プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ホテル・カリフォルニア

イーグルス

WPCR13236 【2008年発売CD】

SHM-CD、デジタル・リマスター、定価2300。

評価:40 2件のレビュー

70年代における行き過ぎたロックの商業化を嘆いた表題曲は、まさしくアメリカン・ロック史上最上の一曲。終盤のツインギターソロはW.アッシュ「アーガス」のラストと並び立つ、英米二大名演ではないでしょうか!

76年度グラミー賞最優秀レコード賞を受賞、イーグルスの代表作にしてアメリカン・ロック史上の大名盤

76年度グラミー賞最優秀レコード賞を受賞した、彼らの文句なしの代表傑作、同75年第5作目がこちら。既に74年リリースの『ON THE BOADER』において全米第1位を獲得していた彼らですが、その多大なプレッシャーを押しのけ、J.D.Southerを迎え完成させた今作。それまでのカントリー・テイストは薄れ、よりタイトでヴィヴィットなロック・サウンドを導入しています。それでいて、70年代に入り、次第に産業として体制に取り込まれてゆくロック界を皮肉ったかのような歌詞が印象的な大名曲「HOTEL CALIFORNIA」を筆頭に、「NEW KID IN TOWN」、「THE LAST RESORT」等、Daryl Hallを歌の主人公のイメージとしたかのような内政的で、示唆的な歌の世界が、正に70年代という疲れを見せ始めたロック界の空気感を上手く捉えた作品であるとも言えるでしょう。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

EAGLES / DESPERADO の商品詳細へ

EAGLES/DESPERADO

数えきれないほどのミュージシャンにカバーされる名曲中の名曲「DESPERADO」収録の73年作2nd、哀愁のメロディが溢れる初期の傑作!

790円(+税)

DEEP PURPLE / MACHINE HEAD の商品詳細へ

DEEP PURPLE/MACHINE HEAD

72年作7th

290円(+税)

VELVET UNDERGROUND & NICO / VELVET UNDERGROUND AND NICO の商品詳細へ

VELVET UNDERGROUND & NICO/VELVET UNDERGROUND AND NICO

ロック史上に残る稀代の名盤、67年1st

290円(+税)

ELO(ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA) / OUT OF THE BLUE の商品詳細へ

ELO(ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA)/OUT OF THE BLUE

代表曲満載の彼らの代表作であり、ロック史上に燦然と輝く傑作、77年リリース

1190円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. ホテル・カリフォルニア
2. ニュー・キッド・イン・タウン
3. 駆け足の人生
4. 時は流れて
5. 時は流れて(リプライズ)
6. 暗黙の日々
7. お前を夢みて
8. 素晴らしい愛をもう一度
9. ラスト・リゾート

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • ならず者

    イーグルス

    WPCR75127

    デジタル・リマスター、定価1800

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯中央部分に若干色褪せあり

    数えきれないほどのミュージシャンにカバーされる名曲中の名曲「DESPERADO」収録の73年作2nd、哀愁のメロディが溢れる初期の傑作!

    西海岸を代表するロックバンドによる西部開拓時代をテーマにしたアルバムと言えば?寂しげなピアノに導かれる、切々と語りかけるような低音ヴォーカルが素晴らしいこのバラード、今やスタンダードですが、やっぱり何度聴いても名曲〜!

  • DESPERADO

    EAGLES

    7559606272(ASYLUM

    デジタルリマスター

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケースツメ跡あり・カビあり

    数えきれないほどのミュージシャンにカバーされる名曲中の名曲「DESPERADO」収録の73年作2nd、哀愁のメロディが溢れる初期の傑作!

    西海岸を代表するロックバンドによる西部開拓時代をテーマにしたアルバムと言えば?寂しげなピアノに導かれる、切々と語りかけるような低音ヴォーカルが素晴らしいこのバラード、今やスタンダードですが、やっぱり何度聴いても名曲〜!

  • ホテル・カリフォルニア

    イーグルス

    WPCR11936

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ミニ・ポスター付仕様、定価2100

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    76年度グラミー賞最優秀レコード賞を受賞、イーグルスの代表作にしてアメリカン・ロック史上の大名盤

    70年代における行き過ぎたロックの商業化を嘆いた表題曲は、まさしくアメリカン・ロック史上最上の一曲。終盤のツインギターソロはW.アッシュ「アーガス」のラストと並び立つ、英米二大名演ではないでしょうか!

