プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

YOU HAVE A CHANCE

CAMELIAS GARDEN

FAD008(ALTROCK/FADING

PFMからCELESTEまでを宿す香り高く豊潤なイタリア叙情に、MOON SAFARIの爽やかなポップフィーリングを加えたような感じ。この新鋭、素晴らしいなぁ。

イタリア新鋭13年デビュー作、たおやかなアコギ、こぼれ落ちる凛としたリリシズム、爽やかなポップ・センス、ずばり名作です!

イタリアの新鋭プログレ・バンド、2013年デビュー作。凛とした響きのアコギ・アルペジオ、格調高いピアノ、クラシック然とした艶やかなストリングス、柔らかに舞うフルート。オープニングからまるであのチェレステの傑作のように、イタリアならではの叙情が溢れ出します。英語で歌うジェントルでハートウォームな男性ヴォーカルも特筆。2曲目に切り替わるとドラムが入り、ヴィンテージなトーンのシンセが軽やかに伸びやかに透明感あるメロディを奏でます。包み込むように優美なハーモニーも絶品。この躍動感あるポップセンスは、そう、まるでムーン・サファリ!ポップさはそのままに、ギターは初期P.F.M.を彷彿させるし、メロトロンも溢れるし、まだ2曲目までしか聴いてないのに、イマジネーション豊かなアンサンブルの連続に圧倒されます。たおやかなアコギを基調としたハートウォームさとP.F.M.など70年代のイタリアン・プログレのDNAを継いだプログレッシヴな感覚とが見事に融合したファンタスティックすぎる名作。これはオススメです。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

NETHERLAND DWARF / MOI MOI の商品詳細へ

NETHERLAND DWARF/MOI MOI

70年代プログレへのオマージュに溢れた日本のミュージシャン、2011年のデビュー作、北欧プログレのファンにオススメ!

2190円(+税)

MATERYA / CASE の商品詳細へ

MATERYA/CASE

イタリア新鋭シンフォ12年作、圧倒的な美しさを誇るメロディと美声女性ヴォーカル、あまりに繊細なアンサンブルによって紡がれる珠玉のイタリアン・シンフォ

2090円(+税)

MOONGARDEN / VOYEUR の商品詳細へ

MOONGARDEN/VOYEUR

90年代初頭から活躍するイタリアのネオ・シンフォ名グループ、2014年作7th

1490円(+税)

TEMPUS FUGIT / CHESSBOARD の商品詳細へ

TEMPUS FUGIT/CHESSBOARD

実力派ブラジル新鋭08年作、ダイナミックかつドラマティックかつファンタスティックな南米シンフォの傑作!

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

P.F.M.のDNAを継ぐクラシカル&リリカルなイタリアン・プログレ新鋭特集!

まとめて試聴する

メロトロン溢れる幻想の作品たち【00年代新鋭プログレ編】

まとめて試聴する

  • UNIT WAIL 『RETORT』

    フランスのZUEL系バンド、13年作2nd、メロトロンを伴った息もつかせぬ嵐の如きヘヴィ・アンサンブルが圧巻の傑作!

  • WILLOWGLASS 『DREAM HARBOUR』

    70年代スタイルのキーボードやフルートの美旋律が溢れる英国シンフォニック・ロック、2013年作3rd

  • YESTERDAYS 『HOLDFENYKERT』

    ハンガリー、メロトロンとフルートをこれでもかとフィーチャーした必殺シンフォニック・ロック!06年作

  • MOTIS 『JOSQUIN MESSONNIER』

    メロトロンがこれでもかと溢れるファンタスティックな仏プログレ新鋭、2014年作、アトールのアンドレ・バルザーがゲスト参加!

  • DAWN 『DARKER』

    スイスの新鋭プログレ・グループ、70年代の英プログレへの憧憬に溢れたヴィンテージな2014年作2nd

  • ACTIVE HEED 『HIGHER DIMENSIONS』

    MOONGARDEN〜SUBMARINE SILENCEのKey奏者が全面参加したファンタスティックな音像が溢れる2014年傑作2nd

  • NETHERLAND DWARF 『MOI MOI』

    70年代プログレへのオマージュに溢れた日本のミュージシャン、2011年のデビュー作、北欧プログレのファンにオススメ!

  • WOBBLER 『AFTERGLOW』

    ANGLAGARD、ANEKDOTEN系の北欧プログレ良作、この轟々と押し寄せるメロトロンを聴け!

2013年リリースの新鋭シンフォ傑作選!

まとめて試聴する

2010年代新鋭プログレ・グループによる傑作デビュー作選!

