プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

グレイとピンクの地

キャラヴァン

UICY20131 【2010年発売CD】

SHM-CD、ボーナス・トラック5曲、01年デジタル・リマスター、定価1800。

評価:50 1件のレビュー

声だけでジェントルな英国叙情を感じさせるリチャード・シンクレア。鼻にかかったソフトヴォイスの愛すべきパイ・ヘイスティングス。2人が歌う牧歌的かつピリリとテンションの効いたメロディ。うーんこれぞカンタベリーロック☆

ソフト・マシーン3rdと共にカンタベリー・ロックの代表作と言える一枚、71年発表の傑作3rd!

SOFT MACHINEと同じWILD FLOWERSを母体にRichard Sinclairらによって結成されたグループであり、カンタベリー・ジャズ・ロックシーンを代表するグループの71年3rd。彼らの代表作との評価も高いその内容は、淡いサイケデリック・ロックの質感と、Richard Sinclairの甘く響くボーカル、Dave Sinclairの各種キーボードによるマイルドなアンサンブルが上質に響くカンタベリー・シーン屈指の名盤であり、英国然とした湿り気を帯びた雰囲気とSOFT MACHINEよりもポップ且つメロディアスな音楽性が素晴らしい1枚。20分超の大作も採用し、プログレッシブ・ロックならではのスリリングなインタープレイを見せ付けながらも、やはりナイーブでセンチメンタルな叙情に溢れた傑作です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

CARAVAN / FOR GIRLS WHO GROW PLUMP IN THE NIGHT の商品詳細へ

CARAVAN/FOR GIRLS WHO GROW PLUMP IN THE NIGHT

カンタベリー・ロックの代表格、管弦楽器の格調高い響きが印象的な73年5th、前々作の名盤『グレイとピンクの地』と並び人気の高い一枚

990円(+税)

SOFT MACHINE / THIRD の商品詳細へ

SOFT MACHINE/THIRD

英国ジャズ・ロックの代表作であるとともに、「カンタベリー・ロック」の最重要作とも言える70年作3rd!

790円(+税)

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / BRAIN SALAD SURGERY の商品詳細へ

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER)/BRAIN SALAD SURGERY

73年5th、70年代英国ロック屈指の名盤であり、それまでの彼らの集大成を最高の形で結実させた一枚!

890円(+税)

LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/LED ZEPPELIN

ハードロック時代の到来を告げた69年デビュー作!

590円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. ゴルフ・ガール
2. ウィンター・ワイン
3. ラヴ・トゥ・ラヴ・ユー
4. グレイとピンクの地
5. 9フィートのアンダーグラウンド
6. アイ・ドント・ノウ・イッツ・ネーム (ボーナス・トラック)
7. 貴族 (ボーナス・トラック)
8. イッツ・ライクリー・トゥ・ハヴ・ア・ネーム・ネクスト・ウィーク (ボーナス・トラック)
9. グループ・ガール (ボーナス・トラック)
10. 分離|100%プルーフ (ボーナス・トラック)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

真のコスモポリタン・ミュージック。カンタベリー・シーンを牽引した、超個性的な鬼才達。

まとめて試聴する

  • WILDE FLOWERS 『WILDE FLOWERS(TALES OF CANTERBURY)』

    ソフト・マシーンとキャラヴァンの母体となったカンタベリー・ロックの源流といえるバンド、全22曲

  • SOFT MACHINE 『SOFT MACHINE』

    サイケデリック・ジャズ・ポップと呼ぶべき革新的サウンドを繰り広げる68年1st!

  • MATCHING MOLE 『MATCHING MOLE』

    ソフツを脱退したワイアットが結成したグループ、名曲「O Caroline」収録の72年デビュー作、カンタベリー・ロックらしさ満点の名品!

  • HATFIELD & THE NORTH 『HATFIELD AND THE NORTH』

    カンタベリー・ジャズ・ロックの最高峰バンドによる74年1st、Robert WyattやHENRY COWのJeff Reighも参加

  • EGG 『EGG』

    Dave Stewart率いる英オルガン・ロック・トリオ、サイケデリックな質感を残す70年デビュー作、変拍子満載のアグレッシヴな演奏が魅力

  • QUIET SUN 『MAINSTREAM』

    ロキシー・ミュージックのフィル・マンザネラと、ディス・ヒートを結成するドラマー、チャールズ・ヘイワードを中心とするグループ、75年リリースのカンタベリー・ロック名盤!

