プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

DELICIOUS AND REFRESHING

COAST ROAD DRIVE

BIGPINK272(BIG PINK

紙ジャケット仕様。

評価:45 2件のレビュー

そこかしこから英国的な哀愁や陰影が滲むサウンドはこれぞ「イギリスのアメリカ」。

74年にデラムからリリースされた唯一作、英スワンプの名作、ニッキー・ホプキンスも参加

英国の4人組スワンプ・ロック・グループ。デラムから74年にリリースされた唯一作。米ルーツ・ロック憧憬のスワンプ・ロックですが、そこかしこから英国的な哀愁や陰影が滲むサウンドはこれぞ「イギリスのアメリカ」。ヴォーカル&ギターが2人居る編成で、2本のギターが軽快にからみあうバッキング、豊かなハーモニーが魅力的。ギターが特筆で、シングル・コイルのヌケの良いトーンとタイム感抜群のフレージングは、第二期ジェフ・ベック・グループでのベックのギターを彷彿させます。コシのあるソウルフル&エモーショナルなヴォーカルも絶品で、3声ハーモニーもバッチリ。楽曲も魅力的だし、さらに、Keyにはニッキー・ホプキンスやミック・ウィーヴァーが参加で、トランペットではヘンリー・ローサーも参加とこれでなぜ売れなかったのでしょう。3曲目のバラードもアメリカのジェリー・ウィリアムスみたいで最高だしなぁ。スワンプ・ロックのファンは必聴と言える名作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

GLENCOE / GLENCOE の商品詳細へ

GLENCOE/GLENCOE

GREATEST SHOW ON EARTHやSKIP BIFFERTYの元メンバーが結成したブリティッシュ・スワンプ・グループ、いぶし銀の72年デビュー作

2190円(+税)

ANDY ROBERTS & THE GREAT STAMPEDE / ANDY ROBERTS AND THE GREAT STAMPEDE の商品詳細へ

ANDY ROBERTS & THE GREAT STAMPEDE/ANDY ROBERTS AND THE GREAT STAMPEDE

73年の幻の名作、英フォークと米ルーツ・ロックとの完璧な出会い!

2090円(+税)

HIGHWAY / HIGHWAY の商品詳細へ

HIGHWAY/HIGHWAY

「アメリカなイギリス」のファンは120%気に入っちゃう英スワンプ屈指の名作、74年作1st

2190円(+税)

HIGHWAY / SMOKING AT THE EDGE の商品詳細へ

HIGHWAY/SMOKING AT THE EDGE

前作以上に圧倒的なスケールとコクで聴き手に迫る英スワンプ・ロック屈指の傑作、74年作2nd

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

英スワンプ・ロック選 〜 米ルーツ・ミュージックの芳醇さ meets 英国叙情

まとめて試聴する

  • ERIC CLAPTON 『ERIC CLAPTON』

    70年リリースの1stソロ、ブリティッシュ・スワンプ・ロックを確立した名作

  • GEORGE HARRISON 『ALL THINGS MUST PASS』

    70年リリース1stソロ、ジョージ・ハリスンの最高傑作というだけでなく、ロック史上に燦然と輝く金字塔!

  • DEREK & THE DOMINOS 『LAYLA』

    クラプトンがデュアン・オールマンやデラニー&ボニー&フレンズのメンバーらと結成したバンドによる70年唯一作、ロック史に残る不朽の名盤!

  • ANDWELLA 『PEOPLE'S PEOPLE』

    北アイルランド出身のSSWデイヴ・ルイス率いるグループ、よりルーツ・ロック色を強めたブリティッシュ・スワンプを聴かせる71年作、ブラックホーク99選にも名を連ねる逸品

  • MILLER ANDERSON 『BRIGHT CITY』

    元KEEF HARTLEY BANDのG&Vo、哀愁溢れる絶品英ロック、おすすめ!

