プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

鷲と栗鼠

ラッテ・エ・ミエーレ

BELLE111868 【2011年発売CD】

廃盤希少! 紙ジャケット仕様、SHM-CD、11年リマスター、ボーナス・トラック3曲、定価3143+税。

評価:40 1件のレビュー

LE ORMEと並びイタリアン・キーボード・ロックを象徴するグループ。前作からメンバーは一新したものの、広がりあるダブル・キーボードと甘いメロディを活かした構築的なシンフォ・サウンドが相変わらず素晴らしい76年3rd!

イタリアのシンフォニックロック古典、ドラマー以外のメンバーを一新した76年3rd

70年代にLE ORMEなどと並んで、イタリアン・キーボード・ロックの名盤を生み出したジェノヴァ出身バンドの76年作3rd。前2作でイタリアン・ロック古典の名バンドとしての地位を確立した彼らですが、本作ではドラムのAlfio Vitanza以外のメンバーを一新、ベーシストに加えキーボーディストが2名加入したダブル・キーボードの4人編成となりました。さらに、同郷ジェノヴァのアヴァンロックバンドPicchio Dal Pozzoのメンバーがフルート、サックスでゲスト参加し、NEW TROLLSのVittorio De Scalziのプロデュースという豪華な布陣で製作されています。その内容は、前2作のコンセプト志向からの脱却を図ったものであり、ダブル・キーボードを駆使した広がりのあるシンフォニック・ロックを聴かせつつ、イタリアらしい美しいボーカルナンバーに重きを置いた素晴らしいものですが、ベートーベンの楽曲のプログレアレンジ、そして、ラストに配置された20分を超える大作など、爆発的な熱情にまかせた前2作とは違った、構築的で洗練されたシンフォニック・ロックを展開。知名度は前2作より落ちるものの、やはり素晴らしい作品です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

LATTE E MIELE / PASSIO SECUNDUM MATTHEUM の商品詳細へ

LATTE E MIELE/PASSIO SECUNDUM MATTHEUM

ELP影響下のイタリアはジェノヴァ出身キーボード・プログレ・バンド、「マタイ受難曲」を題材とした72年作1st

690円(税込759円)

MAXOPHONE / MAXOPHONE (ITALIAN LYRICS VERSION) の商品詳細へ

MAXOPHONE/MAXOPHONE (ITALIAN LYRICS VERSION)

イタリアン・シンフォニック・ロックの金字塔的名作、75年リリース

2,390円(税込2,629円)

GODLEY & CREME / CONSEQUENCES の商品詳細へ

GODLEY & CREME/CONSEQUENCES

彼らが開発したギター・アタッチメント「ギズモ」を使って制作された77年作

1,490円(税込1,639円)

RENAISSANCE / ASHES ARE BURNING の商品詳細へ

RENAISSANCE/ASHES ARE BURNING

73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

1,890円(税込2,079円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

イタリアの名バンドNEW TROLLSが率いたプログレ系レーベル、MAGMA/GROGレーベル!

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • LIVE TASTING

    LATTE E MIELE

    0193582AER(EDEL

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    軽微な折れあり

    70年代イタリアンプログレ代表バンド、鮮やかな再結成ライヴ作、2008年発表

  • 受難劇

    ラッテ・エ・ミエーレ

    POCP2369

    デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲、定価1,748+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    小さい折れあり、若干側面部に色褪せあり

    ELP影響下のイタリアはジェノヴァ出身キーボード・プログレ・バンド、「マタイ受難曲」を題材とした72年作1st

    ローマ法王の御前ではじめて演奏したロック・バンドと言えば?

  • 受難劇

    ラッテ・エ・ミエーレ

    POCP2369

    デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲、定価1,748+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯にケースツメ跡あり

    ELP影響下のイタリアはジェノヴァ出身キーボード・プログレ・バンド、「マタイ受難曲」を題材とした72年作1st

    ローマ法王の御前ではじめて演奏したロック・バンドと言えば?

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 過去2作品よりも洗練されたサウンドにバージョンアップ♪(0 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

2nd発表後の解散状態を経て、ドラムひとり残しで再始動した3rdアルバム。
バンド名もLATTE E MIELEからLATTE MIELEに変わっており、旧A面にはポップ色と歌心のある曲が並び、旧B面には23分を超える大曲を据えるというアルバム構成。

いかにもイタリアらしい1曲目、フルートの演奏が印象的な2曲目、哀しみを湛えつつも美しいバラード曲である3曲目、クラシカルな主題を持って展開される4曲目、そしてもシンフォニックな大曲である5曲目。
Vittorio De Scalziがプロデュースしていることは知らなかったけれど、言われてみれば3曲目などはNEW TROLLSの楽曲に通じるものを感じられる。
過去作品の路線を踏襲しつつも格段に洗練されたサウンドにバージョンアップしており、聴き手を選ばない好作品になっていると思う。

ナイスレビューですね!