プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

EGG

EGG

ECLEC2035(ESOTERIC

デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲。

評価:40 1件のレビュー

カンタベリーを代表するキーボード奏者と言えば・・・デイヴ・スチュワートですね!まだカンタベリー・シーンが形成される前の、若き才気ほとばしるアグレッシヴなオルガン・プレイが堪能できる作品がこちら!

Dave Stewart率いる英オルガン・ロック・トリオ、サイケデリックな質感を残す70年デビュー作、変拍子満載のアグレッシヴな演奏が魅力

Steve Hillageも在籍していたバンドURIELを母体として発足、名キーボーディストDave Stewartが率いたイギリスのプログレバンドの70年デビュー作。その内容はキーボードトリオ編成による、Dave Stewartのプレイが大きくフューチャーされた個性的なオルガンロックを基本に、サイケデリックな質感を併せ持つアートロック作品となっています。実験的要素も強く出ていますが、複雑に練り上げられた楽曲群はやりすぎなほどの変拍子の嵐であり、音楽的なポテンシャルの高さはかなりのものです。後のNATINAL HEALTHやHATFIELD AND THE NORTHなどに通じるサウンドメイクも見られ、また、それらのバンドにはないDave Stewartのアグレッシブなプレイが堪能できる作品。4楽章からなる20分超えの大曲も収録したオルガンロックの傑作です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

EGG / POLITE FORCE の商品詳細へ

EGG/POLITE FORCE

Dave Stewart率いる英キーボード・トリオ、70年作、アグレッシヴなオルガン・ロックの傑作!

890円(+税)

EGG / CIVIL SURFACE の商品詳細へ

EGG/CIVIL SURFACE

カンタベリー・シーン随一のkey奏者Dave Stewart率いるグループ、テンションみなぎるオルガン・ジャズ・ロック、74年リリース

790円(+税)

HATFIELD & THE NORTH / HATFIELD AND THE NORTH の商品詳細へ

HATFIELD & THE NORTH/HATFIELD AND THE NORTH

カンタベリー・ジャズ・ロックの最高峰バンドによる74年1st、Robert WyattやHENRY COWのJeff Reighも参加

1790円(+税)

GENTLE GIANT / THREE FRIENDS の商品詳細へ

GENTLE GIANT/THREE FRIENDS

72年作3rd、相変わらずの複雑怪奇で入り組んだ演奏&アレンジが光るコンセプトアルバム秀作

1890円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

真のコスモポリタン・ミュージック。カンタベリー・シーンを牽引した、超個性的な鬼才達。

まとめて試聴する

  • WILDE FLOWERS 『WILDE FLOWERS』

    ソフト・マシーンとキャラヴァンの母体となったカンタベリー・ロックの源流といえるバンド、発掘音源集。34曲入り。

  • MATCHING MOLE 『MATCHING MOLE』

    ソフツを脱退したワイアットが結成したグループ、名曲「O Caroline」収録の72年デビュー作、カンタベリー・ロックらしさ満点の名品!

  • HATFIELD & THE NORTH 『HATFIELD AND THE NORTH』

    カンタベリー・ジャズ・ロックの最高峰バンドによる74年1st、Robert WyattやHENRY COWのJeff Reighも参加

  • QUIET SUN 『MAINSTREAM』

    ロキシー・ミュージックのフィル・マンザネラと、ディス・ヒートを結成するドラマー、チャールズ・ヘイワードを中心とするグループ、75年リリースのカンタベリー・ロック名盤!

  • NATIONAL HEALTH 『NATIONAL HEALTH』

    カンタベリー・シーンの重要グループHATFIELD AND THE NORTHとGILGAMESHの中心メンバーが結成したジャズ・ロックバンド、78年作1st

  • GONG 『YOU』

    一大叙事詩REDIO GNOMEの最終章にして、プログレッシヴ・ロックの歴史に燦然と輝く大傑作!74年発表

  • CAMEL 『RAIN DANCES』

    Richard Sinclair、Mel Collinsが参加した77年リリース5th

EL&Pが好き? 荘厳且つ豪快な70年代キーボード・プログレ傑作選

まとめて試聴する

  • ATOMIC ROOSTER 『ATOMIC ROOSTER』

    Carl Palmer在籍の英オルガン・ハード・グループ、70年1st

  • REFUGEE 『REFUGEE』

    エマーソンが抜けたNICEに、彼に匹敵する実力者パトリック・モラーツが収まる形で結成されたキーボード・トリオ、74年の唯一作

  • QUATERMASS 『QUATERMASS』

    キーボード・トリオ編成のハード・ロック・グループ、70年作、オルガンの響きがこれぞブリティッシュ!

