プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

JUST IN CASE YOU'RE INTERESTED...

DUFFY

GEM7(FLAWED GEMS

評価:40 3件のレビュー

ジャケの犬の表情!煮え切らないねぇ。ヴォーカルのシャウトも煮え切らない!でも、僕の鍋と一緒でそこが旨味なんだよね。バッキバキに歪んだワウ・ギターもブルージーでコクがあって良いね...ふっふん!

哀愁溢れるブリティッシュ・ロックの好グループ、72年作の1st、HUMBLE PIEのファンなら間違いなし!

ブリティッシュ・ロック・グループ、72年作の1st。エッジの立ったアグレッシヴなギター・リフにハードなハモンドが絡みつくソリッドなハード・ロック、叙情的なアコースティック・ギターとふくよかなメロディが素晴らしいバラードともに奥行きのあるサウンドはかなりの完成度。エモーショナルなシャウトから包み込むようにソフトな歌い回しまで表情豊かなヴォーカルは特筆もの。英国叙情とアメリカン・ロックの広がりと芳醇さとが結びついたコシのあるサウンドは、HUMBLE PIEを彷彿とさせます。味のある好グループです。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

PRODIGAL SONS / PRODIGAL SONS の商品詳細へ

PRODIGAL SONS/PRODIGAL SONS

豪快なアメリカン・ハード・ロック、72年作、タメと疾走感とのダイナミズムが抜群!

2290円(+税)

FELT / FELT の商品詳細へ

FELT/FELT

ジャケットのインパクトに匹敵する強烈サイケ・ハード!原盤は600ドル超えの激レア盤

2390円(+税)

GREGORY BRIGHT / ROOM BY GREG の商品詳細へ

GREGORY BRIGHT/ROOM BY GREG

69年の自主制作サイケ・フォーク、繊細でドリーミーな歌声と流れるようなメロディに心奪われる逸品

2090円(+税)

JODO / GUTS の商品詳細へ

JODO/GUTS

英国出身グループのアメリカでのみリリースされた唯一作、圧倒的に堅く強くソリッドなハード・ロックの名作

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

マイナー英国ハードの荘厳な世界

まとめて試聴する

  • STRIDER 『EXPOSED』

    腰が抜けるほどに格好良すぎる英ハードの名作!

  • STRIDER 『MISUNDERSTOOD』

    74年作2nd、重厚さととめどない哀愁に満ちた英ハード・ロックの大名作

  • HORSE 『HORSE』

    70年作、ごりごりと押しまくるギターリフが痛快な、ブリティッシュ・ハードの名作!

  • ORANG-UTAN 『ORANG-UTAN』

    2本のギターがブルージー&アグレッシヴなフレーズをぶつけあうハード&ソリッドなハード・ロック・バンド、71年唯一作

  • TEAR GAS 『TEAR GAS』

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのプレイが冴え渡る、英ハード・ロック屈指の名作!71年発表

  • ROUGH DIAMOND 『ROUGH DIAMOND』

    デヴィッド・バイロン(vo)、クレム・クレムソン(g)らによるキャッチーでスピード感溢れる英ハード・ロック、77年唯一作

  • HARD STUFF 『BOLEX DEMENTIA』

    元アトミック・ルースターと元クオーターマスのメンバーによって結成されたバンド、英国ハード・ロックの名作、73年作

  • HUSTLER 『HIGH STREET』

    ハード&メロウで時にドラマティックなサウンドにグッときっぱなしな英ハードの逸品!74年作1st

  • HACKENSACK 『UP THE HARD WAY』

    エネルギッシュでブルージーなブリティッシュ・ハードの名作、74年作

  • TRAPEZE 『YOU ARE THE MUSIC...WE'RE JUST THE BAND』

    グレン・ヒューズ在籍グループ、トリオらしいスピード感と切れ味+トリオとは思えない音圧と強靭なグルーヴ=最強!72年作!

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 70年代初期の雰囲気が貴重(4 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

デビュー作で、ドイツ、フランス、ブラジルでリリースされたそうです。(つまり英国バンドなのに英国デビューができなかった。)ブリティッシュ・ビートとフリーのようなスワンプ・ハードの要素があります。オルガン奏者がいるわりには、オルガンが前に出る曲は少なく、ほとんどがファズ・ギターかアコースティック・ギターがリードします。ヘビーロックというには淡い曲が多く、(バンド・コールド・オー前身の)パーラー・バンドを思い出してしまいました。よく言えばアクがない。けれども逆に突出したプレイヤー、メロディメイカーもいないようです。

貴重なのは、やはり70年代はじめの英国ハードの雰囲気です。深いリバーブの中で鳴るオルガンは、時にエッグのファーストを思い出させます。また、ぐいぐいとリードするギターはマーク・ファーナーのようでもあります。09Riversideだけは名曲。巨大なベースが曲を率いていく、ヘビーロックのお手本のようであります。グループは、この後73年に「SCRUFFY DUFFY」を録音。

ナイスレビューですね!

評価:4 「大地と海の歌」を思い出した!(2 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

このジャケット、どっかで見た記憶が...ショップかガイド本か、忘れてしまいました(犬とか猫の写真、好きだからネ♡それだけです、すみません)。
2,4,8,10曲目のイントロからのアコ・ギ〜牧歌的メロ、7曲目のクラシカル=荘厳なオルガンの響き→劇的クライマックス、その他ささやきVo.からの英国典型的メロへのなだれ込みや、エンディングいきなりクラシカルとか。どの曲も展開がたいへんおもしろい。トータル33分がホントにあっという間(このくらいがちょうどいいな)。
ぶ厚いコーラスが入れば初期ヒープ、Vo.がもうちっと個性的なら初期ハンブル・パイ。まあ、そんな欲張りなこと云わんでも十分魅力あふれる作品であることは確かですね。

ナイスレビューですね!

評価:4 心地よい安定感のあるサウンド(1 拍手)

PANTHERさん レビューをすべて見る

アコーステイックギターとキーボードを有効に使ったバラエテイー豊かなサウンドは聴く者をあきさせない。
疲れた心と体を癒すには最良のサウンドと言えるだろう。
安定感のある演奏は聴いていて本当に心地よい。

ナイスレビューですね!