  • NATIONAL HEALTH 『NATIONAL HEALTH』

    カンタベリー・シーンの重要グループHATFIELD AND THE NORTHとGILGAMESHの中心メンバーが結成したジャズ・ロックバンド、78年作1st

  • GONG 『YOU』

    一大叙事詩REDIO GNOMEの最終章にして、プログレッシヴ・ロックの歴史に燦然と輝く大傑作!74年発表

プログレ界の名男性ヴォーカリスト選

まとめて試聴する

  • YES 『CLOSE TO THE EDGE』

    72年作5th、緊張感、幻想美、構築性、ダイナミズム、超絶技巧!これぞプログレと言うべき要素が詰まった超傑作!

  • GENESIS 『FOXTROT』

    初期ジェネシスの代表作、72年発表4th

  • VAN DER GRAAF GENERATOR 『LEAST WE CAN DO IS WAVE TO EACH OTHER』

    70年作、カリスマ・レーベル移籍第一弾、通算2枚目の出世作、冒頭3曲の流れは圧巻!

  • JETHRO TULL 『AQUALUNG』

    次作「ジェラルドの汚れなき世界」とともにバンドの代表作として名高い71年作4th

  • KING CRIMSON 『RED』

    フリップ、ウェットン、ブルーフォードの三人が尋常ならざる緊張感の中で生み出したクリムゾンを代表する傑作、74年作7th

  • SOFT MACHINE 『THIRD』

    英国ジャズ・ロックの代表作であるとともに、「カンタベリー・ロック」の最重要作とも言える70年作3rd!

  • KEVIN AYERS JOHN CALE ENO NICO 『JUNE 1 1974』

    ケヴィン・エアーズの呼びかけに応え、英米ロック界指折りの曲者たちが集結した74年の歴史的コンサートを収録

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) 『BRAIN SALAD SURGERY』

    73年5th、70年代英国ロック屈指の名盤であり、それまでの彼らの集大成を最高の形で結実させた一枚!

  • FAMILY 『FEARLESS』

    愛すべきダミ声ヴォーカル、ロジャー・チャップマンを擁する英ロック・グループ、ジョン・ウェットンが新加入した71年作

  • GNIDROLOG 『LADY LAKE』

    72年作2nd、VDGGに通じるダークかつドラマティックな英プログレ名盤

  • KANSAS 『LEFTOVERTURE』

    彼らの出世作と言える76年リリース3rd、キャッチーでスリリングでスケール感溢れるサウンドはこれぞアメリカン・プログレ!

  • PAVLOV'S DOG 『PAMPERED MENIAL』

    ゲディ・リーを彷彿させるハイトーンVoと吹きすさぶメロトロンが印象的な米プログレ・バンド、75年デビュー作

  • FRANK ZAPPA 『APOSTROPHE (')』

    ザッパのヴォーカルを大きくフィーチャーした74年作の名作!ジャック・ブルース&ジム・ゴードンが表題曲に参加

  • AREA 『ARBEIT MACHT FREI』

    イタリア、地中海/中近東的エキゾチズムと超絶ヴォーカルを擁する熱量ほとばしる演奏が融合した、まさしく唯一無二のジャズ・ロック、衝撃の73年作1st!

  • BANCO 『DARWIN !』

    72年2nd、爆発的にエネルギッシュ!イタリアン・ロック必殺の傑作!

  • MUSEO ROSENBACH 『ZARATHUSTRA』

    イタリアン・ヘヴィ・シンフォの大傑作、73年作

  • ATOLL 『TERTIO』

    フレンチ・プログレを代表するグループ、前2作に比べキャッチーになった楽曲と緻密なバンド・アンサンブルが一体となった77年作3rd、名盤

  • ANGE 『GUET-APENS』

    フレンチ・ロックを代表するグループ、77年リリースの最高傑作!

  • TRIANA 『EL PATIO』

    スパニッシュ・シンフォの最高峰グループ、これでもかと溢れだすスパニッシュな哀愁、75年デビュー作!

  • FOCUS 『MOVING WAVES』

    エッジの立ったバカテクギター&変てこヨーデル風スキャットが炸裂する怪曲「HOCUS POCUS」収録、71年2nd

  • FLOWER KINGS 『DESOLATION ROSE』

    Roine Stolt率いる北欧の大御所グループ、ダイナミックでエッジの立ったキレのあるアンサンブルが素晴らしい13年作!

  • WIGWAM 『FAIRYPORT』

    北欧シーンを代表するプログレ・グループ、71年3rd、代表作と言える名作!

  • NIEMEN 『MOURNER'S RHAPSODY』

    Jan HammerなどMAHAVISHNUのメンバー参加の74年作、熱くスリリングな演奏が堪能できる傑作

  • ESPIRITU 『ESPIRITU III』

    アルゼンチン、攻撃性と歌心を併せ持つ絶品シンフォ

  • INVISIBLE 『EL JARDIN DE LOS PRESENTES』

    76年作、サイケ〜ブルース期を経てSPINETTA独自の音世界が完成した、南米プログレ屈指の傑作!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • GREY PINK AND GOLD

    CARAVAN

    R2CD4273(RECORDING ARTS

    2枚組、ゴールドCD、スリップケース付き

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    1枚は盤無傷/小傷程度

    91年と02年のライヴを収録、全16曲

  • グレイとピンクの地

    キャラヴァン

    UICY9058

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック5曲、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ソフト・マシーン3rdと共にカンタベリー・ロックの代表作と言える一枚、71年発表の傑作3rd!

