プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

FOLKSONGS & BALLADS

TIA BLAKE & HER FOLK GROUP

BTM02(BEYOND THE MOON

紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター。

Vashti Bunyanの素朴さと無垢さに、Bridget St.Johnの凛とした透明感をブレンドしたようなヴォーカルのなんと素晴らしいこと!米女性SSWがパリで録音した作品だって!?

米女性シンガーが渡仏後の71年にリリースしたフィメール・フォークの名作、英フォーク・ファンにおすすめの一枚!

アメリカの女性SSWがフランスに渡って制作した、という謎多き作品。71年の唯一作。Vashti Bunyanの素朴さと無垢さに、Bridget St.Johnの凛とした透明感をブレンドしたようなヴォーカルのなんと素晴らしいこと!アコギの爪弾きを基本にスティール・ギターが添えられたアンサンブルはリリシズムに溢れていて、米フォークより英フォークに近い翳りがあります。これは英フィメール・フォークのファンは必聴。言葉を失う名品です。

こんな人におすすめ!!

☆ギターと歌のシンプルなフォークが聴きたい

このアルバムは、ほぼ、ティア・ブレイクの歌とギターだけです。混じり気のない簡素なフォークが、すっと胸に入ってきます。

☆ヴァシュティバニヤンが好き

ヴァシュティバニヤンの、ささやくようなボーカルや浮世離れした旋律は、ティア・ブレイクにも通じるものがあります。

☆ブリジット・セント・ジョンが好き

ブリジットの透明感ある歌声。別格ですよね。ティア・ブレイクの歌声も、本当に透き通って美しいです。

TIA BLAKEって、誰?

TIA BLAKE ティア・ブレイク

出生名:Christina Elizabeth Wallman (1952-2015)
ジョージア州にて、CIA捜査官の父親と書店員の母親のもとに生まれました。

70年に高校を卒業、ニューヨークの出版社で半年働いたあと、パリへ渡航。
2人のギタリストと共に、フランスの音楽レーベルSFPPから「TIA BLAKE」として『FOLKSONGS AND BALLADS』をリリースしました。
この時ティアは19才。

どんな曲を歌っているの?

『FOLKSONGS AND BALLADS』では、タイトル通り、英国起源のバラッドや、トラディショナル・フォーク・ソングを主に歌っています。
ティアの歌声には、生粋のフォークシンガーのような気迫は殆ど無く、非常にさらっと歌っています。そこがたまらなく魅力的なのです。どこか冷めたような、一歩引いているようなティアのボーカルがこのアルバムの最大の特徴ではないでしょうか。

曲をいくつか聴いてみましょう!

それではアルバムから、2曲ご紹介です。
どちらもバラッドです。

♪BETTY AND DUPREE

試聴 Click!

陽気なスライドギターと、太いドブロ・ギターをバックに、ティアの涼やかな歌声がさらさらと流れていきます。

「BETTY AND DUPREE」というこの曲。1922年ジョージア州アトランタで、殺人のため絞首刑になったフランク・デュプリーが元になっており、新聞販売員により作曲されたそう。

以下、少し長いですがティアが歌っている歌詞です。(コーラス部分は省く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Lie down Betty, see what tomorrow brings
Lie down Betty, see what tomorrow brings
May bring you sunshine, may bring you diamond rings
But if you lose your man it won’t bring you anything

Now Betty told DuPree, “Buy me a diamond ring”,
Betty told DuPree, “Buy me a diamond ring”
And DuPree told Betty, “Buy you most anything”

So DuPree took a pistol and he robbed that jewelry store,
I said DuPree took a 38, he robbed that jewelry store
You know he killed two policemen he left them lying on the floor

Now DuPree in a taxi “Take me to Baltimore”
DuPree in a taxi “Take me to Baltimore”
And when he got to Betty’s the sheriff was waitin at the door

DuPree’s in the death house callin’ out Betty’s name
DuPree’s in the death house callin’ out Betty’s name
When The guard said “DuPree this note from your baby just came.”

“I came to see you but they wouldn’t let me see your face”
“I came to see you but they wouldn’t let me see your face”
“I love you DuPree, ain’t no one gonna take your place!”

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

強盗と死を、とてもあっけらかんと歌っています。
陽気な楽曲と詩のコントラストが大きく、不思議な魅力を放っています。

さて、次の曲です。

♪JIMMY WHALEN

試聴 Click!

フルートの古風な響き、複数のギターの絡み、そしてやはりティアのこの歌声!素晴らしいです。
この悲しげなメロディー。なぜこんなにも胸を打つのでしょうか。

「JIMMY WHALEN」というこの曲。1878年頃にカナダのオタワ川で事故死した、木こりのジェームス・ファーレンがもとになっているそう。

以下、ティアが歌っている歌詞です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

All alone as I walked by the banks of the river
Watching the moonbeams as evening drew nigh
All alone as I rambled, I spied a fair damsel
Weeping and wailing with many a sigh.