  • ホテル・カリフォルニア

    イーグルス

    WPCR11936

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ミニ・ポスター付仕様、定価2100

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    76年度グラミー賞最優秀レコード賞を受賞、イーグルスの代表作にしてアメリカン・ロック史上の大名盤

    70年代における行き過ぎたロックの商業化を嘆いた表題曲は、まさしくアメリカン・ロック史上最上の一曲。終盤のツインギターソロはW.アッシュ「アーガス」のラストと並び立つ、英米二大名演ではないでしょうか!

  • ホテル・カリフォルニア

    イーグルス

    WPCR11936

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ミニ・ポスター付仕様、定価2100

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり

    76年度グラミー賞最優秀レコード賞を受賞、イーグルスの代表作にしてアメリカン・ロック史上の大名盤

    70年代における行き過ぎたロックの商業化を嘆いた表題曲は、まさしくアメリカン・ロック史上最上の一曲。終盤のツインギターソロはW.アッシュ「アーガス」のラストと並び立つ、英米二大名演ではないでしょうか!

  • HOTEL CALIFORNIA

    EAGLES

    7559605092(ASYLUM

    デジタル・リマスター

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    76年度グラミー賞最優秀レコード賞を受賞、イーグルスの代表作にしてアメリカン・ロック史上の大名盤

    70年代における行き過ぎたロックの商業化を嘆いた表題曲は、まさしくアメリカン・ロック史上最上の一曲。終盤のツインギターソロはW.アッシュ「アーガス」のラストと並び立つ、英米二大名演ではないでしょうか!

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    94年編纂ベスト、全17曲

  • ヒストリーBOX

    イーグルス

    AMCY6181/4

    4枚組ボックス、各CDはデジパック仕様、帯元から無し、情報記載シール・ブックレット仕様、定価8000

    帯【-】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    2枚は盤に傷あり、若干タバコ臭あり

    70〜90年代のアンソロジー、全53曲

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 イーグルスの最高傑作にして、ロック史に輝く名盤(2 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

イーグルスの代表作と言えば、やはりこれです。
彼らの最高傑作ということに留まらず、ロック史に輝く名盤と言えるでしょう。
イーグルスは、個人的にはそれ程思い入れが強いバンドではないのですが、「Hotel California」と「New Kid In Town」が聴きたくて、今でも取り出してしまうアルバムです。

確かに「Hotel California」のイントロと終盤のギターソロは印象的です。
1曲目からメインディッシュを持って来られた感じですが、あらためて聴き直してみると、アルバムとしての全体的なバランスがとても良いことに気付きます。
ソロでヒット曲を産み出していることからもわかるように、メンバー全員が歌えるし、コーラス・ワークも美しい。
これは好みの問題ですが、私はコーラス・ワークがきれいだと、もうそれだけで作品に対する好感度が高くなります。

カリフォルニアという街に漠然と抱いているカラッとしたイメージとは異なるサウンドですが、ジャケット・イメージはそのサウンドを端的に表しているのではないでしょうか。

ナイスレビューですね!

評価:3 ジョー・ウォルシュがなぜ加入したか(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

イーグルズに加入したジョー・ウォルシュが初めてつくり、歌ったのが7.Pretty Maids All In A Row 。落ち着いたいいバラードなのですが、ずっと歌詞に引っ掛かりを感じておりました。英詞のサイトで、ある人がコメントしていたのを読み、胸をつかえがすっと取れた気持ちになり、書きます。

どうもウォルシュは、74年に娘さんを亡くしているようなのです。「長い間、会ってなかったね」「あっという間に有名になっちゃったね」という会話から始まるこの曲。これは、ヘンリー、フライらが、娘さんの葬式に来てくれた時のウォルシュとの会話ではないのか、とある人は書いています。するとタイトルのプリティ・メイズが、亡くなった娘さんがなにかのセレモニーでメイドになった時の情景ではないのかと想像できます。おそらくヘンリーかフライの結婚式で。もしこの話が真実としたら、彼のイーグルズ加入の経緯がひとつ明らかになったということです。

わたしはイーグルズのユーザーではありません。ホテル・カリフォルニアやオン・ザ・ボーダーについて、アメリカン・ロックを全て知ってるかのように書いている人を毛嫌いしています。彼らがこのアルバムで「アメリカの現実」と向き合ったことは確かですが、そんなことはとっくに誰かがやっています。要はジェスロ・タルの過去曲をパクったらヒットしただけのことです。

それとジョー・ウォルシュの件は別件です。

ナイスレビューですね!