プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

シカゴVII(市俄古への長い道)

シカゴ

TECW1909 【95年発売CD】

定価1,980。

評価:40 1件のレビュー

74年発表の7th

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

CHICAGO / LIVE IN JAPAN の商品詳細へ

CHICAGO/LIVE IN JAPAN

72年の来日公演を収録、全21曲

2,190円(税込2,409円)

CAMEL / MOONMADNESS の商品詳細へ

CAMEL/MOONMADNESS

前作「スノーグース」と並び初期キャメルの持ち味が最大限に発揮されたファンタジックな大名作、76年作

1,090円(税込1,199円)

GODLEY & CREME / GOODBYE BLUE SKY の商品詳細へ

GODLEY & CREME/GOODBYE BLUE SKY

元10ccの曲者デュオ、85年作

290円(税込319円)

DAVID GILMOUR / ON AN ISLAND の商品詳細へ

DAVID GILMOUR/ON AN ISLAND

22年ぶりの06年ソロ作。叙情的な泣きのギターと繊細なボーカル、深みあるサウンドが素晴らしい、円熟の作品。

1,390円(税込1,529円)

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 「VIII」までのシカゴに駄作なし(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

シカゴと言えばピーター・セテラの印象が強くて、ボーカル・グループと思われています。少なくとも「VIII」までの彼らは長い楽器演奏を特徴とするバンドで、奔放なソロや切れのある管楽器のパッセージが魅力です。この「VII」では、さらに気合が入り、ボーカル・パートの比重をおさえ、管楽器とギターを中心とするインストがえんえん続きます。曲が細かく分かれているクレジットながら、そこにあまり意味はありません。流れるようなジャズの展開にチャレンジしているレコードだからです。

「ビブロス」では、テリー・キャスがボサノバ・ギターに挑んでいます。常に暑苦しいギターを弾き続ける彼の別の側面です。

ナイスレビューですね!