プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

AHEAD RINGS OUT

BLODWYN PIG

BGOCD54(BGO

デジタル・リマスター。

評価:40 1件のレビュー

ジェスロ・タルの1st『THIS WAS』のギタリスト、ミック・エイブラハムズが結成したグループ68年発表の1stアルバム。ムーディーなナンバーからアグレッシヴなナンバーまで、どの曲でも熱気ほとばしる演奏が圧巻です。

元ジェスロ・タルのgミック・エイブラハムス率いるバンド、69年デビュー作

ジェスロ・タルの1st『THIS WAS』のギタリスト、ミック・エイブラハムズが、ブルース/ジャズ・ロック的な方向性を押し進めるべく結成したグループ。本作は、68年発表の1stアルバム。エイブラハムズのギターはまさに水を得た魚のように力強く、ムーディーなナンバーからアグレッシヴなナンバーまで、どの曲でも熱気ほとばしる演奏が圧巻。元ピート・ブラウン&ピブロクト!のジャック・ランカスターによる奔放なサックスもまた素晴らしく、エイブラハムズとの熱気溢れるバトルに、ただただ言葉を失います。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

BLODWYN PIG / GETTING TO THIS の商品詳細へ

BLODWYN PIG/GETTING TO THIS

初期JETHRO TULLのギタリストMick Abrahams率いるバンド、ブラスやフルートをフィーチャーした熱気溢れる英ブルース・ロック、70年発表の2nd

890円(税込979円)

GREENSLADE / LIVE IN STOCKHOLM MARCH 10TH 1975 の商品詳細へ

GREENSLADE/LIVE IN STOCKHOLM MARCH 10TH 1975

75年、スウェーデンでのラジオ放送用ライヴ音源、新ベーシスト/Voマーティン・ブライリー在籍期の貴重音源、全9曲

1,090円(税込1,199円)

STRIDER / EXPOSED の商品詳細へ

STRIDER/EXPOSED

腰が抜けるほどに格好良すぎる英ハードの名作!

2,390円(税込2,629円)

JUICY LUCY / LIE BACK AND ENJOY IT の商品詳細へ

JUICY LUCY/LIE BACK AND ENJOY IT

70年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd、ブルージー&アーシー&スワンピーな逸品!

890円(税込979円)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. It's Only Love
2. Dear Jill
3. Sing Me A Song That I Know
4. The Modern Alchemist
5. Up And Coming
6. Leave It With Me
7. The Change Song
8. Backwash
9. Ain't Ya Coming Home, Babe?

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ジャケット(リーフレット背面)に目立つスレあり、ケースツメ跡あり、ケースに販売用シール貼付あり

    初期JETHRO TULLのギタリストMick Abrahams率いるバンド、ブラスやフルートをフィーチャーした熱気溢れる英ブルース・ロック、70年発表の2nd

    ジェスロ・タルをデビュー作のみで辞めたギタリスト、ミック・エイブラハムズ率いるグループ。エネルギッシュなブラスに、ツバ飛びまくりのフルートも絡んできて、たまりません!

  • ミック・エイブラハムズのギターとジャック・ランカスターのサックスがぶつかりあうジャズ/ブルース・ロックの名バンド、BBC音源集

    ジェスロ・タルの1st『THIS WAS』のギタリストとして知られるミック・エイブラハムズが、ブルース/ジャズ・ロック的な方向性を押し進めるべく、管楽器奏者のジャック・ランカスターらと ... 続き

  • ミック・エイブラハムズのギターとジャック・ランカスターのサックスがぶつかりあうジャズ/ブルース・ロックの名バンド、BBC音源集

    ジャケットがケースに挟まれた状態のため、値引きセール品になります。

    ジェスロ・タルの1st『THIS WAS』のギタリストとして知られるミック・エイブラハムズが、ブルース/ジャズ・ロック的な方向性を押し進めるべく、管楽器奏者のジャック・ランカスターらと ... 続き

    2,290円

    2,090円
    (税込2,299円)

    220円お得!

    CD詳細ページへ

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ミック・エイブラムズは、本当にブタが好き(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

簡単に言ってしまえば、管楽器とギターがリードするブルーズ・ロック。カントリー・ブルーズでは、抒情的なアルペジオや美しいスライドを、ヘビー曲ではブラック・サバス顔負けな暗黒なリフを聴けます。ヘビー曲をあげるとすれば、9. Ain't Ya Comin' Home, Babe? の狂おしい重さ。サックスとギターがユニゾンする重量リフが良いです。一方のアクースティック路線では、スローブギの2. Dear Jill。ここで聴ける乾いたスライドは、他で聴けないようなシャープな切れ味と広がりを持っています。この曲を聴くたびに幸せな気持ちになります。

全体にミック・エイブラムズのセンスの良さ、心地よいリズムが光ります。加えてジョン・ランカスターのサックス、フルートがギターと同様の存在感で迫ってきます。ジャズともつかず、ブラス・ロックともつかず、ブルーズの良い部分を結晶化させたかのような微妙なところを走り抜けていきます。からっとした明るさも特徴です。リムショット気味の迫力のスネアと硬いバスドラを連打するドラムズも実にいいです。ジェスロ・タルにない明快さとやわらかさを持ったバンドであります。

ナイスレビューですね!