プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

COLOR

COLOR

HCD17567(MAMBO

ボーナス・トラック3曲。

評価:45 2件のレビュー

プログレで3兄弟と言えばジェントル・ジャイアントのシャルマン兄弟ですが、このハンガリー出身のボコル3兄弟が率いるプログレ・バンドも素晴らしい〜。ソリーナをはじめとする翳りあるメランコリックなキーボードの音色を弦楽器が優雅に彩る、東欧プログレの隠れた傑作!

78年リリース、驚くほど完成度の高いドラマティックなハンガリー・プログレ、名作!オススメ!

ハンガリーのプログレ・グループ、78年作1st。シャープかつふくよかなリズム隊、タメの効いたハード&メロウなギター、東欧的なメランコリックなキーボードを中心に、弦楽器が彩るスタイルの東欧プログレ。アコースティック・ギターとピアノによるリリカルなパートを巧みに配したドラマティックな構成美。胸を打つセンチメンタルなヴォーカルと詩情豊かなメロディ。ここぞで溢れ出すソリーナとストリングスによるクラシカルな叙情美。ほぼ無名のグループですが、びっくりするほどの完成度。抜群の音楽性を誇る名作。ドラマティックなプログレのファンにはかなりオススメ!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

COLOR / UJ SZINEK の商品詳細へ

COLOR/UJ SZINEK

ハンガリーの実力派プログレ・グループ、煌びやかなキーボード&ソリーナが全編を覆う、いかにも東欧的なドラマティックさが堪能できるプログレ・ハード、名作!

2090円(+税)

AKRITAS / AKRITAS の商品詳細へ

AKRITAS/AKRITAS

性急さと畳み掛けるようなテンションが魅力のギリシャ・プログレを代表する名作、73年唯一作

2390円(+税)

OMEGA / SZVIT の商品詳細へ

OMEGA/SZVIT

ハンガリー出身、東欧を代表するプログレ・グループ、73年の代表作

2290円(+税)

OMEGA / GAMMAPOLISZ の商品詳細へ

OMEGA/GAMMAPOLISZ

ハンガリー出身、東欧を代表するグループ、東欧シンフォの大傑作となった79年作

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ドラマティック・シンフォ&ハードの秘境、ハンガリーへようこそ

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • UJ SZINEK

    COLOR

    HCD37973(MAMBO

    評価:50 2件のレビュー

    ボーナス・トラック8曲

    ハンガリーの実力派プログレ・グループ、煌びやかなキーボード&ソリーナが全編を覆う、いかにも東欧的なドラマティックさが堪能できるプログレ・ハード、名作!

    「この作品には古き良き時代の「プログレ・ハード」の薫りがむせかえるほどに詰まっております。」by vertigo6360002さん。煌びやかなソリーナに彩られた東欧プログレ名作!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 突き抜けています!東欧の翳りよっかカラフル天然色満載の曲調に「ほほぅ、いいじゃん!」となります。EASTとは別の意味で絶品です。(1 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

ガイド本には「もっとマイナーな曲調が良く似合うのでは・・」と書いてありましたが、これでいいよ!
ポップな曲をやれるって、テクがある証拠ですよね。コピーだってビートルズのアビー・ロードB面なんていろんな面で難しくてだれも手が出せないし(不可侵領域ですな)。
マイナー・3コードに泣きギターとメロトロンの洪水なんて四畳半プログレ、期待しない!ポンプ初期の名作群、例えばピーター・バンクスの
AFTER THE FIREに似た感じかな。

ボーナス・トラックの10曲目、BJHの名曲「Galadriel」をカヴァーで取り上げてるのもナカナカいいセンスしてるじゃん、と思ったらクレジットにJohn Leesの名前が無い!ま、まぁ、こういうことはよくあることでご愛敬ですね(大笑)。ま、東欧で私の大好きな BJH に影響されてるヒトもいるんだと思うと嬉しくなります。
ちなみに私の奥さんは「21世紀スキゾイド」イントロ聴くと、「恋のかぁ〜らくりぃ〜、夢しばぁ〜い」と唄います。

ナイスレビューですね!

評価:4 ファーストにしてすでに隙なし(1 拍手)

Durangoさん レビューをすべて見る

2ndを先に聴いて、そのプログレハードとしての出来のよさに驚嘆したのですが、この1stはより優しい音使いで民族色が強く残ったシンフォニックロックです。言うなれば洗練されたOMEGAというところですかね。しかしそこはかとなくブリティッシュの薫りがする点にこのグループの巧みさを感じました。次作もそうですが、英米を筆頭にメジャーシーンの音を自分達の民族的な音楽性に持ちこむそのやり方が、ヨーロッパ全土を見渡してもトップレベルにうまいのです。メロディーそのものは味わい深いハンガリー独自ものでありつつも、それを包む音色の扱いが格段に耳馴染みがよく聴きやすいものとなっているのはその点にあるわけですね。そこがOMEGAとは決定的に異なる点でしょう(すみません別にOMEGAに恨みはありません)。やはり非常に頭のいいグループです。結局2ndのレビューとほとんど同じですが、これから東欧プログレを聴こうと思うのであれば、入口としてちょうどいいグループだと思います。おすすめ品。

関係はありませんが、ハンガリーは日本と同じく名前が姓→名の順なのだそうです。例えばリストなどは、母国では Liszt Ferenc となるわけです。東欧リスナーにとっては常識なのかもしれませんが・・。

ナイスレビューですね!