プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

LIVE

COLOSSEUM

SMRCD118(SANCTUARY) 【2004年発売CD】

ボーナス・トラック1曲。

評価:40 1件のレビュー

間違いなく当時の英国で屈指と言える実力派バンド。解散直前の71年3月に録音された英ロック史に輝く傑作ライヴ盤!

解散直前の71年3月に録音された英ロック史に輝く傑作ライヴ盤!

71年リリースのライヴ盤で、通算で4枚目となるラスト・アルバム。スタジオ盤でのダイナミズムがさらに増幅された演奏はただただ圧巻。ジョン・ハイズマンの超重量級でいてシャープな怒涛のドラム、ディック・ヘクストール=スミスの熱すぎるサックス、デイヴ・クレムソンの渾身のブルース・ギター、デイヴ・グリーンスレイドの淡くむせぶハモンド・オルガン、そして、クリス・ファーロウのソウルフルなヴォーカル。すさまじい一体感とダイナミズム。間違いなく当時の英国で屈指と言える実力派だったことでしょう。傑作です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

COLOSSEUM / VALENTYNE SUITE の商品詳細へ

COLOSSEUM/VALENTYNE SUITE

69年発表、英ジャズ・ロックのみならず、60年代英国ロックとしても屈指の傑作!

2,190円(税込2,409円)

COLOSSEUM / DAUGHTER OF TIME の商品詳細へ

COLOSSEUM/DAUGHTER OF TIME

ブリティッシュ・ジャズ・ロックの雄、スタジオ・アルバムとしては最終作となる70年発表3rd

1,790円(税込1,969円)

BILL BRUFORD / FEELS GOOD TO ME の商品詳細へ

BILL BRUFORD/FEELS GOOD TO ME

イエス〜クリムゾンに在籍したプログレ界屈指の名ドラマー、A.ホールズワース/D.スチュワート/J.バーリンという鉄壁の布陣を従えた78年作、カンタベリーなセンスも内包するスリリングかつメロディアスなジャズ・ロック名品!

2,190円(税込2,409円)

GENESIS / FOXTROT の商品詳細へ

GENESIS/FOXTROT

72年発表4th、「Watchers Of The Skies」「Suppers Ready」などの代表曲を収録

690円(税込759円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

イギリスからのマイルスへの回答。叙情性溢れるブリティッシュ・ジャズ・ロック特集

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    03年の再結成作

    890円

    712円
    (税込783円)

    196円お得!

    CD詳細ページへ

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    70年、フィンランドのロックフェス出演時の音源を収録、18年リリース

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり

    69年リリースの1st&2nd

  • VALENTYNE SUITE

    COLOSSEUM

    ECLEC22599(ESOTERIC

    評価:40 1件のレビュー

    2枚組、17年リイシュー、デジタル・リマスター

    69年発表、英ジャズ・ロックのみならず、60年代英国ロックとしても屈指の傑作!

    ジャケットに小さい角折れがあるため、セール値引き品となります

    R&Bを出発点に、ブルース・ブームを通過し、ジャズもクラシックも飲み込んだ高度なハイブリッド=プログレッシヴ・ロックへと行き着いた、クリムゾン1stと並んで60年代英ロックの最終到達点と言える傑作。

    2,390円

    2,190円
    (税込2,409円)

    220円お得!

    CD詳細ページへ

  • VALENTYNE SUITE

    COLOSSEUM

    ECLEC22599(ESOTERIC

    評価:40 1件のレビュー

    2枚組、17年リイシュー、デジタル・リマスター

    69年発表、英ジャズ・ロックのみならず、60年代英国ロックとしても屈指の傑作!

    R&Bを出発点に、ブルース・ブームを通過し、ジャズもクラシックも飲み込んだ高度なハイブリッド=プログレッシヴ・ロックへと行き着いた、クリムゾン1stと並んで60年代英ロックの最終到達点と言える傑作。

  • VALENTYNE SUITE

    COLOSSEUM

    ECLEC22599(ESOTERIC

    評価:40 1件のレビュー

    2枚組、17年リイシュー、デジタル・リマスター

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    69年発表、英ジャズ・ロックのみならず、60年代英国ロックとしても屈指の傑作!

