プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

DILUVIUM

AINIGMA

CD118(GARDEN OF DELIGHTS

ボーナス・トラック2曲収録。

評価:30 1件のレビュー

それにしてももの凄い音圧!轟音ハモンドとファズ・ギター、けたたましく疾走するリズム隊!か、かっこいい・・・。

ファズ・ギターとハモンドが暴れ回るヘヴィ・ロック、ジャーマン・サイケ、73年作

ドイツ出身、73年の唯一作。壁のように分厚いファズ・ギター、サイケデリックなハモンド、ヘヴィ&アグレッシヴなリズムによるソリッドなヘヴィ・ロック。それにしてももの凄い音圧!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

BROTHER FOX & THE TAR BABY / BROTHER FOX AND THE TAR BABY の商品詳細へ

BROTHER FOX & THE TAR BABY/BROTHER FOX AND THE TAR BABY

スケールの大きな、迫力と奥行きのある米ハード・ロック、おすすめ!

2290円(+税)

JODO / GUTS の商品詳細へ

JODO/GUTS

英国出身グループのアメリカでのみリリースされた唯一作、圧倒的に堅く強くソリッドなハード・ロックの名作

2390円(+税)

GRANMAX / A NINTH ALIVE and KISS HEAVEN GOODBYE の商品詳細へ

GRANMAX/A NINTH ALIVE and KISS HEAVEN GOODBYE

ハード&ドラマティックな米ハード・ロック

2290円(+税)

TIN HOUSE / TIN HOUSE の商品詳細へ

TIN HOUSE/TIN HOUSE

71年リリース、疾走感の中にも哀愁を忍ばせたブルース・ハードの名作

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ジャーマン・ハード・ロック名作選

まとめて試聴する

  • MURPHY BLEND 『FIRST LOSS』

    71年作、ジャーマン・ハードの「至宝」!

  • SATIN WHALE 『DESERT PLACES』

    BRAINレーベルより74年にリリースされた1st、フルートやハモンドをフィーチャーしたジャーマン・オルガン・プログレ

  • KIN PING MEH 『KIN PING MEH』

    ブリティッシュ・ロックからの影響が強いジャーマン・ハード・グループ、71年デビュー作

  • ARMAGGEDON 『ARMAGGEDON』

    ジミヘンばりの熱いギターをフューチャーしたKUCKKUCKレーベルが誇るジャーマン・ハード名盤、70年作

  • KRAVETZ 『KRAVETZ』

    FRUMPYのKey奏者による72年ソロ、芳醇な香りの絶品オルガン・ハード作!

  • BAUMSTAM 『ON TOUR』

    75年作、ジャーマン・ヘヴィ・ロック、オリジナルは自主制作の激レア盤

  • SIXTY NINE 『CIRCLE OF THE CRAYFISH』

    EL&Pも真っ青!破天荒なジャーマン・オルガン・ハード!72年発表のスタジオ唯一作

  • TOMORROW'S GIFT 『TOMORROWS GIFT』

    ジャーマン・オルガン・ハード屈指の傑作と言える70年デビュー作、アフィニティやベーブ・ルースのファンは必聴!

  • GIFT 『GIFT』

    ハード&ブルージーなツイン・ギターが炸裂するハードなパート、フルートの幻想パートが魅力的なジャーマン・ハード、72年デビュー作

  • EPSILON 『MOVE ON』

    オルガンをフィーチャーしたジャーマン・ハード、72年作2nd

  • LUCIFER'S FRIEND 『....WHERE THE GROUPIES KILLED THE BLUES』

    後にヒープでも活躍する英国人シンガー、ジョン・ロートンが率いるジャーマン・ハードの名グループ、72年2nd

  • ARKTIS 『ARKTIS』

    フィメール・ヴォーカルを擁するジャーマン・ハード・グループ、74年作1st

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 変わった毛色が良いバンド(3 拍手)

じゃ、見ろクワイ(笑)さん レビューをすべて見る

たしか十五歳のメンバーがいるバンドで年代のわりには古めかしい音ですが、演奏はちょっとサイケデリックがかっていて70年代初頭特有の哀愁味もあり、かなり健闘しています。

ナイスレビューですね!