プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ラヴァーズ・エンド・トリロジー

ムーン・サファリ

MICP40013

ボーナス・トラック1曲含む全3曲、シングルケース仕様、定価1575。

評価:40 1件のレビュー

「ラヴァーズ・エンド」のパート1〜3を収録したEP

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

FABRIZIO DE ANDRE / IN CONCERTO VOL2 の商品詳細へ

FABRIZIO DE ANDRE/IN CONCERTO VOL2

復帰のきっかけとなったPFMとの79年共演ツアーを収録

890円(+税)

SUBMARINE SILENCE / JOURNEY THROUGH MINE の商品詳細へ

SUBMARINE SILENCE/JOURNEY THROUGH MINE

ジェネシスのDNAを継いだ新鋭の中でも屈指といえるイタリアのバンド、まばゆくもダイナミックな2016年作3rd

2390円(+税)

PEKKA POHJOLA / PEWIT の商品詳細へ

PEKKA POHJOLA/PEWIT

フィンランド屈指の名バンドWIGWAMに在籍したベーシスト/マルチ・ミュージシャン、97年作

1290円(+税)

STEVE HACKETT / VOYAGE OF THE ACOLYTE の商品詳細へ

STEVE HACKETT/VOYAGE OF THE ACOLYTE

ジェネシス在籍中にリリースされた75年1stソロ、初期ジェネシスの幻想的なパートだけを抽出したような珠玉のシンフォニック・ロック名作

1090円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. ラヴァーズ・エンド・パート1 (オルタネイト・カット・ヴァージョン) (ボーナス・トラック)
2. ラヴァーズ・エンド・パート2
3. ラヴァーズ・エンド・パート3:シェレフテオ・セレナーデ

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    側面部に色褪せあり

    05年リリースの1stアルバム、これでもかと叙情性溢れるファンタスティックでメロディアスな北欧シンフォ、これは名作!

    3rd『LOVERS END』で大ブレイクした北欧叙情派プログレ・グループですが、デビュー作の時点で既に凄かった・・・。とめどないメロディ。手工芸品のようなアンサンブル。ただただ素晴らしい。

  • BLOMLJUD

    MOON SAFARI

    BRCD002(BLOMLJUD

    評価:44 7件のレビュー

    2枚組、レーベル面は黒い手形のデザイン

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    08年リリース、これでもかと叙情性溢れるファンタスティックな北欧シンフォ、名作!

    今や現プログレシーンの顔とも言える北欧の名バンド。3rdが出世作となりましたが、2ndの時点でもう凄かった!美しく流麗なメロディと雄大なスケールのシンフォ然とした演奏が理想的に合わさっていて、プログレアルバムとしての完成度は一番かも!

  • GETTYSBURG ADDRESS

    MOON SAFARI

    BRCD004(BLOMLJUD

    評価:50 1件のレビュー

    2枚組、収録時間約100分

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    2枚中1枚傷あり

    震えずにはいられない。ファンタスティックな演奏と至福のメロディ&ハーモニーにより会場全体が幸福に包まれた傑作ライヴ!

    震えずにはいられない。涙せずにはいられない。『Lover’s End』でブレイクした北欧MOON SAFARIによる感動のライヴ作品!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 悪くはない、が本編ラヴァーズエンドと続けて聴くと飽きる(6 拍手)

KCさん レビューをすべて見る

収録時間の関係からこのpt3だけ分離せざるを得なかったのだろうが、それが功を奏する結果となった。

この曲だけ聴けば「短い24分」なのだろうが、本編と続けて聴くと長い長い。 プログレバンドらしい展開はあれど、最初から最後まで清々しいまでに明るいサウンドなので飽きるのが早いです。

とはいえ20分以上の時間をここまでポップに仕上げるセンスには脱帽です

ナイスレビューですね!