プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

アクアラング

ジェスロ・タル

TOCP53845 【2006年発売CD】

デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲、定価1500。

評価:50 1件のレビュー

キャメルやキャラヴァンの優雅で可愛らしいフルートとは一線を画す、埃被ったようなフルートの音色。ハード・ロックとトラディショナル・フォークの融合、そしてシニカルな世界観。唯一無二の個性を存分に発揮する、最高傑作と名高い一作!

次作「ジェラルドの汚れなき世界」とともにバンドの代表作として名高い71年作4th

68年に「日曜日の印象」でデビュー、イギリスのプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドであり、デビュー当初から独自のポジションを築き異彩を放っていたグループ。首謀者Ian AndersonのフルートはCAMELのそれとは全く方向性の違うエネルギッシュなものであり、バンドの代名詞となっています。本作は彼らの代表作と名高い71年作。Jeffrey Hammond、John Evanが新加入した本作は、ハード・ロックのドライブ感とアコースティックなトラッド・フォークの質感を混在させた名盤であり、その対比はアルバムを通してロックのダイナミズムとコントラストとなって現れます。コンセプト性を感じるトータル感も素晴らしい傑作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

JETHRO TULL / THICK AS A BRICK の商品詳細へ

JETHRO TULL/THICK AS A BRICK

72年発表、44分の大曲一曲のみが収録された前代未聞の内容ながら、見事バンド初の全米1位に輝いた傑作コンセプト・アルバム

990円(+税)

JETHRO TULL / STAND UP の商品詳細へ

JETHRO TULL/STAND UP

イアン・アンダーソンが全権を握った1969年発表の第2作

990円(+税)

JETHRO TULL / A PASSION PLAY の商品詳細へ

JETHRO TULL/A PASSION PLAY

前作「ジェラルド」に続き全米1位を獲得した73年作6th

2490円(+税)

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / BRAIN SALAD SURGERY の商品詳細へ

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER)/BRAIN SALAD SURGERY

73年5th、70年代英国ロック屈指の名盤であり、それまでの彼らの集大成を最高の形で結実させた一枚!

590円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. アクアラング
2. クロス・アイド・マリー
3. 失意の日は繰り返す(チープ・デイ・リターン)
4. マザー・グース
5. 驚嘆(ワンダリング・アラウド)
6. アップ・トゥ・ミー
7. マイ・ゴット
8. 賛美歌43番
9. 後流(スリップストリーム)
10. 蒸気機関車のあえぎ(ロコモーティヴ・ブレス)
11. 終末(ワインド・アップ)
12. リック・ユア・フィンガーズ・クリーン
13. 終末(ワインド・アップ)(クォッド・ヴァージョン)
14. イアン・アンダーソン・インタヴュー(抄録)
15. ジェフリーへ捧げし歌(BBCセッションズ)
16. ファット・マン(BBCセッションズ)
17. ブーレ(BBCセッションズ)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

レココレ特集『ブリティッシュ・ハード・ロックの誕生』連動【プログレッシヴ・ロック系】

まとめて試聴する

プログレ界の名男性ヴォーカリスト選

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 タル最初の名盤(0 拍手)

purebluesさん レビューをすべて見る

Jethro Tull(以下、タル)が好きだ。とにかく好きだ。自分でもなぜだかよくわからないが、聴くと落ち着くのだ。
イアン・アンダーソンのロマンがありながらアグレッシブな声、「ドゥッ、ドゥドゥ、ブオゥッ」というあのフルート、マーティン・バレのヘヴィーなギターの音色、アンダーソンのアコギの味わい深い音色、そして哀愁のメロディーとひねくれた歌詞。演劇的なステージ。

5大バンドの凄さやロックの歴史における功績はもちろん偉大なものであるし、愛聴もしたが、なぜだろう、タルを聞くと「ああ、やっぱりこれだ」という気分になる。

その中でも1971年発表の4th、「Aqualung」は一番思い入れがある。私のタル入門盤でもある。
とにかく隙がない。お馴染みのあのリフから終曲「Wind up」まで、バンドのステージを見ているかのようである。
そして各曲のレベルが恐ろしく高い。上で述べた彼らの美点がすべて入っているのだ。全曲名曲であり、タルのライヴでの定番曲ばかりである。

ブルーズからクラシック・フォーク的アプローチへ、小曲集からトータル性を感じさせるアルバム構成へと大きく脱皮した分水嶺となるアルバムでもある。

なお、示唆に富む歌詞や裏ジャケの記述から「コンセプトアルバム(神や宗教への疑念)」とよく言われるが、あまり意識しなくてもよいかも。アンダーソンも否定しているので。
でも聴いているとまるで全体にひとつのストーリーがあるかのように感じる。ここもまたこのアルバムの偉大なところであろう。

ナイスレビューですね!