、頼りすぎかも!折角コーラス・ワークが素晴しいのに、ある意味、壊している部分がある。インスト作品にすればもっと高評価になる。惜しいが★4つ。

ナイスレビューですね!