  • RO RO 『MEET AT THE WATER』

    72年唯一作、アルバムのどこを切っても英国叙情がこぼれ落ちるブリティッシュ・スワンプの愛すべき名作

  • HIGHWAY 『SMOKING AT THE EDGE』

    前作以上に圧倒的なスケールとコクで聴き手に迫る英スワンプ・ロック屈指の傑作、74年作2nd

  • HENRY McCULLOUGH 『MIND YOUR OWN BUSINESS』

    ウィングスでお馴染みの名ギタリスト、ジョージ・ハリスンのDARK HORSEよりリリースされた75年作1stソロ、英スワンプ/パブ・ロック屈指の大傑作!

  • GLENCOE 『GLENCOE』

    GREATEST SHOW ON EARTHやSKIP BIFFERTYの元メンバーが結成したブリティッシュ・スワンプ・グループ、いぶし銀の72年デビュー作

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 憧憬高じて(7 拍手)

tsさん レビューをすべて見る

二人のメンバーが渡米、ポコに加入したバンド、それがこのコウスト・ロード・ドライヴ。Big Pinkからハイウェイの2枚がリリースされた時に、このアルバムも出るかな思ってたら、やはりという感じです。当時のこの手のバンドの中ではひとつ演奏力が抜きんでていて、チャーリー・ハリスン(b)とスティヴ・チャップマン(d)のソリッドなリズムや、弦楽アレンジにオーケストラではなくシンセを導入していたり、生真面目にレイドバックしてみました?感のあるツインギターだったり、あまり埃っぽくないスワンプを感じます(これが◎)。ギターの片割れレス・ニクルはミシューズラやレイ・オウインズ・ムーン、Kalaといった英国マイナーバンドを渡り歩いて来た人ですが、ここで聴ける自作曲のルーラルな感じと来たら!ソングライターでもうひとりのギタリスト、スティヴ・クリーガーはどんな人かよく知りませんが(Fynn McCooに居たこともあるそう)、歌・演奏も平均以上ですが曲があともう一歩。出色は6曲目でミック・コックスの作品ですがブリン・ハワースがやりそうな好ナンバー。何故コックスの作品を取り上げているのか不明ですがチャップマンがアライヴァルに在籍していた時に彼と共演でもしたのでしょうか。そういえばこのドラマーもジュニアーズ・アイズ〜アイアン・メイデン(あのバンドとは別)〜ディスタント・ジムといったへヴィなバンド歴を誇りますが、この辺りも英国臭漂う一因か?二人のリズム隊はヘンリー・マカラクのソロ等、似たような傾向の人達とよく共演していますが、グリースバンドほどラフさが無いのは渡米経験の有無が影響していたのかも知れません(ニクルはこの後76年にPavlov\\\\\\''s Dogのアルバムに参加したりしてますが)。このアルバムがCD化されたなら、クリス・ステイントンのTundraやマイク・ストーリー辺りも是非Big Pinkにお願いしたいところです。

ナイスレビューですね!

評価:5 趣味の良さで、バンド・コールド・オーと双璧(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

不明にしてわたしはこのバンドのことを最近動画サイトで知りました。バンド・コールド・オーの初期2作が復刻(初CD化)されたので、このバンドにも触れておきます。ずばり米国カントリー・ロックをリスペクトするニッチ・ポップです。ギター2人と言い、ピアノといい、とても趣味のよい抑制された演奏に、ウエストコーストのようなコーラスがからみます。メロディが良く、曲が覚えやすい上に、とてもエモーショナル。ジョージ・ハリスンのファンのかたでしたら一発でしょう。

カントリーと言っても、もとは英国トラッドが由来だとわたしは考えています。米国が建国したとき、イングランドの人々はまず北部、東部に移住し、アイルランド、スコットランドの人々はイングランド人に押さえられていない南部、西部へと移住する必要がありました。アイリッシュ・トラッド、スコティッシュ・トラッドが変化したのがカントリーなのでしょう。英国にたびたびカントリーを志向するバンドが現れるのは、先祖への郷愁かも知れません。

1.Sail Away がキラーチューンです。クールな湿り気と熱気がいっしょになった素晴らしい曲です。ハリスンのギターでホール&オーツが歌う感じでしょうか。こればかりは試聴していただくのがよろしいかと思います。カバーになっている女性のポートレイトは、ブドワールではないでしょうか。結婚するとき、女性が男性に贈る官能的なセルフ写真集のことです。

ナイスレビューですね!