Weeping for one who is now lying lowly
Mourning for one who no mortal can save
As the foaming dark water flow sadly about him
Onward they speed over young Jimmy’s grave.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジミー・ウォーレンの早すぎた死を嘆く若い娘の様子が、幻想的に歌われています。

それにしても、なぜバラッドには、人の死や犯罪、残酷な出来事が歌われるのでしょうか。

バラッドって?

バラッド (ballad)

イギリスやヨーロッパで口伝えで歌い継がれてきた、物語性のある歌のこと。
15世紀にグーテンベルクにより活版印刷が発明されて以後は、歌と楽譜を印刷したものを路上で歌いながら販売する、「ブロードサイド・バラッド」という形で広まっていきました。この「ブロードサイド・バラッド」は、新聞のように、当時の事件やニュースなどを伝える役目があり、内容は殺人やゴシップなど、今のワイドショー的なものも多かったそうです。

瓦版、のようなイメージですね。

中世の時代から歌い継がれてきた物語やその中にある人々の心を、現代でもまざまざと感じることができる、バラッドにはそんな魅力があります。

そしてこのアルバムにおいては、ティアの簡素な歌唱によって、歌の魅力が最大限に引き出されています。

ティアのその後

アルバムプロモーションの公演をパリの劇場でたった一回行ったのち、ティアはアメリカへと戻っていきます。

76年、カナダのモントリオールに住んでいたティアは、自作曲をカナダの放送局CBCに持っていきましたが、
ティアの曲は採用されず、その後音楽活動から離れます。

1989年には30代後半でスミス大学を卒業、フリーの作家・編集者となり、ノースカロライナに定住。
少女時代の父親との思い出を綴ったエッセイが文芸誌に掲載されたり、ティアの書いた演劇がニューヨークの演劇祭で上演されたりと、文化的な活躍をしていたようです。


↑↑壮年期のティア。溌剌とした女性という感じです。ジャケットの面影がありますね!

2015年6月、ノースカロライナ州で病気のため亡くなっています。

『FOLKSONGS AND BALLADS』は、バラッドの持つ普遍的な魅力と、音楽や文学に憧れ挑戦し続けたティアの人生の、19才という一瞬の輝きを閉じ込めたようなアルバムです。

こぼれ話

このジャケット、初回のジャケットは、よく見ると「TIA BLEKE and his folk group」となっています。
よっぽど慌ててプレスしたんでしょうか。

アルバムのジャケットを見て、ティアが弾き語っているかと思っていたのですが、違ったようです。ティアはボーカルだけのようですね。
きっとこのジャケットも、「ねぇティア、ちょっとこのギター持って俯いてくれない?」などと言われて撮影したのかもしれません。


他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

JUST OTHERS / AMALGAM の商品詳細へ

JUST OTHERS/AMALGAM

数ある英フォークのプライヴェート・プレス名作の中でも屈指といえる完成度、74年発表の秘宝盤!

2290円(+税)

FOLKAL POINT / FOLKAL POINT の商品詳細へ

FOLKAL POINT/FOLKAL POINT

英国フォークの激レア・アイテムとして知られる71年作、瑞々しい女性ヴォーカルが魅力的!

2190円(+税)

RANDY RICE / TO ANYONE WHO'S EVER LAUGHED AT SOMEONE ELSE の商品詳細へ

RANDY RICE/TO ANYONE WHO'S EVER LAUGHED AT SOMEONE ELSE

ちょっと、これは凄い作品です、米SSWによる74年作で、マイナーながらニック・ドレイク級に崇められるべき名作

2590円(+税)

NAOMI LEWIS / COTTAGE SONGS の商品詳細へ

NAOMI LEWIS/COTTAGE SONGS

米女性SSW、川のせせらぎのように清楚な木漏れ日フォーク、75年作

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

試聴 Click!

テーマでカケハす。

英フォーク3美神やヴァシュティ・ブニヤンが好き?米フィメール・フォーク・セレクション

まとめて試聴する

  • KATHY McCORD 『KATHY McCORD』

    女性版ニック・ドレイクと言いたくなるような深遠な佇まいのヴォーカルは、本当に17才!?

  • HEAVEN & EARTH 『REFUGE』

    73年リリース、アシッド・フォークのみならず米SSW/フォークのフィールドでも高い評価を得るべき傑作、これは絶品ですよ〜

  • NAOMI LEWIS 『COTTAGE SONGS』

    米女性SSW、川のせせらぎのように清楚な木漏れ日フォーク、75年作

  • SEVENTH DAWN 『SUNRISE』

    ヴァシュティ・ブニヤンをより神秘的にしたような麗しのヴォーカルがたまらない、米フォーク、76年作

  • J.JASMINE 『MY NEW MUSIC』

    米電子音楽家プロデュースによる、異色の30年代サロン音楽風、フィメール・ミクストメディア・アーティスト、個性豊かな77年作…!

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

まだレビューはありません。