  • MAINHORSE 『MAINHORSE』

    渡英直後のパトリック・モラーツが結成したキーボード・プログレ・バンド、スリリングかつ技巧的な71年唯一作、名作!

  • FIELDS 『FIELDS』

    71年デビュー作、英国らしい叙情性とジャジー&プログレッシヴなアンサンブルが素晴らしいキーボード・ロックの名作

  • LE ORME 『FELONA E SORONA』

    73年5th、イタリアン・シンフォニック・ロック屈指の名盤!

  • TRIADE 『1998 : LA STORIA DI SABAZIO』

    73年唯一作、激しさと格調高さを兼ね備えた、伊プログレ史上の名作

  • STARDRIVE 『STARDRIVE』

    グルーヴィーなEL&P!?オリジナリティ溢れる米キーボード・プログレ好盤!74年作

  • EARTHRISE 『EARTHRISE』

    当時400枚のみがプレスされた激レア盤として知られてきた米キーボード・プログレ、78年作!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • エッグ

    エッグ

    P25L25058

    89年規格、定価2625

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    Dave Stewart率いる英オルガン・ロック・トリオ、サイケデリックな質感を残す70年デビュー作、変拍子満載のアグレッシヴな演奏が魅力

    カンタベリーを代表するキーボード奏者と言えば・・・デイヴ・スチュワートですね!まだカンタベリー・シーンが形成される前の、若き才気ほとばしるアグレッシヴなオルガン・プレイが堪能できる作品がこちら!

  • 優雅な軍隊

    エッグ

    POCD1844

    定価2000

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    Dave Stewart率いる英キーボード・トリオ、70年作、アグレッシヴなオルガン・ロックの傑作!

    EL&Pが体育会系キーボード・トリオなら、文化系は名手デイヴ・スチュワートを擁するこのバンドかな?

  • 優雅な軍隊

    エッグ

    POCD1844

    定価2000

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり、帯に折れあり

    Dave Stewart率いる英キーボード・トリオ、70年作、アグレッシヴなオルガン・ロックの傑作!

    EL&Pが体育会系キーボード・トリオなら、文化系は名手デイヴ・スチュワートを擁するこのバンドかな?

    890円

    712円
    (税込783円)

    196円お得!

    CD詳細ページへ

  • CIVIL SURFACE

    EGG

    CACD1510(CAROLINE

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    色褪せあり

    カンタベリー・シーン随一のkey奏者Dave Stewart率いるグループ、テンションみなぎるオルガン・ジャズ・ロック、74年リリース

    カンタベリーを代表するオルガン奏者の一人ですね。この緊張感としなやかさ。これぞカンタベリー・ジャズ・ロック!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 デイブ・スチュワートのテクニックを堪能できるエッグ・ファースト(4 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

この作品から、後日のデイブ・スチュワート(ナショナル・ヘルスやブラフォード)の仕事を想像することは困難です。スチュワート、モント・キャンベル(bs)、クライブ・ブルックス(ds)がメンバーで、スティーブ・ヒレッジを加えてハイスクールのバンドだったそうです。ヒレッジが進学で離脱し、この形態に落ち着きました。リード楽器がキーボードであることからナイスとよく比較されます。しかし、メンバーの人間関係を考えると、むしろクリームに近かったのかも知れません。今、聞き直すと意外にリズム・セクションが重く、奔放であることに気づきます。

対してスチュワートのオルガン、ピアノは大変クールです。歪んだトーンではなく、澄んだ音色。この作品当時の英国アンダーグラウンドでは、レスリー回りっぱなしのハモンドが全盛でしたので、彼の正統的と言えるプレイは、いったいどんな評価だったのかと思います。曲調も沈んだもの、落ち着いたものが目立ちます。スチュワートのロック魂が開花するには、次作PoliteForceまで待たないとなりません。LPのB面だったSymphony No. 2組曲は、クラシックの有名なフレーズを散りばめながらジャジーなインタープレイを聞かせる組曲。スリリングなオルガンは、ひょっとするとELP以上にテクニカルなのではないかと思います。

ナイスレビューですね!