プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

OGDENS NUT GONE FLAKE

SMALL FACES

724357610124(EMI) 【2000年発売CD】

ボックス入り。

評価:50 1件のレビュー

スティーヴ・マリオットのR&B色、ロニー・レインの英国臭、そして、『サージェント・ペパーズ〜』影響下のサイケデリックな色彩感。数々の名作が生まれた68年産英サイケ・ポップの中でも突出したクオリティを誇る名作!

数々の名作が生まれた68年産英サイケ・ポップの中でも突出したクオリティを誇る名作!

サイケデリック・カルチャーが世を席巻した67年の翌年68年にリリースされた、SMALL FACESのコンセプチュアル・サイケデリック・アルバム。コックニー(=ロンドンの下町イースト・エンドに住む労働者階級)の伝統や仲間意識、地域の暗号を秘めた諧謔精神溢れる、生粋のイースト・エンド・モッズとしてのプライドに満ちた大傑作!後半、7曲目から12曲目はコックニーに伝わる「月の出る夜に、月を捕まえようと旅に出た男、ハピネス・タン」の物語を中心に据え、モッズ・バンドの枠を超えた芸術性と、黄色い声の鳴り止まないアイドル人気とが両立した、稀有な季節に描かれた作品と言えるでしょう。アイデアそのものは、STEVE MARRIOTとRONNIE LANEのゴールデン・ソングライティング・コンビがドラッグだか酒だかをキメながらの馬鹿話の中でコックニーの伝承を歌にして遊んでいたのが、事の発端だとか。ブリティッシュ・トラッドからカントリー、ヴォードヴィルにまで意欲的に取り組んだイミディエイト時代、彼らのルーツが存分につまった後期SFの代表的傑作です!

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Ogdens Nut Gone Flake
2. Afterglow
3. Long Agos And Worlds Apart
4. Rene
5. Song Of A Baker
6. Lazy Sunday
7. Happiness Stan
8. Rollin Over
9. The Hungry Intruder
10. The Journey
11. Mad John
12. Happydaystoytown

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

コンセプト・アルバム&ロック・オペラ名作選

まとめて試聴する

  • THE WHO 『TOMMY』

    69年作、ロック・オペラの原点にして頂点!

  • KINKS 『VILLAGE GREEN PRESERVATION SOCIETY』

    イギリスの田舎生活と古き良き時代への敬意を表して製作されたコンセプト・アルバム、愛すべき68年作!

  • MOODY BLUES 『DAYS OF FUTURE PASSED』

    67年発表、オーケストラやメロトロンが彩る一大コンセプト・アルバム、世界的なヒットとなった代表曲「サテンの夜」収録

  • PINK FLOYD 『THE WALL』

    ロジャー・ウォーターズの内面世界が色濃く反映された79年作、世界一売れた2枚組アルバム!

  • GENESIS 『LAMB LIES DOWN ON BROADWAY』

    ガブリエル在籍期最終作となった74年リリースの6th、コンセプト・アルバムの大名作!

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) 『TARKUS』

    ELPというバンドを象徴する大作「Tarkus」収録、71年発表の大名盤2nd!

  • CAMEL 『SNOW GOOSE』

    ポール・ギャリコ「白雁」をモチーフにリリカルかつイマジネーション豊かに綴られる、一大コンセプト・アルバム傑作、75年発表

  • APHRODITE'S CHILD 『666』

    ギリシャを代表する一枚、72年発表の3rd、プログレ史に残る一大コンセプト作!

  • GONG 『YOU』

    一大叙事詩REDIO GNOMEの最終章にして、プログレッシヴ・ロックの歴史に燦然と輝く大傑作!74年発表

  • I GIGANTI 『TERRA IN BOCCA』

    イタリアン・ロック、マフィアと犯罪をコンセプトにしたトータル・アルバム、71年作

  • TRUBROT 『UNDIR AHRIFUM and LIFUN』

    アイスランドのグループ、哀愁のメロディーと重厚なハモンドをフューチャーしたメロディアスな楽曲が持ち味、70年作2nd/71年3rdを収録

1968年 - ルーツ・ミュージックへの回帰とハード化【英国編】

まとめて試聴する

  • BEATLES 『BEATLES』

    68年作、ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、抜群の音楽センスで咀嚼、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応をそのままに詰め込んだ、才気みなぎる大傑作。

  • JIMI HENDRIX EXPERIENCE 『ELECTRIC LADYLAND』

    エレクトリック・ギターの革命児、最高傑作とされる68年リリース3rd

  • ROLLING STONES 『BEGGARS BANQUET』

    ブルースをルーツとするアーシーなサウンドへと回帰した68年の会心作、「悪魔を憐れむ歌」「ストリート・ファイティング・マン」などの代表曲を収録

  • KINKS 『VILLAGE GREEN PRESERVATION SOCIETY』

    イギリスの田舎生活と古き良き時代への敬意を表して製作されたコンセプト・アルバム、愛すべき68年作!

レココレ特集『1968年の音楽地図』連動【イギリスのロック/ポップスVol.1】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 英国好きならこれを避けるな(3 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

出だしのオーバーチュア「オグデンス・ナット・ゴーン・うんちゃら」が、異様にレコードへの期待を高めますね。ケニー・ジョーンズのどらばたドラミングとロニー・レーンのぶんぶんベースだけで聴かせるインスト。彼らでは異色の曲です。続いて入ってくるアクースティックのカッティングを聴いただけで、ああ、あの劇的な曲が始まるんだな、と。マリオットの声を聴いただけで涙ぐみたくなるんですよ。要するに冒頭2曲だけでこの盤を聴く使命を果たしてしまったようなものです。ハムブル・パイ第一作の「ディスペレーション」だけで肩がぜいぜいする感じ、おわかりですか。もうこの世に悔いはないや、というニュアンスです。

カケレコさんが紹介している旧B面の逸話は知りませんでした。あるあるな話だと思います。ロニー・レーンとマリオットは仲良かったですからね。ハムブル・パイ好きなわたしとしたら、スモール・フェイセズの路線であと一枚か二枚は聴きたかったところです。大変矛盾した要望ですが。ハムブル・パイは、良くも悪くも重いバンドで、ロニー・レーンのウィットは入り込む隙がなかった。かと言ってフェイセズにレーンの色が出ているかと言えば、それも違います。ロニー・レーンとマリオットが同じバンドにいたからこその、ロンドンの奇蹟だと思うです。2022.12.12

ナイスレビューですね!