プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

LIVE: FULL HOUSE

J.GEILS BAND

828032(ATLANTIC

デジタル・リマスター。

評価:40 1件のレビュー

アメリカのストーンズと言えば? ストーンズの前座で、あまりにエネルギッシュな演奏にストーンズ・ファンの度肝を抜いたという逸話どおりのサウンドですね。ロック史上最高にエネルギッシュなライヴ盤傑作!

「アメリカのストーンズ」と言われるグループ、ロック史上最高のライヴ盤の一つと言われる傑作!

ボストン出身、「アメリカのストーンズ」「ポール・バターフィールド・バンド以来の本格ブルース・ロック・バンド」と異名を取るグループ。72年に通算3枚目の作品としてリリースされたライヴ・アルバムで、ロック史上最高のライヴ盤の一つと言われる傑作。いや〜、1曲目から凄いです。アグレッシヴ&エネルギッシュなリズム、ザクザクとソリッドなギター、グルーヴィーなオルガン、炸裂するブルース・ハープ、鋭角なヴォーカル!ストーンズの前座で、あまりにエネルギッシュな演奏にストーンズ・ファンの度肝を抜いたという逸話どおりのサウンド!まさにロック史上最高にエネルギッシュなライヴ盤傑作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

CURVED AIR / LIVE の商品詳細へ

CURVED AIR/LIVE

超絶ヴァイオリン奏者ダリル・ウェイ率いるグループ、75年ライヴ盤

552円(+税)

KING CRIMSON / LIZARD の商品詳細へ

KING CRIMSON/LIZARD

70年3rd、表題曲にはYESのジョン・アンダーソンが参加

490円(+税)

JAM / LIVE JAM の商品詳細へ

JAM/LIVE JAM

ポール・ウェラー率いるネオ・モッズ/パンク・バンド、未発表ライヴ集、全24曲

790円(+税)

STEVE MILLER BAND / ROCK LOVE の商品詳細へ

STEVE MILLER BAND/ROCK LOVE

エネルギッシュなギターが炸裂する米ブルース・ロック、71年の6th

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

米ブルース・ロック〜本場アメリカからの逆襲

まとめて試聴する

このアーティストのその他タイトルのCD

  • ORIGINAL ALBUM SERIES

    J.GEILS BAND

    8122798338(ATLANTIC

    5枚組ボックス仕様、各CDはペーパーケース仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ボックスに圧痕・スレあり

    「アメリカのストーンズ」とも評されるボストン出身のブルース・ロック・バンド、70/71/72/73/73年作

  • ブラッドショット

    ジェイ・ガイルズ・バンド

    WQCP1050

    SHM-CD、デジタル・リマスター、定価2100

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    「アメリカのストーンズ」と言われるグループ、『メイン・ストリートのならず者』にも勝るとも劣らない傑作!

    オープニングからライヴの熱気をそのまま真空パックしたような楽曲に悶絶!イントロの「イェイ」のシャウト一発で熱気最高潮!パブ・ロック的なゴキゲンさや、ソウルやレゲエのメロウネスを盛り込んだり、アルバムとしての構成も見事。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 「ビート」に対する熱い思い(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

彼らの信条は、「ビート」に対する熱い思いだったのでしょう。ドラムズ、ベースのみならずピアノ低音部、ギターも団子になって煽るビート。これを聴いて足踏みしたくならないロック・ユーザーがいらしたらお目にかかりたいぐらいです。さらにマジックのブルーズ・ハープ、ウルフのアジテーションにしたって基本的にはビートの補強なんだと思います。スローテンポで浪花節、なんてありません。曲が始まると同時に全開、前のめりに突っ走る演奏ばかりです。スタジオ2枚をリリースした段階でのライブ発表は異例。ジャニス・ジョプリン、ロリー・ギャラガーぐらいしか例を思いつきません。

わたしはヘビーロック・ユーザーですんで、最も聴くのは6. Serves You Right To Suffer ということになります。ウルフの煽り(歌というより演説に近いです。)、マジックのソロ、ジャストマンのソロに続いてJ・ガイルズの歪んだギター大音量の格好いいこと。しかもウルフはマイクのないところでずっと煽り続けているようなんです。ドラムズのフィル以外はずっと単一のビート(これはジョン・リー・フッカー曲の特徴でもありますが)。最高です。

カバーデザインで実は「フルハウス」は完成していません。クイーンがウインクしているところを見ると、ポーカーの相手を上手くだましたところのようです。でもこのバンドのライブに「だまし」やトリックはないです。

ナイスレビューですね!