プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

天国と地獄

ヴァンゲリス

BVCP7371 【95年発売CD】

デジタル・リマスター、定価1835。

評価:50 1件のレビュー

リック・ウェイクマンの後任としてイエスへの参加を打診されるも、ソロ活動を優先して拒否。そして、制作されたのが、代表作とされる本作『天国と地獄』。ジョン・アンダーソンもゲスト参加!

RCA移籍後の第一弾となる75年作、ジョン・アンダーソンがヴォーカルで参加

ギリシアの誇る世界的ミュージシャン、75年作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

VANGELIS / ALBEDO 0.39 の商品詳細へ

VANGELIS/ALBEDO 0.39

代表作の一つに数えられる76年作

790円(+税)

TONY BANKS / A CURIOUS FEELING の商品詳細へ

TONY BANKS/A CURIOUS FEELING

GENESISのKey奏者による79年作ソロ、さすがの瑞々しくファンタスティックな名作!

472円(+税)

CAMEL / SNOW GOOSE の商品詳細へ

CAMEL/SNOW GOOSE

ポール・ギャリコ「白雁」をモチーフにリリカルかつイマジネーション豊かに綴られる、一大コンセプト・アルバム傑作、75年発表

590円(+税)

KING CRIMSON / LIZARD の商品詳細へ

KING CRIMSON/LIZARD

70年3rd、表題曲にはYESのジョン・アンダーソンが参加

290円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. 天国と地獄パート1
2. ソー・ロング・アゴー,ソー・クリアー
3. 天国と地獄パート2

テーマでカケハす。

ギリシャ・プログレ&ロック名作選

まとめて試聴する

  • APHRODITE'S CHILD 『666』

    ギリシャを代表する一枚、72年発表の3rd、プログレ史に残る一大コンセプト作!

  • FORMINX 『FORMINX』

    ヴァンゲリス在籍のギリシャ産ポップ・バンド、76年リリースの音源集、全14曲

  • STAMATIS SPANOUDAKIS 『BEAUTIFUL LIES』

    プログレ・ファンにも人気の高いギリシアを代表する音楽家である彼の72年デビュー作、素朴で心温まるフォーク・ロック作

  • AKRITAS 『AKRITAS』

    性急さと畳み掛けるようなテンションが魅力のギリシャ・プログレを代表する名作、73年唯一作

  • AXIS 『AXIS』

    73年発表、ギリシアのみならずユーロ・ロック屈指と言って過言ではない!アヴァンギャルドかつ気品に満ちた傑作

  • POPI ASTERIADI WITH LAKIS PAPPAS 『ANOTHER SUNDAY GONE』

    ギリシャ、繊細かつリリカルな男女フォーク、69年作

  • JACK OF ALL TRADES 『AROUND AND AWAY』

    80年代半ばから90年半ばに活動したギリシャのサイケ・バンドの未発表作。グレイス・スリックを思わせる女性ヴォーカルが印象的。

  • PELOMA BOKIU 『PELOMA BOKIU』

    ギリシャの6人組、エキゾチックな雰囲気漂う72年作。

  • CICCADA 『FINEST OF MIRACLES』

    女性ヴォーカルを擁するギリシャのプログレ新鋭、2015年作2nd、幽玄かつ神秘的でいて、ここぞではヘヴィ&アヴァンギャルドに展開する傑作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ジョン・アンダーソンも参加したヴァンゲリスの代表作(0 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

昔、カール・セーガン教授が宇宙について語る「COSMOS」という番組があって、そこで使われていたのがヴァンゲリスの曲だった。
一般的には映画「炎のランナー」のサントラで知られているアーティストではないかと思うが、このアルバムの曲もあまりに番組のイメージにマッチしているので、「COSMOSのサントラ」と思っている人も多いようだ。
かく言う私も、「COSMOS」でヴァンゲリスを知った人なので人のことは言えないが、これはれっきとしたオリジナル・アルバム。

収録曲は、「天国と地獄 パート1」、「ソー・ロング・アゴー・ソー・クリアー」、「天国と地獄 パート2」の3曲で大曲指向のプログレ路線。
アルバム・タイトルになっている「天国と地獄」はパート1、パート2共に、いくつかのパートで構成されており、全編に配された女性Vo、男性Voのコーラスは、声もひとつの楽器として使用されているような印象。
それにしても、オーケストラが加わったような壮大な音世界をひとりで作り上げているというのが驚きだ。
しかも、クレジットを見るとドラムまで叩いているらしい。

彼がリック・ウェイクマンが抜けたイエスに勧誘されたというのはファンの間では有名な話だが、その繋がりで実現したと思われるジョンとの共作「ソー・ロング・アゴー・ソー・クリアー」は、タイトル曲に挟まれた間奏曲的なヴォーカル曲で、二人の相性の良さを感じることが出来る。
この後、二人の共作アルバムが数枚発売されることになる(こちらも良い!)が、こちらもイエスやジョンのファンにお奨めしたい。

ナイスレビューですね!