まとめて試聴する

  • QUORUM 『KLUBKIN'S VOYAGE』

    ロシアからとんでもない新鋭が登場!70年代プログレの遺伝子を受け継いだ正統派プログレとして一級の傑作!

  • SCHERZOO 『1』

    FRANCOIS THOLLOT率いる仏暗黒アヴァン/チェンバー・グループ、11年デビュー作

  • INGRANAGGI DELLA VALLE 『IN HOC SIGNO』

    イタリア新鋭プログレ・バンド、13年デビュー作、ARTI E MESTIERI『TILT』を思わせるスピーディーなジャズ・ロックからELPばりのヴィンテージ・キーボード・シンフォまで、圧倒的なテクニックで描き切る傑作!

  • UNREAL CITY 『LA CRUDELTA DI APRILE』

    奇才FABIO ZUFFANTIプロデュースによる新鋭シンフォ・バンド13年デビュー作、FINISTERREを彷彿させるモダンなサウンドを聴かせる傑作シンフォ!

  • SINAGOGA ZEN 『SINAGOGA ZEN』

    アヴァン/ジャズ・ロックからキーボード・プログレ、神秘的フォークまでめくるめく展開するブラジル注目の新鋭が登場!2014年のデビュー作にして傑作!

  • ALCO FRISBASS 『ALCO FRISBASS』

    ナショナル・ヘルスやキング・クリムゾンのDNAを感じさせるフランスの新鋭、圧巻の2015年デビュー作

  • LA FABBRICA DELL'ASSOLUTO 『1984』

    こ、これ、本当に2015年作!?70年代初期の空気をプンプンさせる伊ヘヴィ・シンフォ傑作

  • WAVE 『ME AND REALITY』

    「狂気」〜「ウォール」期フロイドをポーランド特有の深い陰影とモダンな質感で蘇らせたようなサウンドを持ち味とする好バンド、17年デビュー作

  • AUTUMN MOONLIGHT 『SKY OVER YOUR SHOULDERS』

    アルゼンチンの新鋭、2010年デビュー作。ヘヴィかつメランコリックで幻想的な絶品シンフォ!

  • SEIN 『LA FLOR Y LA MIERDA』

    え!?これ本当に新鋭なの? SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継ぐ正統派アルゼンチン・プログレ、名作!

  • DRY RIVER 『EL CIRCO DE LA TIERRA』

    (クイーン + ドリーム・シアター)÷モンティ・パイソン!?プログレとHR/HMを恐るべしな諧謔精神でまとめあげた希代の奇天烈プログレ、このスペインの新鋭2012年デビュー作、凄すぎです!

  • AUTUMN CHORUS 『VILLAGE OF THE VALE』

    英国新鋭プログレ・バンド、2012年デビュー作 、 信じられないほどに繊細に紡がれる、牧歌的でいて崇高な圧巻の名作!

  • HOMUNCULUS RES 『LIMITI ALL'EGUAGLIANZA DELLA PARTE CON IL TUTTO』

    伊シチリア島出身のカンタベリー・フィーリングたっぷりの新鋭ジャズ・ロック・バンド、爽やかでポップな2013年デビュー作

  • PROTOFONIA 『PROTOFONIA』

    クリムゾンやフリージャズに影響を受けたブラジルのインストゥルメンタル・トリオ、2013年デビュー作

  • BRUNO MANSINI 『DREAMS FROM THE EARTH』

    ムーン・サファリへのブラジルからの回答!と言える、透明感ある美メロとアンサンブルが光る2013年の驚きのデビュー作

  • MINOR GIANT 『ON THE ROAD』

    続々と優れたプログレ作品を生み出す00年代のオランダからまたまた注目の新鋭が登場!キーボードが清涼感いっぱいに彩る2014年デビュー作!

  • I AM THE MANIC WHALE 『EVERYTHING BEAUTIFUL IN TIME』

    このバンドはグレイト!英国の新鋭バンドによる2015年デビュー作で、まるでPILOTとBIG BIG TRAINが融合した感じ!

  • PROMENADE 『NOI AL DIR DI NOI』

    これは激レコメンドの新鋭がイタリアはジェノヴァから登場!ザッパやジェントル・ジャイアントもびっくりな痛快プログレ、2016年作!

  • THIS WINTER MACHINE 『MAN WHO NEVER WAS』

    イギリスの新鋭シンフォニック・ロック・バンド、IQやPENDRAGONなどネオ・プログレ・バンドを受け継ぎながら、より繊細にメランコリックに展開する丹念なサウンドメイクが素晴らしい16年デビュー作!

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

まだレビューはありません。