プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

STRANGE NEW FLESH

COLOSSEUM II

ECLEC22315(ESOTERIC) 【2006年発売CD】

2枚組、EXPANDED EDITION、75年と76年のスタジオデモ音源を収録、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲。

評価:50 1件のレビュー

ジョン・ハイズマンのドラムは相変わらず熱いし、ゲイリー・ムーアのキレ味も凄い!ロック、ジャズ、ハード・ロックとがぶつかった激しい火花を真空パック!

コロシアム〜テンペストのジョン・ハイズマンがブレイク前のゲイリー・ムーアを抜擢して結成したグループ、76年作1st

ジャズとロックの融合を目指し、コロシアム〜テンペストと英ジャズ・ロック屈指の名グループを率いてきたドラマーのジョン・ハイズマンが、アメリカでのフュージョン・ブームに呼応し、当時はまだ無名だったゲイリー・ムーア等と74年に結成したグループ。76年の1st。シャープに洗練された中にもエネルギーがつまりにつまったドラム、音数多くウネリを上げるベース、フュージョン・タッチの流麗なキーボード、エッジの立ったキレ味抜群のギター。バンドが白熱したバトルを繰り広げるテクニカルな楽曲から、同時期のジェフ・ベック『ブロウ・バイ・ブロウ』を彷彿させるメロディアスな楽曲まで、完成度はさすがに高いです。エネルギッシュ&ソウルフルなヴォーカルも魅力的。ロック、ジャズ、ハード・ロックとがぶつかってできた熱気を真空パックしたようなプログレッシヴ・フュージョンの傑作!

YouTube動画

試聴 Click!

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷〜傷少なめ | 傷あり | 傷多め

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    帯無、カビあり

    コロシアム〜テンペストのジョン・ハイズマンがブレイク前のゲイリー・ムーアを抜擢して結成したグループ、76年作1st

    ジョン・ハイズマンのドラムは相変わらず熱いし、ゲイリー・ムーアのキレ味も凄い!ロック、ジャズ、ハード・ロックとがぶつかった激しい火花を真空パック!

  • 盤質: | 無傷〜傷少なめ | 傷あり | 傷多め

    状態: | 良好 | | 不良 |

    カビあり

    コロシアム〜テンペストのジョン・ハイズマンがブレイク前のゲイリー・ムーアを抜擢して結成したグループ、76年作1st

    ジョン・ハイズマンのドラムは相変わらず熱いし、ゲイリー・ムーアのキレ味も凄い!ロック、ジャズ、ハード・ロックとがぶつかった激しい火花を真空パック!

  • WAR DANCE

    COLOSSEUM II

    ECLEC2626(ESOTERIC

    18年リイシュー、デジタル・リマスター

    コロシアム〜テンペストのジョン・ハイズマンがブレイク前のゲイリー・ムーアを抜擢して結成したグループ、77年リリースの最終作3rd

    ケースの構造上、ジャケットにケースツメ跡や食い込みがある場合がございます。ご了承ください。

    鉄人ドラマー、ジョン・ハイズマンがブレイク前のゲイリー・ムーアを抜擢して結成したグループによる最終作にして最高作。前年に出たリターン・トゥ・フォーエヴァー『浪漫の騎士』に対する英国からの回答とも言えそうな、スリリングにして色彩感に溢れたテクニカル・ハード・フュージョンの傑作!

  • ウォー・ダンス

    コロシアムII

    MVCM21055

    定価1942+税

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷〜傷少なめ | 傷あり | 傷多め

    状態: | 良好 | | 不良 |

    帯無、若干カビあり

    コロシアム〜テンペストのジョン・ハイズマンがブレイク前のゲイリー・ムーアを抜擢して結成したグループ、77年リリースの最終作3rd

    鉄人ドラマー、ジョン・ハイズマンがブレイク前のゲイリー・ムーアを抜擢して結成したグループによる最終作にして最高作。前年に出たリターン・トゥ・フォーエヴァー『浪漫の騎士』に対する英国からの回答とも言えそうな、スリリングにして色彩感に溢れたテクニカル・ハード・フュージョンの傑作!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 各パートそれぞれに注目して聴ける一枚(3 拍手)

waterbearerさん レビューをすべて見る

ジャズ・ロックのオリジナルColosseumからHRのColloseum兇悄
そもそもJ.Hisemanのバンドであって彼以外のメンバー総取っ替えになって、音楽スタイルが変わった。「変わった」というかもうここまでくると別バンドである。
「供廚砲覆辰討皀献礇此Ε蹈奪のテイストがしっかり残っているのはJ.HisemanのDsのリードがあってこそ。そこへ元Skid RowのG.Moore、現Deep PurpleのD,Airey、後にWhitesnakeやVow Wowに参加するN.Murrayという今となっては名士中の名士4人が繰り広げるのは、フュージョン風インストのHRである。
泣きのギターがG.Mooreらしく、D.Aireyのピアノの長いソロパートやフェンダー・ローズがフュージョンっぽさを感じさせるM2、そしてアツい喉を聴かせるのはMile Starrs。ごく短期間の加入だったそうだが、もっと聴きたくなるほどのすばらしい歌唱力である。
とにかくインストの4人の腕前それぞれに注目して聴いてほしい。ジャズ・ロックの範疇で語られがちだが、HRはもちろん、Trapezeっぽいソウルな風味も感じられる味わい深い一枚である。おすすめです。

ナイスレビューですね!