    声だけでジェントルな英国叙情を感じさせるリチャード・シンクレア。鼻にかかったソフトヴォイスの愛すべきパイ・ヘイスティングス。2人が歌う牧歌的かつピリリとテンションの効いたメロディ。うーんこれぞカンタベリーロック☆

  • 夜ごとに太る女のために

    キャラヴァン

    UICY2392

    デジタル・リマスター、ボーナス・トラック5曲、定価1835

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カンタベリー・ロックの代表格、管弦楽器の格調高い響きが印象的な73年5th、前々作の名盤『グレイとピンクの地』と並び人気の高い一枚

    パイ・ヘイスティングのハイ・トーン・ヴォーカル、ジョン・G・ペリーの硬質なベース、ジェフリー・リチャードソンの優雅なヴィオラ。新加入メンバーによって生み出されたポップ・フィーリングに溢れたジャズ・ロックの名盤→

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    トレーに黄ばみあり

    CARAVAN史上屈指の名曲「ロッキン・コンチェルト」他、愛すべきポップな佳曲が並ぶ75年作

    75年作、邦題別名「ロッキン・コンチェルト」。

  • ライヴ1990

    キャラヴァン

    MSIDV02

    DVD、帯・解説付仕様、入力方式・リージョン記載なし

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、一部に圧痕あり

    90年のライヴ映像を収録

  • クラシック・ロック・レジェンズ

    キャラヴァン

    DUVD003

    DVD、直輸入盤(帯・解説付)、NTSC方式、リージョン2、定価3600

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 未開封

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    DVDのみ未開封

    2010年のライヴ映像を収録

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケースツメ跡あり

    バンドの絶頂期と言える70年〜74年のBBC音源集、全12曲

    英カンタベリー・ミュージックを代表する愛すべきプログレ/ジャズ・ロック・グループ。バンドの絶頂期と言える70年〜74年のBBC音源をまとめたライヴ盤。部屋の中で弾いてもらっているよ

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 グレイとピンクの地(2 拍手)

あざらしさん レビューをすべて見る

カンタベリーロック界ではキャメルに並ぶ大物バンド、キャラバンの最高傑作。
一曲目のGolf Girlはのどかな曲調で、「ゴルフ場でお茶売りの女の子を口説いてオトす」みたいなことを歌っております。「実はお茶を三杯頼んだんだ、そのゴルフ・ガールを見るために」と歌っていて実にユーモラスな曲ですが、中盤のメロトロンの音やリチャード・シンクレアのまったりとした声で非常に落ち着きのある曲となっています。
また二曲目のWinter Wineはある種ジャズ的な曲構成の作品。まさにジャズロックといえるかもしれませんが、ソフト・マシーンが作り上げたそれよりはるかにロック的要素が強く、特に中盤から終わりにかけてまでのある種ドラマチックかつ攻撃的な音楽への転調は何度聴いても鳥肌モノです。
3曲目と4曲目はある意味1曲目のそれと近いものが多いと思います。3曲目はポップさを純粋に追求したような音楽で、歌詞の内容もまぁ猥褻なことを歌ってたりするんですが。そういったユーモア的な要素も、カンタベリーロックの良い要素でもあります。
そしてアルバムの最後を飾る22分の大曲、Nine Feet Underground。カンタベリーロックのみならずプログレッシブロックに大曲というものは多く存在していますが、個人的に例えるならばGenesisのSupper\\\\\\''s Readyのような曲であると思います。全体的に湿り気を感じさせる曲調となっていて、一音一音に沼のような深みが感じさせられるような音になっています。この曲で特筆すべきなのは終盤のリチャード・シンクレアの暗く悲しげな声が終わったあとのパイ・ヘイスティングによるギターソロでしょう。それまでの沼のような要素や、どこかゆったりした要素を払拭し、場面はギターの独壇場となり曲は終わりへと向かいます。これがまた素晴らしい響きで、このアルバムを締めるのに相応しい音となっております。
アルバムを通してもかなり素晴らしい一品で、ポップさとジャジーな要素、そしてもちろんロックの混在はまさにカンタベリーロックです。そして、それが上手くあわさり作られた今回のアルバムは、他に類を見ない傑作となっておりますので、強く購入をオススメします。

ナイスレビューですね!