    R&Bを出発点に、ブルース・ブームを通過し、ジャズもクラシックも飲み込んだ高度なハイブリッド=プログレッシヴ・ロックへと行き着いた、クリムゾン1stと並んで60年代英ロックの最終到達点と言える傑作。

  • DAUGHTER OF TIME

    COLOSSEUM

    ECLEC2601(ESOTERIC

    17年リイシュー、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲

    ブリティッシュ・ジャズ・ロックの雄、スタジオ・アルバムとしては最終作となる70年発表3rd

    ジャケにケースのツメの食い込みがある場合がございます。ご了承下さい。

    キメ細かさと豪快さ、叙情性と切れ味を併せ持ったジャズ・ロック・サウンドはもう圧倒的。彼らの代表作『VALENTYNE SUITE』と共に聴いていただきたい名盤!

  • DAUGHTER OF TIME

    COLOSSEUM

    ECLEC2601(ESOTERIC

    17年リイシュー、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ブリティッシュ・ジャズ・ロックの雄、スタジオ・アルバムとしては最終作となる70年発表3rd

    キメ細かさと豪快さ、叙情性と切れ味を併せ持ったジャズ・ロック・サウンドはもう圧倒的。彼らの代表作『VALENTYNE SUITE』と共に聴いていただきたい名盤!

  • LIVE

    COLOSSEUM

    ECLEC22545(ESOTERIC

    CD2枚組で、DISC2は、ボーナス・トラックとして同時期のライヴ音源を収録。注目は「Valentyne Suite」の収録!新規デジタル・リマスター

    解散直前の71年3月に録音された英ロック史に輝く傑作ライヴ盤!

    間違いなく当時の英国で屈指と言える実力派バンド。解散直前の71年3月に録音された英ロック史に輝く傑作ライヴ盤!

  • ライヴ

    コロシアム

    WSBAC0035

    紙ジャケット仕様、Blu-spec CD、16年24bitデジタル・リマスター、定価3000+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    解散直前の71年3月に録音された英ロック史に輝く傑作ライヴ盤!

    間違いなく当時の英国で屈指と言える実力派バンド。解散直前の71年3月に録音された英ロック史に輝く傑作ライヴ盤!

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 暑苦しさ一番(7 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ジャズの形容によく「クール」という言葉が使われます。全くそれと対極にあるライブです。わたしが最初に聴いたコラシアムがこの作品で、当初の印象は何が何やらわけがわかりませんでした。ハイズマンをはじめとしてメンバーの演奏のぶつかり合いが熱さの理由ですが、とにかくクリス・ファーロウのボーカルです。彼の声は好き嫌いあると思いますけれど、ひとつの「楽器」と考えると、腑に落ちるかもしれません。かけ離れていますがアレアのデメトリオ・ストラトスと同様の役割です。

ジャズとロックは、先祖を遡ればブルーズに行きついてしまいます。コラシアムはブルーズの発展形、もしくは突然変異と考えたらどうかと思っているのです。もともとグループの結成に大きな影を落としているのは、ハイズマンとジャック・ブルースとのセッションです。ジャック・ブルースの「Songs for a Tailor」の曲がここでも再演されているとおりです。演奏の自由度をプレイヤーに保証し、音楽のパッションを生み出すことをハイズマンは画策していたと思いますし、このライブで異種格闘技とも言える試みは初めて成功した、と言えます。グループ名が「闘技場」ですから。

メンバーそれぞれの力量が拮抗し、それぞれに見せ場があるライブ録音は、ありそうでなかなかありません。ハードロックのユーザーなら、クレム・クレムスンのギター、マーク・クラークのベースが聞きものですし、プログレッシブのユーザーならグリーンスレイドの意外と激しい演奏に耳を奪われるでしょう。最もすんなり入れるのが、クリーム、特にジャック・ブルースのユーザーだと思います。

ナイスレビューですね!